So-net無料ブログ作成

テイク・ディス・ワルツ [た行]

サラ・ポーリー監督がミシェル・ウィリアムズ主演で一人の女性の悩める姿を描いた人間ドラマです。
ミシェル・ウィリアムズがキュートな表情を見せる予告編に惹かれて気になっていました。
心の落とし穴に落ちてしまった主人公の生き様を静かに見つめるような作品でした。

恋の魔力は怖いなあと思いながら観ていました。

結婚をしている28歳の女性マーゴ(ミシェル・ウィリアムズ)の物語です。
彼女は作家志望のライターですが、まだまだ仕事は選べず、書きたいものを書けていない状況です。
一方の夫のルー(セス・ローゲン)はフードライターで、チキン料理のレシピ本を作成中です。
良い本を作ろうと、いつも台所で料理の研究をしています。
ふたりとも仕事はいまいちで、毎日がチキン料理の日々でしたけど、
仲の良い二人はそれでも楽しくて幸せな日々を送っていました。

ある日、マーゴは出張先で気になる男性ダニエル(ルーク・カービー)と出会います。
お互いにときめくものはあったのですけど、マーゴが結婚していることを告白すると
そのまま連絡先も聞かずに終わってしまうような仲のはずでした。
でも、偶然にも住んでいる家がはす向かいで本当に近所だということが分かります。
相手の存在がいつでも見えるところにいると分かると、もう二人の恋する心は止められませんでした。

それにしても、切ない物語でした。
前に観たマリリン・モンローとは全く違うキャラクターを演じているミシェル・ウィリアムズは
今回はまるでペコちゃんのようなキュートさで、そして誰からも安心感を持たれるような女性を演じています。
でも、マーゴ自身は何故かいつも不安を抱えていて、怖さを感じることが怖いと思ったりもしています。
どこかふわふわした頼りなさをまとっているマーゴは、それでも善良な心を持つ優しい女性でした。

この夫婦は本当にお似合いの夫婦です。
たまに心のすれ違いはあっても、お互いの存在を求めあっています。
でも、マーゴは別の人に惹かれてしまうのです。
優しくて人の良い夫を裏切れないと悩むマーゴ。
彼女が夫に言う「I Love You」は、最初は単に愛しているの意味に聞こえていたのですけど、
そのうちに、愛したい、愛さなくては、というように聞こえてきます。

そんなマーゴは必死にダニエルへ向かう恋心を止めようとするのですけど、
もう、どうしても抑えることが出来なくなります。
その苦しみやマーゴの心を知った夫の哀しみは、観ていて哀しかったです(T_T)
そして、哀しいけれどこれは仕方がない運命なのかなと思いながら観ていました。

ポップな可愛い雰囲気の中で虚ろな表情を見せるマーゴを映す出だしのシーンが
ラスト近くに再び現れた時、何とも言えない気持ちになりました。
観終った時、恋に走ったマーゴは、結局なにを悟ったのだろうなと考えてしまった1本です。

hitsuji_TAKE-THIS-WALTZ.jpg

監督:サラ・ポーリー 出演:ミシェル・ウィリアムズ セス・ローゲン ルーク・カービー サラ・シルヴァーマン
2011年 カナダ 原題:TAKE THIS WALTZ
(20120821)

公式サイトはこちらへ http://takethiswaltz.jp/


nice!(17)  コメント(20)  トラックバック(5) 
共通テーマ:映画

nice! 17

コメント 20

k_iga

古今東西、「恋」をテーマにした文学・映画etcいろいろあるけど
恋ってやはり恐ろしいなぁ。愛とは違うなぁ。

by k_iga (2012-08-22 02:55) 

non_0101

KEIさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2012-08-22 08:56) 

non_0101

k_igaさんへ
こんにちは。nice&コメントをありがとうございました!
どうしても、こういう恋って止められなくなってしまうものなのですね。
彼女の姿を映したラストシーンの意味を考えさせられる作品でした☆
by non_0101 (2012-08-22 08:57) 

non_0101

sugoimonoさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2012-08-22 08:58) 

non_0101

月夜のうずのしゅげさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2012-08-22 08:58) 

non_0101

song4uさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2012-08-22 08:58) 

non_0101

nikiさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2012-08-22 08:59) 

たいちさん

「しあわせに鈍感じゃない。さみしさに敏感なだけ」という言葉が、ぴったりの映画ですね。
by たいちさん (2012-08-22 10:58) 

non_0101

たいちさんへ
こんばんは。nice&コメントをありがとうございました!
ぴったりですね~
寂しさに敏感になってしまうと、それだけで哀しさも増えてしまいそうですね☆
by non_0101 (2012-08-22 22:53) 

non_0101

ブラザーボブかきもとさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2012-08-22 22:54) 

non_0101

まぁくんさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2012-08-22 22:54) 

coco030705

こんばんは。
ミシェル・ウィリアムズがよかったですね。衣装や音楽やインテリアなどはとってもキュートだったのに、心の痛みは相当なものだろうと想像した作品でした。監督の手法はうまい描き方だったと思います。
TBさせていただきます。
by coco030705 (2012-08-23 22:55) 

non_0101

あいか5drrさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2012-08-23 23:57) 

non_0101

Ritaさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2012-08-23 23:58) 

non_0101

artfuldodger3さんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2012-08-23 23:58) 

non_0101

beamuseさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2012-08-23 23:59) 

non_0101

cocoさんへ
こんばんは。nice&コメントをありがとうございました!
本当にミシェル・ウィリアムズは上手い女優さんですね~
あのふわふわした雰囲気は彼女か大竹しのぶという感じです(^^ゞ
観終わった後の続きと色々考えてしまいました。
後で遊びに行きますね☆
by non_0101 (2012-08-24 00:01) 

non_0101

つむじかぜさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2012-08-24 08:56) 

non_0101

いっぷくさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2012-08-25 22:15) 

non_0101

Extar15さんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2012-09-02 21:10) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 5