So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

マイウェイ 12,000キロの真実 [ま行]

オダギリジョーとチャン・ドンゴン主演の戦争ドラマです。
この二人の主演でどんな映画になるのだろうかと気になっていました。
3つの国の軍人として戦った男の物語が壮大なスケールで描かれていました。

資料として残っていた1枚の写真をもとに創られた物語はとても過酷でした。

1930年代から終戦後までの間、日本軍、ロシア軍、そしてドイツ軍として戦った男たちの姿を描いた物語です。
軍人の家の子として生まれ、医者の父と共に韓国に移住してきた長谷川辰雄(オダギリジョー)と
長谷川家の使用人の息子キム・ジュンシク(チャン・ドンゴン)。
二人には同じ年頃で足が速いという共通点がありました。
お互いの実力を認め合う二人はマラソンランナーのライバルとして青春時代を過ごしてきましたが、
時代は次第に戦争へと向かっていきます。

その後、無理やり日本軍に徴兵されたジュンシクは中国北部でロシア軍と戦っている時に、
大佐となって軍を率いる辰雄と再会します。
辰雄の言動はかなり狂気に満ちています。
彼は死んでも退却するなと言い、死こそが名誉だと信じています。
でも、その狂信的な彼の勢いでも軍事力で圧倒するロシア軍には破れ果てます。
そして彼らは極寒のロシアで強制労働を課せられ、その挙句に兵士が不足してきたロシア軍に入れられます。

そのロシア軍で辰雄やジュンシクが見たのは戦争が狂わせた軍人の姿です。
辰雄はロシア軍の上官に過去の自分の姿を、ジュンシクはかけがえのない親友が銃弾の中へと
突き進んでいく姿を見ます。
軍事教育や戦争が起こした狂気にどれだけ自分たちが囚われているかを思い知った時、
彼らの心には生きて故郷へ帰ることしかありませんでした。

それにしても、戦争シーンはやっぱりハードでした~ 凄かったです(T_T)
また、戦争状態が人間にもたらす狂気には圧倒されました。
その狂気を体現していたオダギリジョーさんや山本太郎さんの演技は、うわーっという感じでした。
それくらい憎々しい役で、上手かったです^^;
それだけに、狂気が去った後の自然な姿の辰雄との落差には、改めて教育の歪みや戦争の怖さを感じました。

前半の日本軍のひどさは凄かったですけど、その後の展開を観てなるほどなと感じました。
この主人公たちのように、みんなが真実を見極めて変わっていけたらなと感じた1本です。

hitsuji_MY-WAY.jpg

監督:カン・ジェギュ 出演:オダギリジョー チャン・ドンゴン ファン・ビンビン キム・イングォン キム・ヒウォン オ・テギョン キム・シフ チョン・ホジン 山本太郎 浜田学 佐野史郎 鶴見辰吾 夏八木勲
2011年 韓国 原題:MY WAY
(20120105)

公式サイトはこちらへ http://myway-movie.com/

追伸
この映画は試写会で観ました。公開は1月14日以降の予定です。


nice!(22)  コメント(36)  トラックバック(15) 

nice! 22

コメント 36

non_0101

マチャさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2012-01-06 21:47) 

non_0101

まぁくんさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2012-01-06 21:54) 

そら

過酷な仕上がりの映画なのですね。
観ていて辛くなるのかもしれませんけど、美しくカッコよく作られた戦争映画は苦手なのです。
戦争は美しくもカッコよくもなくて、人間ですもんね。
帰りたいし、生きたいに決まってます。
とても観てみたい映画です。
by そら (2012-01-07 09:37) 

hana2011

こんばんは。
すっかり遅ればせながら…新年おめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願い致します。

この映画は、オダギリジョー&その内容から、とても気になっていたものです。
他にも日本の俳優さんが沢山出ているのですね。
お書きになられている事柄からも、興味は尽きません。
by hana2011 (2012-01-07 19:14) 

non_0101

そらさんへ
こんばんは。nice&コメントをありがとうございました!
戦争や収容所のシーンは本当にハードでした(T_T)
それだけにその場を支配していた狂気の怖さも伝わって来ました。
特に前半は観ていて辛いシーンばかりでしたけど、
その分、後半の展開にはいろいろな想いを感じました。
機会がありましたら、元気な時にチャレンジしてみてくださいね☆
by non_0101 (2012-01-07 23:33) 

non_0101

hana2011さんへ
あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。
nice&コメントをありがとうございました!

日本からもいい役者さんが出ていました。
特に山本太郎さんの意地悪上官はめちゃくちゃ憎たらしくて、
本当に上手かったです(^^ゞ
内容も長さも見応えのある作品でしたので、
機会がありましたらチャレンジしてみてくださいね☆
by non_0101 (2012-01-07 23:38) 

non_0101

あいか5drrさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2012-01-07 23:40) 

non_0101

ハマコウさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2012-01-07 23:40) 

non_0101

えーちゃんaaaさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2012-01-07 23:41) 

non_0101

k_igaさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2012-01-07 23:41) 

non_0101

yonta*さんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2012-01-07 23:41) 

non_0101

Ritaさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2012-01-07 23:41) 

non_0101

nikiさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2012-01-07 23:41) 

non_0101

モカソフトさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2012-01-07 23:42) 

non_0101

beamuseさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2012-01-07 23:42) 

non_0101

みぃにゃんさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2012-01-07 23:42) 

non_0101

alba0101さんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2012-01-07 23:43) 

たいちさん

極限の戦争心理を描いた凄い映画ですね。機会あれば観たいですね。
by たいちさん (2012-01-07 23:57) 

non_0101

たいちさんへ
こんばんは。nice&コメントをありがとうございました!
さすがは韓国の戦争映画という感じの迫力でした~
俳優たちの演技も見応えがありました。
機会がありましたら、チャレンジしてみてくださいね☆
by non_0101 (2012-01-08 00:26) 

non_0101

song4uさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2012-01-08 13:40) 

なぎ猫

チャン・ドンゴンというと、ついつい「アナタガスキダカラ〜」を思い出してしまう私です。多分、見に行きます。
by なぎ猫 (2012-01-11 20:41) 

non_0101

つむじかぜさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2012-01-12 00:03) 

non_0101

なぎ猫さんへ
こんばんは。nice&コメントをありがとうございました!
いろいろ突っ込みどころはありますけど、主演の二人の演技に引き込まれました。
何と言っても戦争のシーンは韓国映画らしいハードさです。
大きなスクリーンでチャレンジしてみてくださいね☆
by non_0101 (2012-01-12 00:06) 

よっこ

この映画はほとんど日本語ですか?
by よっこ (2012-01-12 06:55) 

non_0101

よっこさんへ
こんにちは。シーンによって中国語もロシア語もドイツ語も出て来ましたけど、
全体的には日本語と韓国語の率が高かったです☆
by non_0101 (2012-01-12 08:32) 

よっこ

日本語の場面は当然字幕無しですよね?
耳が不自由なので日本語率が一番高いのなら見るのやめようと思っています、
by よっこ (2012-01-13 06:03) 

non_0101

よっこさんへ
こんにちは。そうですね、日本語の部分は字幕が無かったと思います。
チャン・ドンゴンもわりと日本語を話すシーンがありましたし、
日本語と韓国語のシーンの割合はどちらとも言い難いですけど、
やっぱり日本語の方が多かった印象があります☆
by non_0101 (2012-01-13 08:36) 

ひろりん

今日見てきました
戦争の恐ろしさを感じさせられました
あの状況におかれた自分を想像しました
シベリアの強制労働 アントンが憎々しかったですがなんとあのアントンが死んで行くときに  なぜか涙が出てきました 生きていくために仕方なかったんだ と
人間を狂わせ 変えていく戦争の恐ろしさ 本当に怖かったです

映画自体にはドイツ軍の戦車のリアリティのなさ CGを多用したノルマンジー戦線に少しがっかりしましたが大変考えさせられた映画でした
by ひろりん (2012-01-14 21:00) 

non_0101

ひろりんさんへ
こんばんは。ご訪問&コメントをありがとうございました!
アントンの変化はとても強烈でしたね~
彼や辰雄が体現していた戦争の狂気に圧倒されました。
あんなふうに変わってしまうなんて怖いですよね(T_T)
やっぱり突っ込みどころはいろいろあるのですけど、
私も観終わった後にいろいろと考えてしまいました☆
by non_0101 (2012-01-14 21:28) 

non_0101

artfuldodgerさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2012-01-14 21:29) 

ねじまき鳥

鶴見しんごが切腹させられるシーンがありましたが、江戸時代ではあるまいし、さすがに陸軍ではあんなことはありえないですね。さすが韓国人が作った映画だと醒めたしまいました。
by ねじまき鳥 (2012-01-15 15:11) 

non_0101

ねじまき鳥さんへ
こんばんは。nice&コメントをありがとうございました!
あのシチュエーションでの切腹はやっぱり変ですよね(^^ゞ
撤退時や終戦時に切腹した軍人さんがいたりしたので、それをまねたのかも知れませんね。
やっぱり外国の人にとっては、切腹って凄いインパクトなのでしょうね☆
by non_0101 (2012-01-15 18:39) 

きさ

戦闘シーンは迫力があって凄かったです。特にノルマンディー上陸作戦。
前半のノモンハン事件、中盤の独ソ戦も史実に近い戦車を登場させたり、迫力があります。
撮影は大変だったでしょうね。
お話は特に前半は無理が多いと思いました。鶴見辰吾のハラキリはねえ。
ノモンハン事件にも朝鮮出身の兵は参加していないそうですし。
オダギリジョーは前半は完全に悪役でした。
日本の俳優陣もなかなか良くて、山本太郎が憎たらしい日本兵を好演していました。
by きさ (2012-02-09 19:23) 

non_0101

きささんへ
こんばんは。nice&コメントをありがとうございました!
戦闘シーンの迫力は本当に凄かったですね~
観ていてかなりしんどかったです^_^;
見応えは十分でした~
山本太郎さんの演じたキャラクターも見事でしたね。
主人公たちの次に印象に残りました☆
by non_0101 (2012-02-09 22:48) 

通りすがり

最後にノルマンディー上陸作戦がありましたが。ノルマンディー上陸作戦において連合軍による爆撃は悪天候により大外れだったらしいです。あと連合軍が昼間に空挺降下してましたが、それは前の日の夜のことです。
探せば探すほど矛盾してきます。
by 通りすがり (2012-11-19 18:32) 

non_0101

通りすがりさんへ
こんにちは。細かいところを見ると、それはないかもと思えるところは色々ありましたね~
観ていて嫌だなあというところもありましたし^^;
それも含めての作品なのでしょうね☆
by non_0101 (2012-11-20 08:39) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 15