So-net無料ブログ作成

トイレット [た行]

『かもめ食堂』の荻上直子監督が家族をテーマに描いたヒューマンドラマです。
予告編で観た、もたいまさこさんの独特の表情に惹かれていました。
ひとつの家族を見つめる視線が優しく感じられるような作品でした(^^ゞ

母が亡くなり、兄弟3人に遺されたのは、大きくない家と猫の“センセー”、
そして亡くなる前に日本から呼び寄せた母の母・ばーちゃん(もたいまさこ)だった。
母の家には引きこもりの兄モーリー(デヴィッド・レンドル)と
勝気な大学生の妹リサ(タチアナ・マズラニー)が住んでいたが、
母の葬儀から1週間が過ぎて、リサから次男のレイ(アレックス・ハウス)に呼び出しが来た。
母の家を売って、リサは学生寮へ、モーリーは精神病院へ、ばーちゃんは施設へ行った方が
良いと提案してきたのだ。
だが、モーリーは猛反対。英語の分からないばーちゃんは無関心。
家を出ていたレイも、いいんじゃない?くらいの軽い関心度だった。
そんなある日、レイの入っていたアパートで火災が起き、レイも母の家へ転がり込んできた。
そして、なんだか噛み合わない4人の共同生活が始まった…

今回はギョーザがとても美味しそうでした(^^ゞ

3人の兄弟妹の物語です。
それぞれはもう大人なのですけど、ちょっと心に悩みを抱えています。
そして、無言でじっと彼らを見詰めているばーちゃんと関わりあううちに、何かが少しずつ変化していきます。

長男モーリーはもともと才能のあるピアニストだったのですけど、
ステージでパニックの発作を起こしてから、4年間ひきこもっていて家から出たことがありません。
繊細な心の彼は些細な言葉でも傷つき、泣き崩れてしまうほどです。
彼は部屋の片づけをしている時に、母の形見の足踏みミシンを見つけます。
でも、母のように動かしたいのに、どうしても動かせません。
そんな彼を助けてくれたのは、ばーちゃんでした(^^)

妹リサは兄に比べると普通の女の子に見えました。
ちょっと勝気で生意気に見えるかも知れませんけど、アメリカなら普通かなあと思えるくらいです。
彼女はちょっと気になる男の子の言葉をきっかけに、自分に自信を無くしてしまいます。
その彼女が再び自信を取り戻そうと、エアーギターの大会を目指します。
そのきっかけは、ばーちゃんでした(^^)

次男レイは自他共に認めるロボットプラモデルのオタクです。
几帳面でしっかり者のところは亡き母も認めていました。
そんな彼は人と関わりを持つのが苦手なようです。
いろいろ問題を起こして連絡してくる兄妹に、僕の人生に入ってくるなと怒りをぶつけてしまいます。
そんな頑なになった彼の心を解きほぐしたのは、ばーちゃんと兄妹が作った手作りの餃子でした(^^)

最初はやっかいもの扱いだったばーちゃんが、ラストには孫3人に大切に思われているのを観て
ちょっと嬉しくなりました。
ばーちゃんにとって最高の人生の終わり方だったろうなあと感じた1本です。

hitsuji_toilet.jpg

監督:荻上直子 出演:アレックス・ハウス タチアナ・マズラニー デヴィッド・レンドル もたいまさこ
2010年 日本/カナダ
(20100831)

公式サイトはこちらへ


nice!(19)  コメント(22)  トラックバック(9) 
共通テーマ:映画

nice! 19

コメント 22

non_0101

まっきーさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-09-03 07:15) 

non_0101

月夜さんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-09-03 07:15) 

non_0101

ぷりんさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-09-03 07:16) 

ぷりん&りく

おはようで~~し☆
by ぷりん&りく (2010-09-03 08:31) 

aya_rui

今一番必要なのは、もしかしたら
こういう人生の先生なおばあちゃん、
おじいちゃんの存在かもしれませんね♪

おばあちゃんの知恵袋とか言うくらいに、
本当に今のように何でも便利でも
したいことが出来る時代に、生まれた子とは違うからこその
工夫を知っている存在からは、学ぶ事が多そうですよね♪
by aya_rui (2010-09-03 10:56) 

non_0101

shinchiさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-09-03 12:31) 

non_0101

ぷりん&りくさんへ
こんにちは~☆ nice&ご挨拶をありがとうございました!
by non_0101 (2010-09-03 12:32) 

non_0101

dorobouhigeさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-09-03 12:33) 

non_0101

おさむさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-09-03 12:34) 

non_0101

aya_ruiさんへ
こんにちは。nice&コメントをありがとうございました!
もたいまさこさんの演じたばーちゃんが面白かったです。
この物語でどんな役目をするのかなと思っていたら、
いざと言うときは本当に頼れるおばあさんでした(^^ゞ
足踏みミシンを使える人が今どれくらいいるのでしょうね(笑)
孫たちにとってばーちゃんとの出会いは
かけがえの無いものになったろうなあと感じました☆
by non_0101 (2010-09-03 12:40) 

non_0101

Kojiさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-09-03 23:09) 

non_0101

釣られクマさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-09-03 23:09) 

たいちさん

ばーちゃんではありませんが、仲代達矢が演じた爺ちゃんを連想しましたね。
by たいちさん (2010-09-05 00:01) 

non_0101

たいちさんへ
こんにちは。nice&コメントをありがとうございました!
あのおじいさんよりは穏やかで頼りになるばーちゃんでした(^^ゞ
とても静かな雰囲気の作品で、もたいまさこさんの存在感が面白かったです☆
by non_0101 (2010-09-05 08:07) 

non_0101

Jerryさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-09-05 08:07) 

non_0101

@ミックさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-09-05 08:08) 

non_0101

りぼんさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-09-05 08:08) 

non_0101

モカソフトさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-09-05 08:09) 

non_0101

yu-papaさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-09-05 08:09) 

non_0101

なぎ猫さんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-09-05 08:10) 

cs

葬儀で始まる物語は、もうひとつの別の葬儀で締めくくられてて、でもその悲しみは随分違って見えました。
今までの荻上監督の顔ぶれがほとんどいないこういうキャストで、いつものようにこんなに淡々と描くなんて、ある意味離れ業ですね。
観終えて、すごく満足度の高かった作品でした。
それにしてもほんとに、あの餃子はおいしそうでしたねー・・・・。
by cs (2011-02-05 15:20) 

non_0101

csさんへ
こんばんは。nice&コメントをありがとうございました!
外国なのに荻上ワールドでしたね。
もたいさんの存在がとても面白かったです。
静かな中に葛藤や温かさなど、様々な感情を感じさせてくれました。
あんな楽しい餃子パーティを体験してみたいです(^^ゞ
by non_0101 (2011-02-05 22:09) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 9