So-net無料ブログ作成

あなたを抱きしめる日まで [あ]

イギリスで起きた実話を基に、引き離された母子の運命を描いたヒューマンドラマです。
主演のジュディ・デンチが好きなので気になっていました。
これは酷いと思うような出来事が教会を舞台に行われていて、かなりショックな展開になっていきました(T_T)

過去だけでなく現代にまでその精神が引き継がれているような気がして怖かったです…

ある日、年老いた母が長年の秘密を娘に打ち明けようと決心したところから始まる物語です。
フィロミナ(ジュディ・デンチ)は娘のジェーン(アンナ・マックスウェル・マーティン)に
ずっと大切にしてきた幼い男の子のモノクロ写真を見せました。
実は50年前に未婚のまま教会で産んだフィロミナの息子の写真でした。
写真はその1枚きりで2歳の時に別れたきりでしたけど、1日も息子のことを忘れた日はありませんでした。

母の驚くべき話を聞いたジェーンは、店で知り合ったマスコミ関係者に母の話を聞いて欲しいと依頼します。
その依頼を受けた男マーティン・シックススミス(スティーヴ・クーガン)は、
メールによる誤解からスキャンダルになり、政府のスタッフを首になったところでした。
彼はその依頼を一旦は断りますが、新聞社へ再就職する手立てとして三面記事も面白そうだと思い直し、
フィロミナの取材を始めることにしました。

まずは、フィロミナがいた修道院から取材を始めました。
二人を迎えた修道女たちは親切に対応してくれますけど、肝心の記録は火事で焼けてしまったと告げます。
ガッカリするフィロミナの姿を横目に見ながら、マーティンは修道院の奥に気になる人影を見かけます。
彼は何か不信なものを感じつつも、次の手がかりを求めてその日は去ることにしました。

早速、マーティンが修道院の近所のバーで聞き込みをすると、耳寄りな話を聞きつけます。
それは、火事は資料を隠蔽するために庭で何かを燃やしただけだったことや、
幼い子供たちはアメリカに養子に出されていたこと、その養子の見返りには金が動いていたことなどでした。
その話を聞いた、二人は更なる手がかりを求めてアメリカへ行くことにしました。

それにしても、酷い話だなあと思ってしまいました…
10代の子が知識が無かったために妊娠をし、家を追い出されて修道院に入れられ、
命がけで子供を産んだのに無償でこき使われて1日に1時間しか子供に合わせてもらえず、
2歳の可愛い盛りに勝手に子どもを売られてしまったのです。
そのまま50年間も想い続けて、届かない愛をずっと送り続けてきました(T_T)

でも、修道院の仕打ちがそれだけでは終わらなかったことがとても怖かったです。
肉体的な愛は罪という考えが正しいと思っている人たちなのです。
自分たちが正しいと思って行動している組織ほど怖いものは無いなあと感じました。
そして、その犠牲にどれだけ多くの少女が不幸になったのだろうと思うとやりきれない気持ちになりました。

救いは、それでも主人公の心が揺るがなかったことです。
自分と息子にこんな仕打ちをした人に、あなたを赦すと言う姿は神々しいまでの心の強さを感じました。
また、心が傷付いたフィロミナを見て記事を取りやめることまで考えるマーティンの優しさにも
観ていてほっとしました。

そして何と言っても、ジュディ・デンチがとても良かったです~
彼女の存在感はこの作品そのものだなあと感じました。
哀しい話なのに温かさも感じられるのは、彼女だからこそですよね(^^ゞ
観終った時、ジュディ・デンチとスティーヴ・クーガンのコンビがとても素敵だったので
また違う作品でも観てみたいなあと思った1本です。

hitsuji_PHILOMENA.jpg

監督:スティーヴン・フリアーズ 出演:ジュディ・デンチ スティーヴ・クーガン ソフィ・ケネディ・クラーク アンナ・マックスウェル・マーティン ミシェル・フェアリー バーバラ・ジェフォード
2013年 フランス/イギリス 原題:PHILOMENA
(20140406)

公式サイトはこちらへ http://www.mother-son.jp/

nice!(28)  コメント(33)  トラックバック(12) 

nice! 28

コメント 33

怪しい探麺隊

私も観ました。
改めてジュディ・デンチのスゴさを実感した映画でした。
by 怪しい探麺隊 (2014-04-12 04:52) 

non_0101

げいなうさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2014-04-12 19:53) 

non_0101

怪しい探麺隊さんへ
こんにちは。nice&コメントをありがとうございました!
ようやく観て来ました(^^ゞ
一筋縄では行きませんね。こんな展開になるとは…とびっくりしました。
ジュディ・デンチの存在感はさすがでした。
身体も大変ですけど、彼女の姿をまだまだ観たいですね☆
by non_0101 (2014-04-12 19:59) 

non_0101

やってみよう♪さんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2014-04-12 19:59) 

non_0101

ちょんまげ侍金四郎さんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2014-04-12 19:59) 

non_0101

@ミックさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2014-04-12 20:00) 

non_0101

カァズさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2014-04-12 20:01) 

non_0101

makimakiさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2014-04-12 20:04) 

non_0101

sugoimonoさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2014-04-12 20:04) 

KEI

重く暗い内容の作品を、見応えあるものにしたのはジュディ・デンチらの演者の力。そして98分に仕上げた監督の力にも脱帽でした。
by KEI (2014-04-13 00:11) 

たいちさん

アカデミー賞ノミネートされた映画だけあり、素晴らしいヒューマンな作品ですね。ジュディ・デンチの演技も光っていますね。結末が素晴らしいらしいですね。
by たいちさん (2014-04-13 08:58) 

non_0101

夢の狩人さんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2014-04-13 23:36) 

non_0101

k_igaさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2014-04-13 23:36) 

non_0101

nikoponさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2014-04-13 23:37) 

non_0101

KEIさんへ
こんばんは。nice&コメントをありがとうございました!
ジュディ・デンチは素晴らしかったですね~
普通のひとりの女性としての視点が、観客にも寄り添えるようなものとして映し出されていたのは
彼女の存在感ならではと感じました。
そう言えば98分の作品なのですよね!
この見応え感は監督さんの力ですよね☆
by non_0101 (2014-04-13 23:42) 

non_0101

いっぷくさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2014-04-13 23:42) 

non_0101

enosanさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2014-04-13 23:43) 

non_0101

sora_pさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2014-04-13 23:43) 

non_0101

ハマコウさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2014-04-13 23:44) 

non_0101

たいちさんへ
こんばんは。nice&コメントをありがとうございました!
一筋縄では行かない展開の見応えのある物語でした~
これが現実にあった事かと思うと胸がつまりました。
でも、本当に感動させられる作品でした☆
by non_0101 (2014-04-13 23:49) 

non_0101

想也さんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2014-04-13 23:49) 

non_0101

空の下さんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2014-04-13 23:50) 

non_0101

りんこうさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2014-04-13 23:50) 

non_0101

さらまわしさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2014-04-13 23:50) 

non_0101

cafelamamaさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2014-04-13 23:51) 

non_0101

suzuranさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2014-04-13 23:51) 

non_0101

song4uさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2014-04-13 23:52) 

キキ

こんにちは。
邦題が「あなたを抱きしめる日まで」なのでストーリーが進むと驚いちゃいますね。
悲しいお話ですがジュディ・デンチとスティーヴ・クーガンの会話に癒され笑ってしまう、そんな映画でもありました。
憎むより赦しを与える、とても高い精神的美しさを感じました。
by キキ (2014-04-20 09:28) 

non_0101

つむじかぜさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2014-04-22 00:49) 

non_0101

beamuseさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2014-04-22 00:50) 

non_0101

キキさんへ
こんにちは。nice&コメントをありがとうございました!
原題は主人公の名前ですからね~
予想以上の展開に、なかなかの衝撃でした(T_T)
でも、優しさを感じる作品でもありましたね。
「レイルウェイ 運命の旅路」もですけど、最近のイギリスの映画には
赦す事の偉大さを教えられた気がします。
フィロミナのような強さが欲しいです~☆
by non_0101 (2014-04-22 00:55) 

バラサ☆バラサ

既に○○だとか、ゲ●だとか意外な展開に圧倒されました。
事実の重みですね。

by バラサ☆バラサ (2014-05-06 22:31) 

non_0101

バラサ☆バラサさんへ
こんにちは。nice&コメントをありがとうございました!
現実は重かったですね~
私は逢えなかったことがショックでした(T_T)
自分が正しいと思っている人は怖いです☆
by non_0101 (2014-05-08 08:55) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 12