So-net無料ブログ作成

きっと ここが帰る場所 [か行]

ショーン・ペン主演のロードムービー&ヒューマンドラマです。
予告編でばっちりメイクしているショーン・ペンを観て、どんな話なのかなと不安になったのですけど、
カンヌ映画祭で審査委員長のショーン・ペンが監督さんに声をかけたことがきっかけで出来た映画と聞いて
それならチャレンジしてみようかなと思いました。
アメリカを舞台にしながらも、どこか遠い時間を旅しているような主人公の姿が印象に残る作品でした。

人は何歳になっても父の前では子供に帰るものなのだなとしみじみ感じました。

元人気ロックスターで、今は音楽とはかけ離れた生活を送っているシャイアン(ショーン・ペン)の物語です。
彼は長年連れ添った妻ジェーン(フランシス・マクドーマンド)と豪邸に住んでいます。
家族の縁は薄くて、子供はいませんし、父親とは30年も音信普通です。
小さな声で話し、動作もゆっくりに見えるシャイアンはとても静かに生きていました。

外出と言えば、近所への買い物や生計の基になっている株取引のために投資会社へ行くくらいです。
彼はあまりにも有名人だったので、外を歩くと今でも人の注目を浴びてしまいます。
でも、独特のファッションとメイクは、いつもしっかりときめていました。

ある日、彼の元に父親が危篤という知らせが入ります。
恐怖心から飛行機に乗れない彼は船旅で父の元へと向かいましたが、着いたのは亡くなった後でした。
30年ぶりに会った父の姿とその死に、シャイアンは泣き崩れます。
静かな葬式が終わった後、彼は従兄弟から父の遣り残した仕事のことを伝えられます。
それは、あるひとりのナチスの残党を探し出すということでした。
そして、彼は車でアメリカを縦断する旅に出る決心をしました。

それにしても、繊細なシャイアンの佇まいを体現するショーン・ペンはさすがでした。
あまり説明が無い物語なので、観ていて所々悩んでしまうところもありましたけど、
心に絶望と悲しみを秘めながら道を進んでいく主人公の姿には心を動かされました。
無表情が多い中で時々おちゃめにもなるところは可笑しかったです。
そして、必然と偶然から旅の目的地が判明した時、彼の本当の心が少しずつ見えてきた気がしました。

観終った時、ショーン・ペンがこの監督さんを気に入ったのも分かるなあと思いました。
帰り道、頭の中に「THIS MUST BE THE PLACE」がずっと流れている気がした1本です。

hitsuji_MUST-BE-THE-PLACE.jpg

監督:パオロ・ソレンティーノ 出演:ショーン・ペン フランシス・マクドーマンド ジャド・ハーシュ イヴ・ヒューソン ケリー・コンドン ハリー・ディーン・スタントン デヴィッド・バーン
2011年 イタリア/フランス/アイルランド 原題:THIS MUST BE THE PLACE
(20120704)

公式サイトはこちらへ http://www.kittokoko.com/


nice!(19)  コメント(24)  トラックバック(4) 
共通テーマ:映画

nice! 19

コメント 24

たいちさん

「説明的な描写を極力避けた自由なストーリーテリングは観る者の五感に直接訴えかけてくる」・・・疲れる映画のようですね。


by たいちさん (2012-07-06 16:31) 

non_0101

song4uさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2012-07-06 23:01) 

non_0101

beamuseさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2012-07-06 23:04) 

non_0101

nikiさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2012-07-06 23:05) 

non_0101

artfuldodger3さんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2012-07-06 23:06) 

non_0101

たいちさんへ
こんばんは。nice&コメントをありがとうございました!
ショーン・ペンの存在感は凄かったです~
頭で理解する考えるにはちょっと情報がいろいろ隠されていそうな感じだったので
感覚で捕らえる方がいい作品かも知れませんね☆
by non_0101 (2012-07-06 23:19) 

non_0101

yukkoさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2012-07-06 23:20) 

non_0101

月夜のうずのしゅげさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2012-07-06 23:20) 

non_0101

sugoimonoさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2012-07-06 23:20) 

non_0101

k_igaさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2012-07-07 20:17) 

non_0101

つむじかぜさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2012-07-07 20:17) 

non_0101

愛犬ご飯さんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2012-07-07 20:18) 

non_0101

HIROMIさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2012-07-07 20:19) 

non_0101

yayu-changさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2012-07-07 20:20) 

non_0101

いっぷくさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2012-07-07 20:20) 

non_0101

ねじまき鳥さんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2012-07-07 20:21) 

non_0101

Mackさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2012-07-09 00:05) 

non_0101

あいか5drrさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2012-07-09 00:06) 

non_0101

想也さんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2012-07-09 00:06) 

yonta*

顔が真っ白なので、ショーン・ペンって、こんなにきれいな
ブルーの目だったんだ、って今さら気がつきました^^;
シャイアンは、愛すべきキャラクターでしたね。
THIS MUST BE THE PLACE、とてもこの作品の
雰囲気に合った曲ですね。
by yonta* (2012-07-23 00:06) 

non_0101

yonta*さんへ
こんばんは。nice&コメントをありがとうございました!
目がキラキラしていましたね~ そう言えばとても青かったです!
どちらかというと表情が無いように見えて、瞳だけは違っていました。
「THIS MUST BE THE PLACE」はもう忘れられない一曲になりました☆
by non_0101 (2012-07-23 00:31) 

ウパルン

はじめまして。
7月22日に銀座で観ました。
ショーンペンて確か、TREE OF LIFEに出ていた方ですか?
(こちらは観念的すぎた映画でしたが……)
あの話し方と背を曲げた歩き方、すっかりジャイアンでした。

気が小さくて、繊細で、純粋で魅力的なキャラ。
ハマります。
ボノの娘さん、知的で美人ですね。
ダブリンって確かU2の出身地だったかな?
過去を引きずっていきてるジャイアンって愛おしいです。
お墓参りに行くのもジャイアンらしい。
見た目と心のギャップがスゴイですね。

「僕は結婚しているから君とは寝れないよ」と諭すジャイアン。
ピストルの代わりにカメラを向けるジャイアン。
そして、衝撃(?)のラストシーン。
どれをとっても監督のジャイアンに対する愛情感じました。

そして今も尚、カッコイイ!デイヴィット・バーン。
フランスで亡くなったロバートパーマーも同じような美学持ってました。

心に残る作品でした。
by ウパルン (2012-07-29 01:24) 

non_0101

ウパルンさんへ
はじめまして!ご訪問&コメントをありがとうございました!
本当に心に残る作品でした。
そう言えば「TREE OF LIFE」にも出演していましたね~
監督さんはショーン・ペンに演じてもらって嬉しかったでしょうね。
彼にピッタリのキャラクターでした(^^ゞ
デイヴィット・バーンもカッコ良かったですね♪
音楽と共に印象的な役でした☆
by non_0101 (2012-07-29 19:23) 

つむじかぜ

ようやく観ました。
無表情なショーン・ペンの演技のように、さらりと淡々とストーリーは展開しますが、結構骨太の人間ドラマなんですよね。
注目の監督です!
by つむじかぜ (2012-08-12 08:50) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 4