So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

エンダーのゲーム [え]

オースン・スコット・カード著のベストセラーSF小説を映画化した作品です。
原作をもう何度読んだか分からないほど好きなので、公開を楽しみにしていました。
子供たちが戦い続ける姿に、大人が彼らの無邪気さに求めた残酷さをしみじみと感じるような作品でした。

エンダーの孤独は果てしなく続いていきました。

エンダー(エイサ・バターフィールド)から監視装置が取り外されたところから始まる物語です。
地球外生命フォーミックに侵略されそうになった地球は、激しい戦争の果てに辛くも勝利しました。
世界は次の戦争に備えて、優秀な子供を選択するための監視装置をつけ、常に監視下に置くことにします。
その装置が取り外されたということは、指揮官候補から落ちたということでした。

でも、グラッフ大佐(ハリソン・フォード)は装置を取り外されたエンダーが
どの後にどんな行動を取るのか知りたいと思っていました。
通常は認められない“サード”であり優秀すぎるために、常々いじめっ子に目を付けられていたエンダーは、
早速、いじめっ子に喧嘩をふっかけられます。
体格では負けている彼は相手のプライドを利用して勝機をつかむと、徹底的に倒してしまいました。

その日の夜、エンダーが自分の暴力に落ち込んでいると、グラッフ大佐が家を訪ねて来ました。
監視装置を外したのは落第したからではなく、その後のエンダーの行動を見極めるためだったのです。
兄ピーターは暴力的な性格のため、姉ヴァレンタイン(アビゲイル・ブレスリン)は優し過ぎるために、
優秀だけれども指揮官候補から落とされたという経緯がありました。
その両方の性格を受け継ぐエンダーこそ最高の能力の持ち主だったのです。
そして、エンダーはグラッフ大佐と共に宇宙衛星の中にあるバトルスクールへ旅立ちました。

それにしても、エイサ・バターフィールドくんいいですね~
1985年の本なので、どうしてこれが映画にならないのかなと思っていたのですけど、
映像技術の向上に加えて、きっと彼が出てきたからこそ生まれた作品なのかも知れません。
『ヒューゴの不思議な発明』の時とは違って感情を抑えた演技が多い分、
彼の怒りや悲しみに捕らわれた表情が印象的でした。
そして、過酷な運命を歩むエンダーの心を体現している姿に観ている方も引き付けられました。

また、バトルルームでの戦いやその後の宇宙艦隊を指揮する戦いなど、
子供たちが繰り広げるゲームはやっぱり面白かったです。
時間的な関係で原作よりは省略されましたけど、視覚化されるとこんな感じになるのかとワクワクしました。
そして、オーケストラを指揮するようなエンダーに動かされる艦隊やモニターに映る宇宙の様子を
ドキドキしながら見つめていました。

原作よりも、かなり省略された部分があったのですけど、映画は映画で見ごたえがありました。
観終った時、この映像を思い浮かべながら原作を再読してみたいなと思った1本です。

hitsuji_ENDER'S-GAME.jpg

監督:ギャヴィン・フッド 出演:エイサ・バターフィールド ハリソン・フォード ヴィオラ・デイヴィス ヘイリー・スタインフェルド アビゲイル・ブレスリン アラミス・ナイト スラージ・パーサ ベン・キングズレー
2013年 アメリカ 原題:ENDER'S GAME

公式サイトはこちらへ http://disney-studio.jp/movies/ender/


nice!(23)  コメント(30)  トラックバック(10) 
共通テーマ:映画

nice! 23

コメント 30

ぽん

この映画、みにいこうかどうしようか迷い中です~。
時間があわないので、他のものとどうやりくりできるかと~
by ぽん (2014-01-19 23:01) 

non_0101

makimakiさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2014-01-19 23:19) 

non_0101

song4uさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2014-01-19 23:20) 

non_0101

ぽんさんへ
こんばんは。nice&コメントをありがとうございました!
この物語は原作もそうですけど、子供たちが厳しい環境に置かれるので
観ていて辛いなあと思うシーンもありました。
ただ、映像は凄かったです~
もし、時間が上手く調整できましたら、チャレンジしてみて下さいね☆
by non_0101 (2014-01-19 23:22) 

non_0101

つむじかぜさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2014-01-20 12:56) 

non_0101

いっぷくさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2014-01-20 12:56) 

non_0101

KINYAN0829さんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2014-01-20 12:56) 

non_0101

Daisyさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2014-01-20 12:57) 

non_0101

怪しい探麺隊さんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2014-01-20 12:57) 

non_0101

やってみよう♪さんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2014-01-20 12:58) 

non_0101

ちょんまげ侍金四郎さんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2014-01-20 12:58) 

たいちさん

原作を何度も読まれる位なので、素晴らしい作品なんでしょうね。日本語吹替え版もあるのですね。エイサ・バターフィールド君はまだ16歳なので、末恐ろしいですね。(素晴らしい俳優になるという意味)。
by たいちさん (2014-01-20 13:08) 

beamuse

こんばんは
今日観て来ました 最後がなんとも怖い感じで普通の人なら立ち直れないぐらいの衝撃ですね 主人公が危うい冷静さと叡智を感じさせて良かったです
by beamuse (2014-01-20 20:50) 

きさ

私も原作ファンなので期待・不安半分でした・
カードの原作はもともとは短編でそれを膨らませた長編には宗教的・哲学的な要素が強いです。
映画は短編に近くハードなSFとしてのアクションやVFXはさすがに見せます。
ただ、さすがに原作の長編の哲学的な面はあまり描けていませんね。
エイサ・バターフィールドのエンダー、ハリソン・フォード、ベン・キングズレーらの出演者はいいのですが、演出はもうちょっと頑張って欲しかったです。
by きさ (2014-01-21 22:53) 

non_0101

たいちさんへ
こんばんは。nice&コメントをありがとうございました!
小説はとても読み応えがある作品です。
面白いだけでなく、色々考えさせられます。
エイサ・バターフィールドくんは瞳が印象的で役にぴったりでした~
機会がありましたら、チャレンジしてみて下さいね☆
by non_0101 (2014-01-22 22:53) 

non_0101

さらまわしさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2014-01-22 22:54) 

non_0101

hyo-hyo-maさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2014-01-22 22:54) 

non_0101

sugoimonoさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2014-01-22 22:55) 

non_0101

yu-papaさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2014-01-22 22:55) 

non_0101

ハマコウさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2014-01-22 22:56) 

non_0101

さつきさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2014-01-22 22:57) 

non_0101

beamuseさんへ
こんばんは。早速、ご覧になったのですね(^^ゞ
ラストは衝撃的ですよね。
あんないい子供に、あんな運命を背負わせるとはと思うと
とても切なかったです(T_T)
by non_0101 (2014-01-22 23:01) 

non_0101

きささんへ
こんばんは。nice&コメントをありがとうございました!
やっぱり時間的には、哲学的な部分を飛ばすしか無いのでしょうね。
まあ、そうかなあと予想しながら観に行ったので大丈夫でした^_^;
もう少ししたら、原作を読み返してみたいです☆

by non_0101 (2014-01-22 23:06) 

エコピーマン

今年は SFがとても多いのでうれしいです...(´ー`)b
by エコピーマン (2014-01-23 23:55) 

non_0101

k_igaさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2014-01-24 12:43) 

non_0101

エコピーマンさんへ
こんにちは。nice&コメントをありがとうございました!
ネビュラ賞&ヒューゴー賞を受賞した正統派のSFだけあって
とても奥が深い物語ですね。
見応えがありました~☆
by non_0101 (2014-01-24 12:45) 

non_0101

prin4795さんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2014-01-26 13:06) 

non_0101

想也さんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2014-01-26 13:06) 

beamuse

おはようございます
当たり前ですがラストのためだけに子供の成長を絡めて映画をつくっている感じがしました 意外に怖い話です
by beamuse (2014-01-28 11:10) 

non_0101

beamuseさんへ
こんばんは。今更ながらコメントを頂いていた事に気付きました!
お返事が遅くなって本当にすみませんm(__)m
これはかなり怖い物語です。
原作は続編もあるのです。その後も複雑な人生でした(-_-;)
by non_0101 (2014-08-10 00:32) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 10