So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ウォルト・ディズニーの約束 [う]

ディズニー映画「メリー・ポピンズ」の製作過程を描きながら、原作者P.L.トラヴァースの父への想いや
ウォルト・ディズニーとの交流を描いた心温まるドラマです。
エマ・トンプソンとトム・ハンクスの二人がどんな演技を見せてくれるのか楽しみにしていました。
強烈なキャラクターを難なく演じる二人の存在感と、父親に対して複雑な想いを抱く主人公たちの姿に
観ている方もその感情に引き込まれてしまうような物語が綴られていました。

P.L.トラヴァースはとてつもなく強固なポリシーを持った女性でした^_^;

イギリスに住むP.L.トラヴァースの家に彼女の代理人がやってくるところから始まる物語です。
メリー・ポピンズの映画化を熱望していたウォルト・ディズニー(トム・ハンクス)は
20年前から作者のトラヴァース夫人(エマ・トンプソン)に交渉をしてきました。
良い返事の無いまま時は過ぎていましたが、とうとう資産が枯渇してきたトラヴァース夫人は
ウォルトとの交渉に応じるしかないというところまで追い込まれつつありました。

代理人の言葉に押されるように、トラヴァース夫人はしぶしぶカリフォルニアへと向かいます。
でも、飛行機の中も、迎えに来たリムジンも、その運転手も、カリフォルニアの風景も何だか気に入りません。
ウォルトはようやく契約をしてもらえると喜んで迎えたのですけど、結局サインはお預けのままです。
そして、脚本家と2人の音楽家のチームに加わったトラヴァース夫人は
出だしから脚本と音楽にダメ出しをしながら、自分の考えを事細かに主張し始めました^^;

それにしても、あの楽しい名作映画はこんなふうな苦労のもとに作られたのですね。
でも、最初は映画の作り手たちも理解していなかったのですけど、
トラヴァース夫人にとってメリー・ポピンズの世界は幼い頃の自分の家族そのものなのです。
登場人物も自分の父親を反映しています。
だからこそ、自分の理想そのままに、大切にしたかったのです。

映画製作シーンとトラヴァース夫人の過去の物語が交差する中で、
脚本家と2人の音楽家のチームも少しずつ彼女の要望に答えていきます。
また、ウォルトもトラヴァース夫人にとってメリー・ポピンズがどんなものなのかを理解していきます。
トラヴァース夫人とウォルトが心を割って話すシーンには思わず泣かされてしまいました。
そして、苦労の果てにディズニー映画らしく出来上がった作品をトラヴァース夫人が観るシーンでも
笑いながらも、また泣かされてしまいました(^^ゞ

何と言っても、エマ・トンプソンとトム・ハンクスの演技に引き込まれました。
あと、心優しい運転手を演じたポール・ジアマッティの佇まいも好きでした(^^)
観終わった時、父親ってこんなふうにずっと子供の心に残っていく存在なのねと改めて感じた1本です。

hitsuji_SAVING-MR.-BANKS.jpg

監督:ジョン・リー・ハンコック 出演:エマ・トンプソン トム・ハンクス ポール・ジアマッティ ジェイソン・シュワルツマン B・J・ノヴァク ブラッドリー・ウィットフォード ルース・ウィルソン メラニー・パクソン アニー・ローズ・バックリー コリン・ファレル
2013年 アメリカ 原題:SAVING MR. BANKS
(20140325)

公式サイトはこちらへ http://ugc.disney.co.jp/blog/movie/category/walt

nice!(26)  コメント(30)  トラックバック(15) 
共通テーマ:映画

nice! 26

コメント 30

たいちさん

早速見に行かれましたね。ディズニー作品は絶対ヒットするというジンクス通り、評判がいいですね。
by たいちさん (2014-03-26 23:41) 

ぽん

わたしも見てきましたよ~(^^)
最初はこのおばさんすっごいいじわるで何様やおもてんねん!っておもったけど、泣けました(^^)
もういちどメリーポピンズを見たくなりましたよ~
by ぽん (2014-03-27 13:20) 

non_0101

makimakiさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2014-03-27 18:20) 

non_0101

tonomaru521さんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2014-03-27 18:21) 

non_0101

夢の狩人さんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2014-03-27 18:22) 

non_0101

たいちさんへ
こんばんは。nice&コメントをありがとうございました!
早速、観て来ました(^^ゞ
主人公二人の父との想い出がとても切なかったです。
また、トラヴァース夫人の頑固さには笑ってしまいました♪
評判通りの素敵な作品で楽しかったです☆
by non_0101 (2014-03-27 18:25) 

non_0101

nikoponさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2014-03-27 18:29) 

non_0101

きささんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2014-03-27 18:29) 

non_0101

怪しい探麺隊さんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2014-03-27 18:30) 

non_0101

つむじかぜさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2014-03-27 18:30) 

non_0101

ネオ・アッキーさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2014-03-27 18:30) 

non_0101

いっぷくさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2014-03-27 18:31) 

non_0101

やってみよう♪さんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2014-03-27 18:31) 

non_0101

KINYAN0829さんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2014-03-27 18:32) 

non_0101

りんこうさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2014-03-27 18:32) 

non_0101

Ujiki.oOさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2014-03-27 18:32) 

non_0101

ちょんまげ侍金四郎さんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2014-03-27 18:33) 

non_0101

さらまわしさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2014-03-27 18:33) 

non_0101

ぽんさんへ
こんばんは。nice&コメントをありがとうございました!
作品へと想いがそのまま父への想いに繫がった時にはやられた~と思いました(^^ゞ
私もメリー・ポピンズを見直してみたくなりました~☆
by non_0101 (2014-03-27 18:35) 

non_0101

sugoimonoさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2014-03-27 18:38) 

non_0101

yamさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2014-03-27 18:39) 

きさ

なかなか良い映画でした。
エマ・トンプソンとトム・ハンクス良かったです。
トラヴァース夫人の強烈なキャラクターをエマ・トンプソンが熱演しています。
実際には本人はこの映画よりももっと強烈なキャラクターだったみたいですね。
コリン・ファレルがトラヴァース夫人の父親役を好演。
ポール・ジアマッティ演じる運転手役も確かに良かった。
ちなみにトラヴァース夫人は96年に96歳で死去しています。
ちょっと年下のディズニーよりはるかに長生きしました。
by きさ (2014-03-28 05:45) 

non_0101

きささんへ
こんにちは。nice&コメントをありがとうございました!
時代背景やそれぞれのお父さんへの想いが伝わって来て奥の深い作品でした~
エマ・トンプソンはさすがですよね!あの頑固なキャラクターは上手かったです。
トラヴァース夫人は長生きされたのですね(^^ゞ
それも人生ですね~☆
by non_0101 (2014-03-29 12:44) 

non_0101

suhr0045さんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2014-03-29 12:45) 

non_0101

タッチおじさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2014-03-29 12:45) 

non_0101

さつきさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2014-03-30 20:39) 

non_0101

beamuseさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2014-04-06 20:20) 

non_0101

コザックさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2014-04-06 20:21) 

キキ

こんにちは。
「メリー・ポピンズ」の制作秘話。
ディズニー映画ってなぜ幸せなラストが多いのかも納得です。
主人公の少女時代を演じた女の子も可愛かったです。
大きくなったら偏屈になってましたけど。
紅茶を飲みながらもう一回みたくなる映画でした。
by キキ (2014-04-07 22:22) 

non_0101

キキさんへ
こんにちは。nice&コメントをありがとうございました!
紅茶&ハッピーエンドって素敵な組み合わせですね~♪
先月、ディズニーランドへ行って、ここって幸せな場所だなあと思いました。
幸せって癒されるのですよねとしみじみ思いました☆
by non_0101 (2014-04-09 00:58) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 15