So-net無料ブログ作成

灼熱の魂 [さ行]

過酷な人生を生きてきた一人の女性の物語です。
母から双子の姉弟への遺書が発表される予告編を見て、一体どうなるのだろうかと気になっていました。
予想以上のハードさで、過酷な運命が胸をつくような作品でした(T_T)

誘拐されてきたらしい少年が少年兵にされるために頭を刈られるシーンから始まる物語です。
憎しみの連鎖はあまりにも重い運命を作り出してしまいました。

母ナワル(ルブナ・アザバルは娘ジャンヌ(メリッサ・デゾルモー=プーラン)とプールに行った時に、
突然に呆けたようになって、そのまま表情を取り戻すことなく亡くなってしまいます。
長年、ナワルは公証人ジャン・ルベル(レミー・ジラール)の秘書をしていました。
ジャンは亡くなった妻ともどもナワルは家族同様と厚い信頼をおいていて、
二人の子供たちのことも大切に思っています。
そんなジャンが公証人として二人に告げた遺言状の内容は、これまで死んだと聞かされていた父と
これまで聞いたことも無い兄を探して手紙を渡せと言うものでした。

そんな母は子供たちにとってかなり変わっていた人のようでした。
双子の弟シモン(マキシム・ゴーデット)は愛情を受けられずに育ったことを辛く思っていて、
母への嫌悪感を隠しません。そんな遺言状など知らないという態度です。
一方の姉ジャンヌは、せめて遺言状に書いてあることは実行してあげたいと行動を起こそうします。
そして、母の荷物を捜して母の過去の手がかりとなる写真を見つけると、
カナダから母の故郷である中東へとひとり向かいました。
でも、母の過去を捜す彼女には、言葉以上に難しい問題と厳しい過去が立ちはだかっていました。

それにしても、凄まじい物語でした。
劇場が明るくなって、現実ではなかったことにほっとするという感じです。
そして最初に思ったのは、母であるナワル自身がショックを受けて弱ってしまうほどの真実を
なぜ子供たちに残すのかという疑問でした。
でも、生まれた時に手放した息子はナワルが人生を変えることになった大切な愛の結晶であり、
生き別れになった息子を探し出すことが、彼女の人生で果たさなくてはならない約束でした。
そして、彼女にとっては行方不明の息子もその後に生まれた双子ジャンヌとシモンも、
みんな愛する子供たちだったのです。
それを改めて悟った時、彼女は自分の人生を本当に愛せたのではないかと感じました。

でも、憎しみを愛で包み込むようなその愛は、ナワルが母だからこその愛なのだろうなと思いました。
そんな気が遠くなるような深い愛を、残された子供たちはどんなふうに受け止めていくのかなと
しばらく考えてしまった1本です。

hitsuji_INCENDIES.jpg

監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ 出演:ルブナ・アザバル メリッサ・デゾルモー=プーラン マキシム・ゴーデット レミー・ジラール
2010年 カナダ/フランス 原題:INCENDIES
(20120117)

公式サイトはこちらへ http://shakunetsu-movie.com/

nice!(12)  コメント(16)  トラックバック(8) 

nice! 12

コメント 16

怪しい探麺隊

こんばんは。
ご覧になりましたか....
いまだにもう一度観るか、悩んでいます。
観たからといって何かの答えや結論が見つかるわけでもないのだけれど....
by 怪しい探麺隊 (2012-01-19 01:15) 

つむじかぜ

衝撃作ですよね。
しかも、東洋人には理解しにくいモチーフやテーマも隠されていて難解!
世界観が広がった作品でした。

by つむじかぜ (2012-01-19 01:29) 

non_0101

怪しい探麺隊さんへ
こんにちは。チャレンジしてきました~
いろいろ感じる作品でした。
いろいろ分かりにくいところもあったのでもう一度観たくもなるし、
でも観るのはきついなと思う作品ですよね。
私はとりあえず、パンフレットを読んでいます☆
by non_0101 (2012-01-19 08:38) 

non_0101

つむじかぜさんへ
こんにちは。nice&コメントをありがとうございました!
> 世界観が広がった作品でした。
まさしくそんな感じでした。
観終わった後にしばらくいろいろと考えさせられそうな作品でした☆
by non_0101 (2012-01-19 08:43) 

バラサ☆バラサ

感動作と思いきや、強烈なダメージを受ける作品でした。

何も手紙を渡せという、回りくどい形で真実を知らせなくても。

いや寧ろ、何も知らせない方が良かったのでないかと。

その辺の感情は、なかなか理解できませんでした。
by バラサ☆バラサ (2012-01-19 16:45) 

non_0101

nikiさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2012-01-19 19:54) 

non_0101

バラサ☆バラサさんへ
こんばんは。nice&コメントをありがとうございました!
これから生きていく子供たちにとっては、あまりにも辛い真実でした(T_T)
彼らの気持ちを考えたら、本当に知らない方が生きやすかったかも。
母の複雑で奥の深い愛を彼らが受け止められるのはいつになるのだろうかと
しばらく考えてしまいました☆
by non_0101 (2012-01-19 19:59) 

non_0101

あいか5drrさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2012-01-20 08:57) 

non_0101

k_igaさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2012-01-20 08:58) 

non_0101

hana2011さんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2012-01-20 08:58) 

non_0101

beamuseさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2012-01-20 08:58) 

non_0101

alba0101さんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2012-01-27 23:21) 

non_0101

そらさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2012-01-27 23:21) 

non_0101

YaCoHaさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2012-01-27 23:22) 

non_0101

なぎ猫さんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2012-01-27 23:22) 

non_0101

たんたんたぬきさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2012-04-03 08:45) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 8