So-net無料ブログ作成

阪急電車 片道15分の奇跡 [は行]

有川浩著の同名小説を映画化した群像ドラマです。
原作は読んでいたので、この物語をどんなふうに映画化するのかなと楽しみにしていました。
多くの人物のほとんどを登場させながら、それぞれにまつわる物語を温かく伝えてくれる作品でした。

観終わった時、とても優しい気持ちになりました~

阪急今津線の電車で出会った人々の心のふれ合いを描いた作品です。
私は関西には修学旅行の京都&奈良しか行ったことが無く、大阪や神戸には足を踏み入れたことも無いくらい
関西には疎いので、実は本を読んでいても町の雰囲気はあまり分かっていませんでした。
映像を観てようやく町の居心地の良さを理解できました(^^ゞ

登場人物は多いです。
まず登場するのが婚約者を寝取られたOL・翔子(中谷美紀)。
彼女は恨みを晴らすために、二人の結婚式に白いドレスで乗り込みました。
その帰りに電車の中で、孫娘(芦田愛菜)を連れた時江おばあさん(宮本信子)と出会います。
その出会いで彼女は人生を変えるきっかけを見つけることが出来ました。

大学生のミサ(戸田恵梨香)は同じ大学でハンサムなカツヤ(小柳友)と付き合い始めます。
デートしていても人から羨まれるようなカツヤにすっかり夢中になった彼女ですけど、
カツヤは次第に本性を現して暴力を振るうようになります。
二人で出かけた電車の中でも、カツヤは些細なことで急に怒って騒ぎ出すと、
ホームで彼女を強く突き放すと去ってしまいました。
膝を擦りむいたミサを助けた時江おばあさんは、彼女に一言だけ言うと去って行きます。
その一言でミサの心は揺れ始めました。

メインのこの二人以外にも、故郷から離れて大学へ入学したものの馴染めないまま過ごしていた
圭一(勝地涼)と美帆(谷村美月)の物語や
地元の関西学院大学に憧れる女子高生と彼女の恋人である社会人の青年の物語、
息子の学校のPTA仲間に馴染めなくて苦労している主婦(南果歩)の物語、
そして、学校の友達に仲間外れにされて泣きそうになっている少女の物語など
様々な人間関係に悩んでいる人々の物語が綴られていました。

それにしても、心が暖かくなる作品でした。
悲しみや苦しみを経験しても、心を切り替えて乗り越えていくと
彼女たちにちょっとだけ幸せがやってきます。
そのきっかけを作ってくれたのが、電車ですれ違った人たちとのささやかなふれ合いなのです。
都会では電車の中の他人を全く無視しないと乗って行くことが出来ないくらいですけど、
この電車では人の表情が見られる距離で乗ることが出来るのですね。
それはちょっと羨ましいなと思いました。
そして、切り替えて前に進もうとする彼女たちの後ろ姿を応援したくなりました。

人の優しさと強さ信じたくなるような作品でした。
台詞のひとつひとつが心に沁みました。
観終わった時、少しだけ心が強くなれるような気がした1本です。

hitsuji_hankyu-densya.jpg

監督:三宅喜重 出演:中谷美紀 戸田恵梨香 宮本信子 芦田愛菜 南果歩 谷村美月 有村架純 勝地涼 玉山鉄二 小柳友
2011年 日本
(20110429)

→公式サイトはこちらへ http://hankyudensha-movie.com/


nice!(19)  コメント(35)  トラックバック(22) 
共通テーマ:映画

nice! 19

コメント 35

たいちさん

私は高校・大学の7年間、阪急今津戦に乗って通学していました。この映画の撮影現場にもなった、関西大学ではなく、関西学院大学です。なので是非観たいと思っている映画です。
by たいちさん (2011-04-30 00:49) 

non_0101

たいちさんへ
こんにちは。nice&コメントをありがとうございました!
思いっきり地元なのですね(^^)
この電車をご存知だと、もっと理解できる物語だろうなと感じます。
あの大学は関西学院大学なのですね!
ぜひ、スクリーンで楽しんでくださいね☆
by non_0101 (2011-04-30 08:47) 

non_0101

りぼんさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2011-04-30 08:49) 

coco030705

こんばんは。
よさそうな作品ですね。こういう優しい気持ちになれる映画が今観たいです。
ところで関西学院大学(かんせいがくいんだいがく)ですが、私の母校です。いい大学でした。関西大学(かんさいだいがく)というのもあります。
これはフィギアスケートの高橋君、織田君の出身校です。名前が似ているので、他府県の人によく間違えられます。(笑)
阪急沿線は私がいつも利用している電車なのですよ。ぜひ映画もみなくては。
by coco030705 (2011-04-30 21:25) 

non_0101

cocoさんへ
こんばんは。nice&コメントをありがとうございました!
cocoさんも地元の人なのですね!
居心地の良さそうな町と鉄道でした~
大学はすみません!全く区別がついていませんでしたm(__)m

映画は良かったです~!かなり泣かされました。
原作も良かったですけど、映画もいいですね(^^)
人間や自分の力を信じたくなるような、元気を貰える作品でした。
ぜひ、チャレンジしてみてくださいね☆
by non_0101 (2011-04-30 22:08) 

non_0101

yonta*さんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2011-04-30 22:10) 

non_0101

マチャさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2011-04-30 22:10) 

non_0101

yu-papaさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2011-04-30 22:11) 

non_0101

erucatさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2011-05-01 11:23) 

non_0101

そらさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2011-05-01 11:24) 

non_0101

artfuldodgerさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2011-05-01 23:00) 

non_0101

きささんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2011-05-01 23:00) 

きさ

有川浩の原作も読んでいますが、映画も非常に良かったです。
実在の阪急今津線を使った撮影は大変だったと思いますが。
細かいエピソードをつないでしっかりラストはカタルシスがあり、楽しかったです。
中谷美紀が美しく、戸田恵梨香は「デスノート」からファンなのですが、本作でもキュート。
谷村美月と勝地涼の大学生のエピソードも良かった。
宮本信子がさすがの演技でした。
阪急今津線、一度乗った事がありますが、もう一度乗りに行きたくなりました。

by きさ (2011-05-02 08:38) 

non_0101

きささんへ
こんにちは。nice&コメントをありがとうございました!
映画も良かったです~
土地勘が全くないままだったので、映画の方がより分りやすかったかも(^^ゞ
そうそう、映画を観るとあの電車に乗りたくなりますよね!
今読んでいる本を読み終えたら、また原作を読んでみたくなりました☆
by non_0101 (2011-05-02 12:43) 

non_0101

タッチおじさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2011-05-02 12:54) 

KLY

時江さんの「泣くのはいい。でも、自分の意思で涙を止め られる女になりなさい。」って原作にはないセリフだそうですね。
それを聞いて映画が益々好きになりました。
宮本信子さん演じる時江さんなら言っても自然だし、それだけの品格を
備えてると思うんですよね。ほんと素敵な映画でした。
by KLY (2011-05-04 00:48) 

non_0101

KLYさんへ
こんにちは。コメント&TBをありがとうございました!
「泣くのはいい」の台詞はカッコいいですよね~
私も頷いていました(^^ゞ
宮本信子さんの存在感が作品を包んでいましたね。
こういう邦画に出会うと嬉しいです☆
by non_0101 (2011-05-04 09:06) 

non_0101

chihoさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2011-05-04 10:11) 

バラサ☆バラサ

普段、不機嫌さ200%で電車に乗っていますが、穏やかに親切にしようと反省する作品でした。

他人の子供に説教できるような人間になりたいです。穏やかとは違うか。


by バラサ☆バラサ (2011-05-05 01:49) 

non_0101

バラサ☆バラサさんへ
こんにちは。nice&コメントをありがとうございました!
“穏やかに親切に”できる余裕が欲しいです~
特に通勤電車ではつい意識を遠くに飛ばしてしまいます(^^ゞ
by non_0101 (2011-05-05 08:40) 

tam

評判いいですよね~
見たいけど、他にも見たいのが多くて悩み中です
以前、阪急電車を使っていたので懐かしいです
by tam (2011-05-06 20:50) 

non_0101

あおいそラのしたさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2011-05-06 21:54) 

non_0101

tamさんへ
こんばんは。原作がいいだけに、映画はどうなるのだろうと
思っていたのですけど、役者が揃っていて見応えがありました。
阪急電車いいですね~
ちょっと乗ってみたくなる作品でした☆
by non_0101 (2011-05-06 21:57) 

コザック

こんにちは。
よかったですね~エピソードも心温まるものばかりでした。
>台詞のひとつひとつが心に沁みました。
時江(宮本信子)の振る舞いやセリフがいちいちよかったです。
好きなこと、いやなことがハッキリしているところが共感できたのなかなぁ
そして、中谷美紀にこういう役やらせたら日本で一番ですね
~度が過ぎる美しさだからこそできる役ですネ(^^)
by コザック (2011-05-07 08:17) 

non_0101

コザックさんへ
こんにちは。nice&コメントをありがとうございました!
宮本信子さんは時江さんのキャラクターがぴったりでしたね。
もう、台詞に素直に頷いてしまいました。
中谷美紀さんも良かったです~
原作を読んでいたので、中谷美紀さんと聞いてすぐに納得でした☆
by non_0101 (2011-05-07 12:48) 

なぎ猫

私、全然知らなかったんですが、原作は人気小説だそうですね。
by なぎ猫 (2011-05-07 21:00) 

coco030705

こんばんは。観てきました!TBさせていただきますね。
by coco030705 (2011-05-07 23:45) 

non_0101

なぎ猫さんへ
こんにちは。nice&コメントをありがとうございました!
原作は文庫本になっていて、サクッと読める作品でした。
映画には入らなかったエピソードもありますので、
機会がありましたらチャレンジしてみてくださいね☆
by non_0101 (2011-05-08 16:23) 

non_0101

cocoさんへ
こんにちは。TBありがとうございます!
後で遊びに行きますね☆
by non_0101 (2011-05-08 16:24) 

beamuse

こんばんは
はじめのシーンでかなりびっくりしましたが、
お節介なおばさんんがいてよかったですね
みんな思いやりがあって心和みました
私的には小学生のシーンがとてもよかったです
by beamuse (2011-05-11 22:26) 

non_0101

beamuseさんへ
こんばんは。nice&コメントをありがとうございました!
あんな心遣いをしてくれる人に出会えたら、人生が変わりますよね。
時江さんの佇まいがあの電車にぴったりでした。
小学生のシーン、良かったですね~
あの子の真っ直ぐに生きようとする背中が印象的でした☆
by non_0101 (2011-05-11 22:36) 

キキ

こんにちは。
原作もかなり前から持っているんですが、映画を見たので
これから読むつもりです。
事件やアクションはなくても感動出来る映画っていいですね。
思いやりの言葉が繋がっていく。
そんな希望が灯る映画でした。
by キキ (2011-05-29 01:19) 

non_0101

キキさんへ
こんにちは。nice&コメントをありがとうございました!
いい映画でしたね~
観終わった時、心がとても優しくなった気がした作品でした。
人を信じたくなるというか、癒されますよね。
原作の方が登場人物が多いので、また新たな感動があるかも知れませんね。
原作を読んだら、また映画が観たくなるかも(^^ゞ
by non_0101 (2011-05-29 19:36) 

cs

自分もこういう路線に馴染みがない、というか関西方面全般に言えることですが、こういうその土地ならではの人と人との距離感って、やっぱりありますよね。
宮本信子さんがなにしろ貫録の存在感でしたが、谷村美月さんの素朴さも印象的でした。
ゆったりした気持ちになれるのがいいですね。
原作も、後追いで読んでみようかと思っています。
by cs (2011-07-03 12:31) 

non_0101

csさんへ
こんばんは。nice&コメントをありがとうございました!
こういう下町っぽい距離感って、もう今ではなかなか見ることが出来ませんよね。
心がほっとする物語でした。
原作には映画に登場しなかったエピソードもありますので、
ぜひチャレンジしてみてくださいね☆
by non_0101 (2011-07-03 20:15) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 22

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。