So-net無料ブログ作成

華麗なるギャツビー [か行]

F・スコット・フィッツジェラルド著の「グレート・ギャツビー」を映画化したドラマです。
人生の破滅の物語だよなあと思いつつも、予告編の華やかな映像に惹かれて気になっていました。
近付きながらも夢に敗れた主人公の生き様に、痛みを覚えるような物語が繰り広げられていきました。

まさしく1920年代は狂乱の時代だなあと感じました。

ニック(トビー・マグワイア)がギャツビーとの思い出を語るところから始まる物語です。
ニックにはデイジー(キャリー・マリガン)という従姉妹がいました。
良家の娘らしく、大富豪の跡取りトム・ブキャナン(ジョエル・エドガートン)と結婚したデイジーは
それから5年後、浮気癖のある夫に振り回され、浮かない顔をしながら日々を過ごしていました。

その年のこと。ニックは証券会社で働くためにニューヨークに程近い高級住宅街へ引越して来ました。
ニックが住むことにした小さな家の隣には、宮殿のような豪邸がありました。
そこではいつも華やかなパーティーが開かれ、その度にN.Y中のセレブたちが集まっていました。
彼はふとした時に視線を感じるなど、豪邸から誰かが彼を見つめているように思えましたけど、
自分には関係のないと思いながらその感覚をやり過ごしていました。

そんなある日、豪邸の主人ギャツビーからニックへパーティーの招待状が届きました。
驚きながらもパーティーへ向かうと、そこは豪華さを極めた狂乱の世界が広がっています。
でも、ギャツビーに挨拶をしようとしても、誰も彼の顔を知りませんでした。

デイジーの友人でセレブのジョーダン・ベイカー(エリザベス・デビッキ)に出会ってほっとしますけど、
やはり彼女も本人に会ったことは無いと言いました。
戸惑いながらも雰囲気を楽しんでいると、二人に声をかけてくる人物がいます。
その朗らかで人を安心させるような笑顔を持つ男こそギャツビーでした。

それにしても、哀しいなあとしみじみ感じる作品でした~
貧しい家に生まれ、運命のように出会った大富豪に付いて世界を旅しながら品格を学び、
戦争から戻ってきた後に裏ビジネスで成功して、華やかな暮らしを見せびらかすようになります。
それは全て、過去に愛したデイジーを得るためです。
でも、彼女はとても心が弱く、その弱さがギャツビーを破滅へと向かわせます。
その残酷な運命には心が痛みました(T_T)

1920年代のアメリカの狂乱は、バブル前の日本みたいですね。
誰もが狂ったように幻のような喜びを謳歌する様子は、楽しさを通り越して不安を感じさせます。
歴史は繰り返すというけれど、こういう歴史もどこかで繰り返されていたのだなと改めて思いました。
そして、その終焉を知ることなく汚名と共に葬り去れたギャツビーの命は哀しすぎました。

それでも、バズ・ラーマン監督らしい作品全体を覆う美しさは印象に残りました。
観終った時、現実に戻れてちょっとほっとした1本です。

hitsuji_GREAT-GATSBY.jpg

監督:バズ・ラーマン 出演:レオナルド・ディカプリオ トビー・マグワイア キャリー・マリガン ジョエル・エドガートン アイラ・フィッシャー ジェイソン・クラーク エリザベス・デビッキ
2012年 アメリカ 原題:THE GREAT GATSBY
(20130630)

公式サイトはこちらへ http://www.gatsbymovie.jp/


nice!(31)  コメント(37)  トラックバック(9) 
共通テーマ:映画

nice! 31

コメント 37

Daisy

華やかなパーティシーンが印象的でしたね。
その反面ラストは哀しかったです(T_T)
ギャツビーって純粋な人だっんですね~

by Daisy (2013-07-01 06:28) 

cafelamama

レッドフォードの「華麗なるギャッツビー」は、いまひとつという感じでしたが、これは評判がよさそうですね。
ただ、バズ・ラーマンというところが気になります。
いつものような作りすぎた映像になっていなければいいのですが。
by cafelamama (2013-07-01 06:31) 

想也

高校か大学のときに原作を読んだ記憶はあるんですが、
内容をさっぱり覚えていません(笑)
でも、女性を愛して破滅に向かう物語なら、
しばらくは観られませんσ^_^;

by 想也 (2013-07-01 08:25) 

non_0101

KEIさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2013-07-01 08:32) 

non_0101

いっぷくさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2013-07-01 08:32) 

non_0101

ハマコウさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2013-07-01 08:33) 

non_0101

Daisyさんへ
こんにちは。nice&コメントをありがとうございました!
華やかなパーティシーンの派手さはさすがバズ・ラーマン監督という感じでしたね~
ラストは分かっていても泣けて来ました。
せめてギャツビーの純粋さを理解してくれた人がひとりいただけでもほっとしました☆
by non_0101 (2013-07-01 08:36) 

beamuse

おはようございます
「虚栄」という言葉がぴったしの作品でした 華やかで美しすぎるほど最後に訪れる「現実」はつらいですね
by beamuse (2013-07-01 08:38) 

non_0101

cafelamamaさんへ
こんにちは。nice&コメントをありがとうございました!
レッドフォード版は未見なのですけど、より分かりやすくなっているようですね。
また、バブル時代があったので、この狂乱の虚しさが分かるなあと感じました。
パーティーシーンとかはかなり“作りすぎた映像”になっていました(^^ゞ
でも、ほとんど異次元の世界のようでしたので、それはそれで楽しかったです。
あと、豪邸の映像が印象的でした☆
by non_0101 (2013-07-01 08:40) 

non_0101

怪しい探麺隊さんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2013-07-01 08:40) 

non_0101

やってみよう♪さんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2013-07-01 08:41) 

non_0101

ちょんまげ侍金四郎さんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2013-07-01 08:41) 

non_0101

月夜のうずのしゅげさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2013-07-01 08:42) 

non_0101

想也さんへ
こんにちは。nice&コメントをありがとうございました!
まさしく“女性を愛して破滅に向かう物語”なのです~
観て思ったのですけど、ディカプリオの出演作って破滅に向かう物語ばかりですね。
今作もあの笑顔と存在感がとても似合っていました☆

by non_0101 (2013-07-01 08:44) 

non_0101

beamuseさんへ
おはようございます。nice&コメントをありがとうございました!
あの展開は寂しいですね(T_T)
一人の女性を得るために頑張ってきたのに、それさえも叶わないなんて
哀しいなあと思ってしまいました。
「虚栄」には友はいないものなのですね☆
by non_0101 (2013-07-01 08:48) 

キキ

こんにちは。
ディカプリオくらい悲劇の最後が似合う男はいないと思います。
でも今回は若い頃を他の役者さんが演じていたので
それは正解⋆^.^⋆と思っちゃいました。

by キキ (2013-07-01 21:57) 

non_0101

アルファルハさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2013-07-01 22:15) 

non_0101

西湘の風0829さんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2013-07-01 22:16) 

non_0101

有城佳音さんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2013-07-01 22:16) 

non_0101

sugoimonoさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2013-07-01 22:17) 

non_0101

ブラザー★ボブさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2013-07-01 22:17) 

non_0101

りんこうさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2013-07-01 22:18) 

non_0101

まぁくんさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2013-07-01 22:18) 

non_0101

キキさんへ
こんにちは。nice&コメントをありがとうございました!
ようやく観て来ました(^^)
本当に“悲劇の最後が似合う男”ですよね。
若い頃の役者さん、カッコ良かったですね☆
by non_0101 (2013-07-01 22:23) 

non_0101

song4uさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2013-07-01 22:24) 

ぽん

この映画、DVDでいいかな~って思っていたんですが、どうやらパーティーシーンの豪華さがすごいということで、大画面で見た方がより迫力あるかな~っと最近感じまして、終了になる前に見に行かなくちゃとおもっている映画です~。

ラジオでこの映画を見たパーソナリティーの方が、女性は怖いな~といってました。
どんな怖さなのか見に行ってこようとおもいます~(^^)

by ぽん (2013-07-01 22:45) 

non_0101

ぽんさんへ
こんにちは。nice&コメントをありがとうございました!
キラキラした映像が得意なバズ・ラーマン監督らしい作品でした。
あのパーティーシーンの派手さは大きなスクリーンで観る価値があるかもです~
物語は有名なので結末を知っているだけに、あの泡沫の夢のようなシーンが印象に残りました。
ぜひ、あの豪華さと女性の怖さを堪能してきて下さいね☆
by non_0101 (2013-07-02 08:53) 

non_0101

artfuldodger3さんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2013-07-02 08:56) 

coco030705

こんにちは。
これは、ロバート・レッドフォードとミア・ファローで創られれたものがありますね。これは本当に素敵な映画でした。
今回はディカプリオですので、期待大です!ちょっと観るのが延び延びになってますが、ぜひ観に行くつもりです。
by coco030705 (2013-07-06 08:51) 

non_0101

たいちさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2013-07-06 22:05) 

non_0101

さつきさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2013-07-06 22:06) 

non_0101

hana2012さんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2013-07-06 22:06) 

non_0101

つむじかぜさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2013-07-06 22:06) 

non_0101

utamarocoさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2013-07-06 22:06) 

non_0101

そらさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2013-07-06 22:06) 

non_0101

cocoさんへ
こんばんは。nice&コメントをありがとうございました!
物語も映像も見応えのある作品でした。
華やかなシーンとディカプリオの存在感がぴったりでした(^^ゞ
ぜひ、大きなスクリーンでチャレンジしてみて下さいね☆
by non_0101 (2013-07-06 22:16) 

non_0101

asaさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2013-07-12 08:56) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 9