So-net無料ブログ作成

マイ・バック・ページ [ま行]

1969年からの数年間を舞台に学生闘争に巻き込まれていく新聞記者を描いた、
妻夫木聡&松山ケンイチ主演の人間ドラマです。
重そうだな… だけど気になるな…と、やっぱりチャレンジしてみました。
学生闘争に魅せられた若者と、彼に動かされる人々の姿に
あの時代は何だったのだろうなと考えさせられるような作品でした。

1969年の安田講堂の闘争でピークを迎えた学生運動は、次第に収束へと向かっていた。
新聞社の雑誌記者として学生たちを見つめていた沢田(妻夫木聡)は、自分が何も出来ずに
取材側に回っていることに虚しさを感じていた。
そんなある日、先輩記者の中平(古舘寛治)に付いて行った彼は
左翼思想家を名乗る学生・梅山(松山ケンイチ)と出会う。
梅山は言葉巧みに語り、自分のやりたいことを嬉しそうに話していた。
中平はそんな梅山に怪しさを感じたが、沢田は疑いながらも梅山の言動に次第に惹かれていく。
そして、とうとう梅山が過激な行動に出る日が来た…

二人の主人公はそれぞれ何を目指していたのだろうかと考えてしまいました。

1960年代の後半から1970年代にかけての日本が大きく動いていた時代を生きた二人の青年の物語です。
一人は雑誌記者の沢田、もう一人は学生運動家の梅山です。
沢田は自分の伝える記事にどんなことをどんな言葉を使って書いていくかを悩みながら日々を過ごしています。
一方の梅山は自分の考えに同意してくれる学生たちと共に、派手な学生運動を繰り広げようと考えていました。

そんな中で、二人は出会います。
カリスマ性を持って熱く語る梅山に、沢田は梅山に惹かれると共に、
彼を追ってスクープを取りたいと考えます。
また、梅山はマスコミを利用して自分の行動の正当化と宣伝を行ないたいと考えます。
二人の思惑が絡み合った時、次第に梅山の本当の顔が見えてきました。

それにしても、熱い時代でしたね。
語られる言葉の熱さに、やっぱり今の日本とは違うなと感じました。
純粋に信念を持つこと。運動家となって自分の目的を達すること。
そんなふうに真っ直ぐに生きようとしている主人公たちはスクリーンに輝いてるように見えました。
そして、そんな沢田と梅山を演じた妻夫木さんと松山さんの姿はそれぞれのキャラクターにぴったりで
その時代を自分なりに生きようとした若者たちの姿を体現していました。

様々な想いが重くうごめく時代の中で、二人はこういうふうにしか生きられなかったのだなと感じました。
映画館を出た時、久々に外の空気がほっと感じるような作品だったなと思った1本です。

hitsuji_my-back-page.jpg

監督:山下敦弘 出演:妻夫木聡 松山ケンイチ 中村蒼 石橋杏奈 韓英恵 忽那汐里 古舘寛治 中野英樹 松浦祐也
2011年 日本
(20110604)

公式サイトはこちらへ http://mbp-movie.com/


nice!(19)  コメント(28)  トラックバック(7) 
共通テーマ:映画

nice! 19

コメント 28

きさ

主演二人とも好演していました。
特になんとも嫌な役を演じる松山ケンイチが相変わらずうまい。
山下敦弘監督は『リンダ リンダ リンダ』と同じく、ドラマチックさを避けた演出をしています。
そのせいもあってちょっと長く感じたかな。
忽那汐里がいいですし、脇役もみないいですね。
あがた森魚は面影なかったですが。

原作はかなり前に読みました。川本三郎の映画評は好きだったので、若い頃にこんな事件に遭遇していたという事に驚きました。
映画は原作の最後の方をかなり忠実に描いています。
ただ、映画だけで事件の経緯が分かるのかな?
個人的にはこのもう少し後のさらに退潮した学生運動を知ってはいますが、どうにも馴染めなかったです。
それ以来「運動」というものにはかなり強い不信感があります。

監督、脚本家もこの頃を知らないそうなので、あの時代を知らない人が単純に二人の男の出会いの映画として見た方がいいかもしれません。
日本映画にしてはクラシックな車とか時代の再現の美術にかなり力が入っていました。
それだけでも一見の価値はあると思います。

by きさ (2011-06-04 23:09) 

non_0101

きささんへ
こんばんは。nice&コメントをありがとうございました!
役者が揃っていましたね~
当時の世界にすっかり入り込みました。
美術も時代の違和感を感じさせないもので良かったです。
原作に沿った展開なのですね。
いつか原作にもチャレンジしてみたいです☆
by non_0101 (2011-06-05 00:12) 

non_0101

nagapenangさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2011-06-05 00:14) 

KLY

学生運動を知らない私ですが、当時の雰囲気が良く伝わってくる
作品でした。あんまり学生運動そのものがテーマになってなくて、
2人の若者の葛藤に焦点をあてているからでしょうか、きっと現代
にも通じるところがあるのだと思います。
にしても、松ケンうまいですねぇ。ほんっと最低野郎だなと思いま
したもん(笑)
by KLY (2011-06-05 00:59) 

non_0101

KLYさんへ
こんにちは。コメント&TBをありがとうございました!
梅山みたいな人は、現代だったら学生運動ではなくて
何か別の道で有名になろうと考えただろうなと感じました。
松山ケンイチさん上手かったですね~
信じたくなってしまうのも分かります(^^ゞ
by non_0101 (2011-06-05 08:41) 

non_0101

りぼんさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2011-06-05 08:41) 

月夜空

おはようございます^^
この時代のものは、心して観ないとと身構えてしまいます。
松山ケンイチさんは、今年はジョニー・デップくらい映画づめですね^^
by 月夜空 (2011-06-05 08:49) 

non_0101

月夜空さんへ
おはようございます。nice&コメントをありがとうございました!
難しくは無くて観やすい作品でしたけど、
劇場を出た時は、やっぱりほっとしました(^^ゞ
松山ケンイチさんの今後の作品の中では「うさぎドロップ」を
楽しみにしています。
来年は大河ですものね~ 頑張って欲しいですね☆
by non_0101 (2011-06-05 09:32) 

non_0101

こさぴーさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2011-06-05 09:50) 

yu-papa

「抹茶の町から」へのご訪問、
         有り難うございました^^
by yu-papa (2011-06-05 20:08) 

non_0101

yu-papaさんへ
こんばんは。nice&コメントをありがとうございます!
こちらこそ、いつもご訪問いただきありがとうございます☆
by non_0101 (2011-06-05 22:16) 

non_0101

k_igaさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2011-06-05 22:17) 

non_0101

stargazerさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2011-06-05 22:17) 

non_0101

@ミックさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2011-06-05 22:18) 

non_0101

コトキャンさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2011-06-05 22:19) 

non_0101

たまごさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2011-06-05 22:23) 

non_0101

つむじかぜさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2011-06-05 22:23) 

non_0101

タッチおじさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2011-06-05 22:31) 

たいちさん

日本の国自体が、子供から大人に脱皮する時期(時代)でしたね。最近の若者の情熱とは異質ですね。主役二人の競演は見応えあるでしょうね。
by たいちさん (2011-06-06 12:33) 

non_0101

そらさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2011-06-06 23:56) 

non_0101

たいちさんへ
こんばんは。nice&コメントをありがとうございました!
二人の演技は見ごたえがありました~
どちらも素晴らしかったです(^^)
最近の若者とは随分と雰囲気が違いますよね。
途中、やっぱり違うなと思いながら観ていました☆
by non_0101 (2011-06-07 00:00) 

non_0101

beamuseさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2011-06-07 00:01) 

なぎ猫

いい映画でしたね。これくらいの年齢の若者の、繊細さを描かせたらぴか一の監督ですね。私はこの方にノルウェイの森を監督してほしかった。ちょっとマツケンが太ってるのが気になったけど。
by なぎ猫 (2011-06-08 21:53) 

non_0101

なぎ猫さんへ
こんばんは。nice&コメントをありがとうございました!
見応えがありましたね~
何とも言えない重さをどーんと感じる作品でした。
やっぱりこの時代をきちんと伝えられるのは日本人の監督さんですよね。
この時代特有の行動とか考え方を、映画を観ながら再認識した気がしました☆
by non_0101 (2011-06-09 00:08) 

キキ

こんにちは。
とても面白かったです。
松ケンは嫌な奴役、上手かったですし
対照的な妻夫木くんも適役でした。

この映画、一緒に観たいという友人の都合で時間を合わせていたら
上映回数が一日一回になっていてびっくりしました。
もう上映が終わりそうです。
by キキ (2011-06-16 20:12) 

non_0101

キキさんへ
こんにちは。nice&コメントをありがとうございました!
面白かったですね。そして、ちょっと重かったです~
知っているようであまり知らなかった時代をじっくりと感じさせてくれる作品でした。
そうそう、私も2週目から昼間だけになってしまったので、
あわてて週末に見てきました(^^ゞ
by non_0101 (2011-06-17 08:58) 

cs

時代の空気に無意識になのか後押しされるように生きている二人、というキャラクターは確かに重苦しい感じもありました。
ある意味では、建前をまっすぐにとらえて、その思いのままに進んでいる若者の姿って、ただ滑稽な訳じゃないんですよね。
ふと宮崎あおいちゃんと小出恵介くんの「初恋」を思い出していました。
少なくとも、現在が失ってしまっている熱さのようなものはその空気の中に確実にあったように思えますし、実際自分たちはその恩恵の上に生きている側面もやっぱりあるんだと思います。
観終えて、だんだん考えることが浮かんでくる、そんな作品になりました。
by cs (2011-08-28 17:50) 

non_0101

csさんへ
こんばんは。nice&コメントをありがとうございました!
> 時代の空気に無意識になのか後押しされるように生きている
まさにそういう主人公たちでした。
こういう時代があったのだなと思うのと同時に、この時代に生きることの難しさを感じて
ちょっとやるせない思いになりました。
本当に観終わった後もいろいろ考えさせられる作品ですよね☆
by non_0101 (2011-08-28 23:03) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 7