So-net無料ブログ作成

☆10月に観た映画です(その2)☆ [備忘録]

年が明けてしまいました!が、まだまだ宿題が残っています~ 10月のまとめの続きをします^_^;

輝ける日々に』 10月28日 東京国際映画祭(TOHOシネマズ六本木)にて
日本でもリメイクされた韓国映画『サニー 永遠の仲間たち』を1975年と2000年を舞台にして
ベトナム版にリメイクしたミュージカル青春映画です。
激動の時代を背景に女性たちのキャラクターがリアルに描かれていたのと、、
中心となる役の高校時代のヒュー・フォン役が可愛くてピッタリなのが良かったです。
最後には泣かされてしまうのも一緒でした(^^ゞ

→ 映画祭のサイトはこちらへ https://2018.tiff-jp.net/ja/lineup/film/31CCA05

蛍はいなくなった』 10月28日 東京国際映画祭(TOHOシネマズ六本木)にて
母の再婚で新しく父親になった義父と上手く行っていない女子高生の日々を描いた青春ドラマです。
町に唯一あった工場で撤退の反対運動をしていた労働組合長を実父に、
過激な発言が売りのラジオパーソナリティの義父を持つ高校生のレオニーはいつも心に不満を抱えています。
でも、行動派の彼女はギターを習ったりバイトを始めながら、現状を打開していこうとするので偉かったです。
凄いなあと思ったのは、実父も義父も地元では有名人なので彼女に意地悪をする生徒もいますけど、
基本的に周りは親と彼女は切り離して考えてくれるし、理解ある友達もいてまあ平和な日々を送っていること。
そこがネットでバッシングなどが起きやすい日本とは違うなあと思いながら観ていました。

→ 映画祭のサイトはこちらへ https://2018.tiff-jp.net/ja/lineup/film/31YTT01

ブラザー・オブ・ザ・イヤー』 10月28日 東京国際映画祭(TOHOシネマズ六本木)にて
顔と口の上手さで乗り切ってきたいい加減な兄と、才女で仕事の出来も抜群の妹との
駆け引きを描いた家族のドラマです。
妹の婚約者が日本人設定なのですけど、日系企業の社内の様子や
婚約者の日本語が突っ込みどころ満載で可笑しいです。
でも、ダメ兄貴でも妹を思う気持ちは強いのねとニッコリしてしまう1本です。

→ 映画祭のサイトはこちらへ https://2018.tiff-jp.net/ja/lineup/film/31CCA02

アマンダと僕』(映画祭では『アマンダ(原題)』) 10月29日 東京国際映画祭(TOHOシネマズ六本木)にて
便利屋業で気楽な独り暮らしをしている23歳の青年と、母を亡くした7歳の少女の物語です。
シングルマザーに育てられていたアマンダは公園で起きたテロ事件で突然に母を亡くします。
父親は縁遠く、一番近い親戚は同じ街に住む母の弟でまだ若いダヴィッドくらいです。
愛する姉の死に悲しみに暮れる間も無く、ダヴィッドはアマンダをどうするか判断を迫られます。
悩みながらもようやく出した彼の結論に、温かい愛と未来への希望を感じました。
そして、何と言ってもアマンダ役のイゾール・ミュルトゥリエがとても可愛かったです(^^)

劇場公開が決まりました。2019年6月公開の予定です。

→ 映画祭のサイトはこちらへ https://2018.tiff-jp.net/ja/lineup/film/31CMP01

はじめての別れ』 10月29日 東京国際映画祭(TOHOシネマズ六本木)にて
中国・新疆ウイグル自治区で酪農と農業で暮らしている家族と少年の物語です。
少年アイサは学校へ通う傍ら家では徘徊癖があって目の離せない母の世話をしています。
ただし、幼い子供だけに目の届かないこともあり、母が行方不明になって騒ぎになることもありました。
そして、とうとう父は母を施設へ送ることに決めます。これで息子も学校へ安心して行くことが出来ます。
でも、アイサは自分が学校へ行かずに母の世話をすれば家族が一緒に暮らせるのにと悲しみます。
それでも母を見送った後日、友達と一緒に笑顔を取り戻すアイサの姿に未来への希望を感じた1本です。

→ 映画祭のサイトはこちらへ https://2018.tiff-jp.net/ja/lineup/film/31ASF03

ホワイト・クロウ(原題)』 10月30日 東京国際映画祭(TOHOシネマズ六本木)にて
1950年代のソ連出身で世界的に活躍をしたバレエダンサーのルドルフ・ヌレエフの人生を描いたドラマです。
バシキール共和国ウファで幼い頃からダンスのレッスンをしていた少年は
やがて17歳で本格的なレッスンを受け始め、キーロフ・バレエ団のソリストを担うまでになります。
でも、当時のソ連では選手への監視が厳しく、海外遠征の際にも行動が厳格に規制されていました。
自由に希望するダンスを踊りたいと願いを叶えるには、亡命するしかなかったとは辛いですね。
でも、その苦難を乗り越えてインパクトのあるダンスを踊り続けた彼の強さと、
そんなダンスを体現した主演のオレグ・イヴェンコの素晴らしさに拍手を贈りたくなった1本です。

→ 映画祭のサイトはこちらへ https://2018.tiff-jp.net/ja/lineup/film/31CMP16

リスペクト』 10月30日 東京国際映画祭(TOHOシネマズ六本木)にて
犯罪が日常茶飯事の貧困の街で暮らす若者たちとひとりの老人との交流を描きながら
麻薬を扱うことの恐ろしさを描いた作品です。
麻薬の売人を恋人に持つ姉と暮らしている少年が日常を忘れさせてくれるラップのバトルにのめり込みます。
参加費用が用意できない彼は友人たちと近所の古本屋へ盗みに入りますが、あっけなく捕まり
罰として壊した店の修繕を命令されます。
やがて店主の老人と親しくなり少年の顔が明るさを取り戻した矢先、怖ろしい事件が起きてしまいました(T_T)
独裁者に怯えていた過去の記憶も織り込みつつ、
そんな暗い過去を繰り返すような現状の悲惨なシーンににため息をついた1本です。

→ 映画祭のサイトはこちらへ https://2018.tiff-jp.net/ja/lineup/film/31CCA07

人魚の眠る家』 10月30日 試写会(T-JOY PRINCE品川)にて
東野圭吾の異色のベストセラーを篠原涼子主演で描いた家族の愛のドラマです。
プールの事故により5歳の娘が脳死状態に陥ってしまいました。
それでも娘は生きていると信じた母は、一縷の希望を持って眠り続ける看護を始めます。
父は先進技術で意識がなくても身体を他者の操作で動かすことが出来ると知り、娘の身体に導入します。
でも、次第に技術が向上して操作も上達してきた時、母の行動が異様になり始めました。

個人的には幼い子を亡くした親の気持ちを考えると、この映画の母親の行動はありえるものだと思いました。
また、全体的にはサスペンスではないのですけど、ラスト近くに精神的に追い詰められた母が
ナイフを持ちながら叫ぶ台詞にはなるほどと納得でした。
観終わった時、辛い時間を乗り越えた両親の心にはきっと明るい娘の笑顔が残るだろうなと感じた1本です。

→ 公式サイトはこちらへ http://ningyo-movie.jp/

ソン・ランの響き』 10月31日 東京国際映画祭(TOHOシネマズ六本木)にて
1980年代のサイゴンを舞台に、取立屋の男と大衆歌舞劇カイルオンの俳優との友情を描いたドラマです。
反目しあっていた二人の男たちの築き上げていく友情と、ベトナムの歌舞劇の美しさに惹かれました。
そして、その友情の先に待っていた運命の哀しさにショックを受けてしまいました(T_T)
ベトナムの映画はあまり劇場公開されることは無いので、ここでこの作品に出会えて良かったと感じた1本です。

→ 映画祭のサイトはこちらへ https://2018.tiff-jp.net/ja/lineup/film/31ASF06

ブラ物語』 10月31日 東京国際映画祭(TOHOシネマズ六本木)にて
鉄道の元運転手が自分の運転していた車両に引っかかった洗濯物のブラの持ち主を探そうとする
セリフの無い不思議なファンタジーっぽい映画です。
その鉄道は山間の小さな町を走っていて、江ノ電のように家と家の間を通っています。
定年退職を迎えた運転手は最後の運転を終えた時、車両に洗濯物のブラが引っかかっているのを見つけます。
そのブラの持ち主がどうしても気になってしまった彼は翌日からブラの持ち主探しを始めました(笑)
全体的に台詞が無いので、役者たちの表情と動きがより大きくコミカルに映し出されていきます。
元運転手の空回り度と出会う女性たちの大らかなキャラクターが可笑しかったです(^^)

→ 映画祭のサイトはこちらへ https://2018.tiff-jp.net/ja/lineup/film/31CMP04

10月はこれで終了です!観た映画は劇場映画24本でした。
10月もいい映画に出会えて楽しかったです~♪
(でも、ブログに書いていたのは1本だけ… すみません!)


nice!(23)  コメント(25) 
共通テーマ:映画

nice! 23

コメント 25

song4u

その2まであったんですね、もうホント凄い!
もう少しですよ、頑張れ~♪♪
by song4u (2019-01-08 08:43) 

coco030705

こんばんは。
最初の『輝ける日々に』に興味あり。私の本職は、アジア人の人達とかかわる仕事なんです。特に今は、ベトナム人が多いので、ぜひ観たいのですが、DVDは出てますでしょうか。

by coco030705 (2019-01-09 20:18) 

non_0101

song4uさんへ
こんにちは。nice&コメントをありがとうございました!
頑張れと行って頂いたのに、少し空いてしまいましたm(__)m
この休み中に片付けて新作に取り掛かりたいです☆
by non_0101 (2019-01-13 13:41) 

non_0101

cocoさんへ
こんにちは。nice&コメントをありがとうございました!
『輝ける日々に』はベトナムの文化を感じるにはいい作品かも知れません。
2018年製作の作品なので、DVDはまだかも。
ぜひ、劇場公開して欲しいですね☆
by non_0101 (2019-01-13 13:45) 

non_0101

einsteinさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2019-01-13 13:51) 

non_0101

@ミックさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2019-01-13 13:51) 

non_0101

ryo1216さんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2019-01-13 13:51) 

non_0101

鉄腕原子さんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2019-01-13 13:51) 

non_0101

tommy88さんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2019-01-13 13:52) 

non_0101

takaさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2019-01-13 13:52) 

non_0101

たいちさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2019-01-13 13:52) 

non_0101

sugoimonoさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2019-01-13 13:53) 

non_0101

カメラde防犯さんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2019-01-13 13:53) 

non_0101

beamuseさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2019-01-13 13:54) 

non_0101

絵瑠さんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2019-01-13 13:54) 

non_0101

soramoyouさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2019-01-13 13:54) 

non_0101

コザックさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2019-01-13 13:54) 

non_0101

ちょんまげ侍金四郎さんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2019-01-13 13:55) 

non_0101

ネオ・アッキーさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2019-01-13 13:55) 

non_0101

SORIさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2019-01-13 13:55) 

non_0101

ribonribonさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2019-01-13 13:55) 

non_0101

いっぷくさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2019-01-13 13:56) 

non_0101

やってみよう♪ さんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2019-01-13 13:57) 

non_0101

芝浦鉄親父さんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2019-01-13 13:57) 

non_0101

yamさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2019-01-13 13:57) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。