So-net無料ブログ作成

あしたのパスタはアルデンテ [あ]

イタリアの小さな町を舞台に、それぞれの愛に悩む一家の姿を描いた作品です。
予告編を観て、久々にイタリア映画も面白そうだなと楽しみにしていました。
愛と家族の狭間で揺れる想いを切なくも優しく描いている物語でした。

家を出てローマで暮らしていたトンマーゾ(リッカルド・スカマルチョ)が帰郷した。
パスタの生産と販売を手がけている実家の家業に関して兄アントニオ(アレッサンドロ・プレツィオージ)と
弟トンマーゾのサインが必要になったのだ。
だが、大学は経営学と偽って文学部へ行ったトンマーゾは、
現在も家族には内緒で小説家を目指していた上に、同性愛者であることを隠していた。
この際、家業は父を手伝って経営を助けているアントニオに任せて、
自分は家から開放されたいと考えたトンマーゾは兄に自分のことを話し、
食事会の席で家族にカミングアウトをしようと心に決める。
しかし、食事会でトンマーゾが話そうと注目を集めたところ、いきなりその場を兄が奪い取り、
兄自身が同性愛者であることをカミングアウトしてしまった…

誰もが心の中に想い出として秘めているような実らぬ恋や愛への強い想いが伝わって来ました。

イタリアのある家族の物語です。
登場するのは祖母と両親&叔母、アントニオとトンマーゾ兄弟と結婚して家を出た妹一家、
そして共同経営者となった男の娘アルバ(ニコール・グリマウド)です。
一家は祖母の時代にパスタの製造・販売を始めました。
最初は家内工業の家族総出で手作りという感じだったのですけど、今では工場も大きくなり
一企業の経営一家になっています。

父は無類の女好きなので、カミングアウトした兄の気持ちは父にはさっぱり理解できません。
その会食の場ですぐに「出ていけ」と怒鳴り、倒れて入院してしまいます。
困ったのは弟のトンマーゾです。
兄に先を越され、父にはお前しかいないと頼りにされ、面白くもない経営に携わっていきます。
そして、事態は膠着したまま動けなくなっていきました。

それにしても、予想以上に切ない物語でした。
メインは家のごたごたなのですけど、登場人物たちの多くが実らなかった愛への想いを抱えています。
愛する人を諦めて結婚した祖母。
駆け落ちするほど愛していたのに、相手に愛されなかった叔母。
カミングアウトできないうちに最愛の人と心がすれ違ってしまった兄アントニオ。
そして、自分の気持ちが届かないと分かっていても恋をしてしまったアルバ。
それぞれの強い想いがスクリーンからまっすぐに伝わって来ました。

美しいラストシーンを観ながら、いつか彼らの想いが届きますようにと願っていました。
観終わった時、切ないけれど素敵な映画に出会えて良かったと思った1本です。

hitsuji_MINE-VAGANTI.jpg

監督:フェルザン・オズペテク 出演:リッカルド・スカマルチョ アレッサンドロ・プレツィオージ エンニオ・ファンタスティキーニ ニコール・グリマウド ルネッタ・サヴィーノ イラリア・オッキーニ
2010年 イタリア 原題:MINE VAGANTI
(20110901)

公式サイトはこちらへ http://www.cetera.co.jp/aldente/

nice!(22)  コメント(28)  トラックバック(4) 
共通テーマ:映画

nice! 22

コメント 28

non_0101

nikiさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2011-09-02 20:48) 

non_0101

Ritaさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2011-09-02 20:49) 

怪しい探麺隊

こんばんは。
私が観たいなぁ...どうしようかなぁ...なんて考えていると、ほぼ、例外なく先を越されています。
いま、結構面白そうなの多くて、時間のやり繰りと家族の冷たい視線をどうかわすか...大変なんです。
by 怪しい探麺隊 (2011-09-03 01:45) 

non_0101

怪しい探麺隊さんへ
こんにちは。nice&コメントをありがとうございました!
映画好きな友達がいると、つい観に行く機会が増えてしまいます(^^ゞ
これから夏休み映画が終わると、また見応えのある作品が増えてきますよね。
ぜひ、時間をやり繰りして観たい映画を制覇してくださいね☆
by non_0101 (2011-09-03 11:17) 

non_0101

想也さんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2011-09-03 11:23) 

non_0101

nyonyoさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2011-09-03 11:23) 

non_0101

マチャさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2011-09-03 11:24) 

non_0101

alba0101さんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2011-09-03 11:24) 

そら

イタリア映画ってとっさに思いつかなくて・・・。
でもこれはとっても優しげで大切な物を余韻に残してくれそうです。
秋からの始まりの素敵な一本になりそうです!
by そら (2011-09-03 19:52) 

たいちさん

ゲイは、ちょっと抵抗感ありますね。しかしコメディとして、覗いてみたい気もしますね。
by たいちさん (2011-09-03 23:34) 

non_0101

そらさんへ
こんばんは。nice&コメントをありがとうございました!
私もイタリア映画はあまり観ていません~
一番に思い浮かぶのは「ニュー・シネマ・パラダイス」でしょうか(^^ゞ
今作はイタリア映画ですけど、普遍的な家族や愛の物語ですので
あまり国を考えずに観られました。
機会がありましたら、チャレンジしてみてくださいね☆
by non_0101 (2011-09-03 23:42) 

non_0101

たいちさんへ
こんばんは。nice&コメントをありがとうございました!
特に男の人には抵抗のある設定かも知れませんね。
主人公のお父さんにも、かなりキツかったようです^_^;
お父さんが世間の目を気にするシーンとかは悲哀を感じました☆
by non_0101 (2011-09-03 23:48) 

non_0101

beamuseさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2011-09-03 23:49) 

non_0101

rebeccaさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2011-09-03 23:49) 

non_0101

あいか5drrさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2011-09-03 23:50) 

non_0101

タッチおじさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2011-09-03 23:50) 

non_0101

ブラザーボブかきもとさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2011-09-03 23:51) 

non_0101

nanamamaさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2011-09-03 23:51) 

non_0101

k_igaさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2011-09-04 10:41) 

non_0101

yu-papaさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2011-09-04 13:54) 

non_0101

yonta*さんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2011-09-05 20:59) 

non_0101

月夜空さんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2011-09-05 20:59) 

non_0101

munesueさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2011-09-11 11:49) 

KLY

いい話でした。
地味な作品なんであまり注目されていないけど掘り出し物
の作品だと思います。
長男がねーハンサムくんだなぁって思ったら、そうそう『副王家の一族』
の方なんですよね^^
by KLY (2011-09-11 19:14) 

non_0101

KLYさんへ
こんばんは。コメント&TBをありがとうございました!
あまり予備知識無く、コミカルな家族ものみたいな印象を持っていたので、
予想以上に切なくて心に残る作品でした。
私も長男の人を観たことがある!と思って、帰宅した後に調べました(^^ゞ
『副王家の一族』の人でしたね☆
by non_0101 (2011-09-11 23:40) 

きさ

とても面白かったです。
コメディなんですが、無理な笑いではなく淡々としている所が良かったです。
俳優さんはみんな好演。
主人公の悩み、兄の苦悩、祖母の過去、それぞれの人物がとても魅力的に描かれていました。

祖母の決断は哀しいですが、ラストの祝祭はとてもよかったです。
久々にイタリア映画らしい映画を見たという気がしました。
ヒロイン、ニコールがきれいですね。ちょっと鈴木紗理奈に似てます。
邦題は見終わった後は合って無くもないですが、いまいちかな。
軽そうな感じがしますが、重い話を笑いにつつんだいい物語でした。

by きさ (2011-09-12 05:24) 

non_0101

きささんへ
こんにちは。nice&コメントをありがとうございました!
もっと軽い話だと思っていたので、予想以上の切なさが胸に残りました。
俳優さんはみなさん良かったですよね。
またラストシーンは本当に美しかったです。
劇場で見ることが出来て良かったです☆
by non_0101 (2011-09-12 08:43) 

non_0101

なぎ猫さんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2011-09-16 21:44) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 4

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。