So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

インクレディブル・ファミリー [い]

2004年に公開されたピクサーの大ヒットアニメ『Mr.インクレディブル』の続編です。
続々と夏休み映画が公開される中、楽しそうな予告編だなあと楽しみにしていました。
不思議なパワーを持つ一家の繰り広げるキレのあるアクションは、やっぱり健在でした(^^)

続きを読む


nice!(19)  コメント(18) 

犬ヶ島 [い]

ベルリン国際映画祭で監督賞を受賞したウェス・アンダーソンのストップモーション・アニメです。
予告編を観た時に凄い世界だなあと魅入られてしまったので、公開を楽しみにしていました。
予想以上にシュールで独特な世界の中で繰り広げられる冒険はかなり過酷で驚きの展開でした~

続きを読む


nice!(28)  コメント(24) 

いぬやしき [い]

奥浩哉の人気コミックを佐藤信介監督が木梨憲武&佐藤健主演で映画化したアクションです。
予告編が面白そうなので、どうなってしまうのだろうと気になっていました。
対決シーンの迫力に圧倒されながらも、こんな世界はちょっと嫌だなあと思ってしまいました^_^;

続きを読む


nice!(24)  コメント(23) 

伊藤くん A to E [い]

柚木麻子著の同名小説を、深夜ドラマを経て映画化した女性たちのドラマです。
原作もドラマも未見でしたけど、キャストが面白そうだなと気になっていました。
様々な女性たちの恋愛と心情がとても心に残る作品でした。

続きを読む


nice!(26)  コメント(26) 

祈りの幕が下りる時 [い]

東野圭吾の“新参者”シリーズ『祈りの幕が下りる時』を映画化したサスペンスです。
このシリーズのドラマや映画は観てきたので、今度はどんな物語が描かれるのか楽しみにしていました。
隠されていた人間関係が次第に解き明かされていく展開と明らかになる真実が胸を打つような作品でした。

続きを読む


nice!(27)  コメント(31) 

一週間フレンズ。 [い]

葉月抹茶著の人気コミックを原作に川口春奈&山崎賢人主演で描いた青春ドラマです。
予告編を観て、一週間で記憶を失ってしまうなんてどうなるのだろうと気になっていました。
純粋な想いだけで突き進もうとする男の子のキラキラ度がとても眩しく感じるような物語でした。

続きを読む


五日物語-3つの王国と3人の女 [い]

名作童話の原形となったヨーロッパ初の本格的な民話集『ペンタメローネ』を映像化した作品です。
予告編を観て、美しい色彩に彩られた映像と妖しい雰囲気に惹かれて気になっていました。
古い民話らしい毒々しさに圧倒されながら、不思議に満ちた時間を過ごしていました。

続きを読む


インフェルノ [い]

ダン・ブラウン著の同名小説を映画化したロバート・ラングドン教授が活躍するシリーズ第3弾です。
前2作は公開時に観ていたので、今回はどんな物語なのだろうと気になっていました。
原作未読でチャレンジした作品は、切ない愛を描きながらも世界のどこかで生まれそうな恐怖を描いていました。

続きを読む


怒り [い]

吉田修一著の同名小説を李相日監督が豪華俳優陣を揃えて描いた群像ミステリーです。
重そうだなあと思っていたのですけど、やっぱり観ようとチャレンジして来ました。
人を信じることの難しさをそれぞれのキャラクターに課していく展開に、最後まで心が揺さぶられるような作品でした。

続きを読む


インデペンデンス・デイ リサージェンス [い]

20年前に大ヒットした『インデペンデンス・デイ』の続編です。
予告編を観て、この映像は大スクリーンで観てみたいなあと気になっていました。
懐かしい感じもする定番の展開に、ちょっと安心しながら楽しめるような作品でした。

続きを読む


偉大なるマルグリット [い]

実在の歌手をモデルに音痴で有名な主人公の愛と夢の軌跡を描いた作品です。
予告編を観て、面白そうだなあどんな物語になるのだろうと気になっていました。
あまり想像していなかった意外な展開に、主人公がとても気の毒になってしまいました。

続きを読む


犬に名前をつける日 [い]

愛犬を病気で亡くした主人公が出会う犬の様々な現状を、ドキュメンタリー映像と共に描いた作品です。
予告編を観て、どんな作品なのだろうと気になっていました。
ボランティアで働く人たちの姿を映し出しながら、日本でペットとして生まれた動物たちの
厳しい世界を教えてくれるような作品でした。

続きを読む


インサイド・ヘッド [い]

『カールじいさんの空飛ぶ家』のピート・ドクター監督が創り上げたピクサーの最新アニメです。
感情を司る頭の中のキャラクターが冒険するって面白そうだなあと楽しみにしていました。
ヨロコビとカナシミの冒険は記憶や感情の複雑さを家族の思い出と共に描き出していました。

続きを読む


イニシエーション・ラブ [い]

乾くるみ著のベストセラー小説を堤幸彦監督が映画化したミステリアスなラブストーリーです。
“ラストの衝撃”が気になって、原作未読のままチャレンジしてみました。
正直、途中で仕掛けは分かってしまったのですけど、色々な仕掛けが最後まで面白い作品でした~

続きを読む


イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密 [い]

アカデミー賞でも話題になった第二次世界大戦中にナチスの暗号機エニグマの解読に成功した
ひとりの数学者の生き様を描いたヒューマンドラマです。
予告編を観て、一体この人に何が起きてしまったのだろうと気になっていました。
ベネディクト・カンバーバッチの素晴らしい演技で体現された主人公のあまりの不遇に
観終わった後に何も言えなくなってしまうような作品でした。

続きを読む


イントゥ・ザ・ウッズ [い]

ブロードウェイの人気舞台をロブ・マーシャル監督が創り上げたミュージカルです。
予告編を観て、豪華出演陣で楽しそうだなあと気になっていました。
出だしから終わりまで歌い上げる展開に魅せられながら、ダークな世界の妖しさに引き込まれていきました。

続きを読む


悼む人 [い]

天童荒太著の同名小説を堤幸彦監督が映画化した人間ドラマです。
原作は未読ですけど、予告編を観てこの主人公はどんな人なのだろうと気になっていました。
旅をし続ける主人公の歩みはとても静かで、その姿は温かさと共に頑固さを感じるくらい強く見えました。

続きを読む


インターステラー [い]

異常気象により地球環境が壊れてしまった未来を舞台に描いたクリストファー・ノーラン監督の最新作です。
昨年の公開前からずっと気になっていて、ようやくチャレンジして来ました。
人類を救うために宇宙へと旅立った飛行士たちの運命と、宇宙の果てにある異次元の世界を
主人公と一緒に行く末まで辿るようなドキドキするSFでした。

続きを読む


イコライザー [い]

デンゼル・ワシントンが悪の仕置き人として大活躍するサスペンスアクションです。
予告編を観て、スマートでカッコいいキャラクターだなあと気になっていました。
観てみると、スマートでカッコいいだけではない重い存在感を感じさせるような展開になっていました。

続きを読む


遺灰の顔 ~東京国際映画祭より~ [い]

1980年代のイラン=イラク戦争下の人々の姿を描いたドラマです。
戦死した家族の遺体が間違えて届けられたら、その後どうなってしまうのだろうと気になっていました。
戦争の現実を意外にコミカルな雰囲気で描く展開に笑わされながらも、
それが日常となっている悲惨さがじんわりと伝わってくるような物語でした。

続きを読む