So-net無料ブログ作成

アメリア 永遠の翼 [あ]

女性で初めて大西洋横断に成功した飛行士アメリア・イヤハートを描いた作品です。
主演のヒラリー・スワンクが今度はどんな演技を見せてくれるのだろうと期待していました。
まるで本人が甦ったような姿に、1920~30年代の世界へと引き込まれていきました。

1928年に大西洋横断に成功し、その後、世界一周に挑んで消息を絶つまでのアメリアの生き様を描いた作品です。
働くのは次へ飛ぶための資金を得るため。そのためには苦手なCMや講演も頑張ります。
彼女は 生きること=飛ぶこと のような人生を送りました。

その中で彼女は生涯のパートナー、ジョージ・パットナム(リチャード・ギア)と出会います。
ジョージはアメリアのビジネス上のパートナーとして、資金集めや準備の計画を立てていきます。
時間が経つにつれ、彼はアメリアを深く愛し、結婚を申し込みます。
それに対するアメリアの反応が興味深かったです。
彼女のジョージへの返事は、自分は飛ぶことを第一に考えているような生活を送っていて普通の結婚生活はできない。
だからもし、彼が幸せではないと感じたらいつでも離婚してくれというものでした。
それはある意味、アメリアの潔い性格から出た誠実さだろうなあと感じました。
そして、彼女が一時、別の人に心を惹かれてもジョージに戻っていったのは、
やはり彼がアメリアを一番理解していると感じたからだろうなあと思いました。

アメリアは大西洋横断の成功後、数々の飛行記録を打ち立てていきます。
そのチャレンジ精神はすごいです。
物語の出だしのチャレンジである大西洋横断飛行の様子を見ても、この時代の設備の飛行機でそれだけの長距離を飛ぶなんて
やっぱり死と隣りあわせだと実感させられます。
それを何度となく実行していくのは何故だろうか、彼女は何に駆り立てられていたのかなあと
ちょっと考えながら観ていました。

それにしても、ヒラリー・スワンクはアメリアそのものですね~
エンドロールに映し出される本人の写真の数々を見ても雰囲気がそっくりです。
特に飛行士姿の写真にはびっくりでした(^^ゞ

二つの世界大戦の暗い時代に、世界的なヒロインとなった彼女の功績を見ていて
やっぱり、多くの人に愛される人はパワーが違うなあと感じました。
いつかもう一度、この時代のことを勉強してから見直してみたいなあと思った1本です。

hitsuji_-AMELIA.jpg

監督:ミーラー・ナーイル 出演:ヒラリー・スワンク リチャード・ギア ユアン・マクレガー クリストファー・エクルストン ミア・ワシコウスカ
2010年 アメリカ/カナダ 原題:AMELIA
(20101127)

→公式サイトはこちらへ http://amelia-movie.com/


nice!(11)  コメント(19)  トラックバック(8) 
共通テーマ:映画

nice! 11

コメント 19

月夜空

壁┃∀`*)ノ゙ こんばんは♪
映画をみて、その時代のこと知りたくなることありますよね^^
by 月夜空 (2010-11-30 22:12) 

KLY

私はアメリアのことを良くは知らないので、知識的にという
意味では面白かったです。
ただ映画的にみると単純に事実の羅列だけだったもので…。
もうちょっとドラマ的に脚色してもいいんじゃない?って思いました。^^;
by KLY (2010-11-30 22:15) 

きさ

見ました。
飛行機映画は好きです。
空撮があるだけで映像は映えますね。
1920年代の複葉機から30年代の航空機まで色々な飛行機が登場します。
なのでそれなりに楽しく見たのですが、映画の出来としてはちょっと。。
アメリア・イヤハートには興味があるのですが、実話を芸なく映画化されても、、という感じですね。
もうちょっと大胆に脚色した方が良かったのではないかと思います。
ヒラリー・スワンクは製作総指揮も兼ねているのですね。
アメリアに思い入れがあるのかな。
映画の最後に実在のアメリアの映像が出ますが、ヒラリー・スワンクは良く似てます。

by きさ (2010-11-30 22:55) 

non_0101

月夜空さんへ
こんばんは。nice&コメントをありがとうございました!
私は歴史の授業が苦手だったのもあって、知らないことだらけです。
映画を観て歴史を知ることも多いです(^^ゞ
この作品は時代背景の基本的知識を持って観ると、
深く理解できるのかなと感じることも多かったです☆
by non_0101 (2010-11-30 23:52) 

non_0101

KLYさんへ
こんばんは。コメント&TBをありがとうございました!
私もアメリアのことは単独飛行をしたヒロイン的存在ということくらいの知識でした。
> もうちょっとドラマ的に脚色してもいいんじゃない?
そうですね~ 割と淡々としていましたね(^^ゞ
本当は歴史的背景とか当時の飛行機のこととかをもっと教えてくれたら
彼女の行動の凄さがもっと実感できるのかなあと感じました☆
by non_0101 (2010-12-01 00:03) 

non_0101

きささんへ
こんばんは。nice&コメントをありがとうございました!
ヒラリー・スワンクはアメリアによく似ていましたね~
アメリアは夢を実現させるために真っ直ぐに生きた人だけに
自分の心に素直な人ですよね。そんな姿には共感しました。
彼女の人生はとてもドラマティックだったと思うので、
そこをもう少し脚色しても面白かったかも知れませんね☆
by non_0101 (2010-12-01 00:16) 

non_0101

@ミックさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-12-01 12:33) 

non_0101

ぷりんさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-12-01 12:34) 

たいちさん

ヒラリー・スワンクは、何か怪しげな魅力を持つ女優ですね。伝記物は好きですので、機会あれば観たいですね。
by たいちさん (2010-12-01 13:56) 

バラサ☆バラサ

ヒラリー・スワンク、よく似ていましたね。
どうにもエイミー・アダムスのイメージがあったので、こいつでいいのか?と思いましたが、最後の本人の映像とよく似ていますわ。
by バラサ☆バラサ (2010-12-01 20:02) 

月夜空

なるほど、せっかく教えていただいたので、少しお勉強してから見てこようかなぁ=*^-^*♪

こちらでは、上映までにもう少し時間がありそうです^^;
by 月夜空 (2010-12-02 00:09) 

non_0101

たいちさんへ
こんばんは。nice&コメントをありがとうございました!
ヒラリー・スワンクにぴったりの作品でした~
戦前のアメリカの雰囲気を感じられる物語でしたので、
機会がありましたら、チャレンジしてみてくださいね☆
by non_0101 (2010-12-03 00:23) 

non_0101

バラサ☆バラサさんへ
こんばんは。nice&コメントをありがとうございました!
ヒラリー・スワンク似ていましたね~
あの角度の写真だと本当にそっくりでした。
エイミー・アダムスとはだいぶ外見が違いましたね(^^ゞ
by non_0101 (2010-12-03 00:25) 

non_0101

月夜空さんへ こんばんは。
割と史実を追っていくように作られた作品だったので、
流れが淡々としていると感じるかも(^^ゞ
でも、もし時代背景ときちんと理解していたら、
もっと深く考えられそうかなあと感じました☆
by non_0101 (2010-12-03 00:35) 

non_0101

なぎ猫さんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-12-03 12:47) 

non_0101

Chronusさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-12-03 12:48) 

non_0101

エコピーマンさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-12-03 12:49) 

non_0101

まっきーさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-12-09 20:51) 

non_0101

おさむさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-12-09 20:52) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 8