So-net無料ブログ作成

ジョン・カーター [さ行]

100年前に書かれたエドガー・ライス・バローズ著「火星のプリンセス」を映画化した作品です。
ウォルト・ディズニー生誕110周年記念作品ということで、どんな作品なのだろうと気になっていました。
「スター・ウォーズ」や「アバター」に影響を与えた小説というだけあって、
SFファンタジーの要素がてんこ盛りの作品になっていました。

テイラー・キッチュはこちらの方がカッコ良かったです~

1881年。ニューヨークに住む大富豪ジョン・カーター(テイラー・キッチュ)が突然に亡くなります。
彼は死の直前に、甥エドガー(ダリル・サバラ)に自分の元へ来るようにと手紙を出していました。
駅で迎えに来た執事から事を聞かされたエドガーは、屋敷に着くと弁護士から説明を受けます。
実はジョン・カーターは彼の全財産をエドガーに残していたのです。
なぜ自分に?と驚きながらも自分宛に遺された日記を読み始めたエドガーは、
ジョン・カーターの火星での不思議な体験を知ることとなりました。

それにしても、久々にジュブナイルの世界を楽しみました~
火星での冒険といえば、100年前のSFファンタジーだったら夢そのものですよね。
主人公のジョン・カーターはそんな世界に突然に飛んで行ってしまうのです。

この物語の火星には様々な種族が暮らしていて、人間のような“赤色人”もいれば
「スター・ウォーズ」に出てきそうな手が4本もある緑色のサーク族もいます。
しかも、火星でもその人間型の人種は民族同士で戦争を起こしています。
全くどこの星にいても人間らしいなあとちょっと思ってしまいました^_^;

ジョン・カーターは軽くなった重力のおかげで別格の跳躍力とパワーを持った異人になります。
おかげですぐさま火星人に目を付けられ、否応無しに戦いに巻き込まれてしまいます。
そんな中でジョンは危機に巻き込まれたプリンセスと運命のように出会うのです。
そんなジョンはまさにスーパーヒーローでした(^^ゞ

また、ジョン・カーターが過去に戦争で深い心の傷を負った人物で、
とても強いのに戦うことに苦悩するキャラクターというのも興味深かったです。
単純に正義ためとかとか言いながら戦いに身を投じるような主人公ではないところが
この作品の大切さかも知れないと感じました。
子供たちも楽しめるような作品にはそういう心も必要なのかもですね。

全体的には本当に「スター・ウォーズ」や「アバター」を感じさせるところがあって面白かったです。
様々な作品たちの原点がこの物語にあるのかなと思うと原作にもチャレンジしてみたくなりました。
観終った時、これが記念作品なのは分かるなとちょっと思った1本です。

hitsuji_JOHN-CARTER.jpg

監督:アンドリュー・スタントン 出演:テイラー・キッチュ リン・コリンズ マーク・ストロング ドミニク・ウェスト キアラン・ハインズ サマンサ・モートン
2012年 アメリカ 原題:JOHN CARTER
(20120414)

公式サイトはこちらへ http://www.disney.co.jp/johncarter/home.html

nice!(17)  コメント(20)  トラックバック(8) 
共通テーマ:映画

nice! 17

コメント 20

beamuse

こんばんは
今観てきました
1.5億ドルの赤字が予定されている?作品という事である意味惹かれて観にいきました ターゲットがはっきりしないといわれていますが、とてもいい作品内容でどこがいけないのかわかりません それと最後の最後に素晴らしいメッセージがあったのでよかったですね
by beamuse (2012-04-16 02:11) 

non_0101

song4uさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2012-04-16 08:25) 

non_0101

怪しい探麺隊さんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2012-04-16 08:25) 

non_0101

beamuseさんへ
こんにちは。nice&コメントをありがとうございました!
私も赤字のニュースは気になっていました^^;
観てみるといい物語ですよね。
ラストのメッセージも、おお~と思いました(^^ゞ
by non_0101 (2012-04-16 08:30) 

non_0101

えーちゃんaaaさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2012-04-16 08:31) 

non_0101

KEIさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2012-04-16 08:31) 

non_0101

月夜のうずのしゅげさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2012-04-16 08:31) 

non_0101

nikiさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2012-04-16 21:59) 

non_0101

成瀬さんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2012-04-16 22:00) 

たいちさん

特撮があるので、3Dで観たら楽しそうですね。
by たいちさん (2012-04-17 19:06) 

non_0101

たいちさんへ
こんにちは。nice&コメントをありがとうございました!
私は2Dだったのですけど、3Dだと迫力あるだろうなあと思う映像でした。
大きなスクリーンでみたら楽しさ倍増しそうです☆
by non_0101 (2012-04-19 08:58) 

non_0101

k_igaさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2012-04-19 08:58) 

non_0101

エコピーマンさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2012-04-19 08:58) 

non_0101

タッチおじさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2012-04-19 08:59) 

きさ

この映画、史上最大の赤字作になる可能性があるという事もあってか評判悪いですが、私は面白く見ました。
原作はうん十年位前に読みましたが、かなり古めかしいハナシなので映画では相当改変してますね。
そこは色々工夫したなという感じ。
ただ、改変して面白くなった所と矛盾した所がありますね。
個人的にはやはりデジャー・ソリスは絶世の美女なのでちょっとイメージが違うかな。
昔の創元文庫版の武部本一郎さんのイラストの印象が強いので、あのイメージ生かして欲しかったです。
とはいえさすがにお金がかかっていて特に美術の豪華な世界観を楽しみました。
原作と同じく、原作者のバローズが登場するのも楽しかったです。
by きさ (2012-04-21 08:49) 

non_0101

きささんへ
こんにちは。nice&コメントをありがとうございました!
面白かったですよね。あの火星の世界は楽しかったです。
原作とはやっぱり変わっているのですね~
100年前の作品ですものね(^^ゞ
今度、図書館で探してみようかなと思ってます☆
by non_0101 (2012-04-21 10:40) 

non_0101

HIROMIさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2012-04-22 18:46) 

non_0101

あいか5drrさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2012-04-30 18:48) 

non_0101

yonta*さんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2012-04-30 18:50) 

non_0101

yannさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2012-06-26 20:53) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 8