So-net無料ブログ作成

ドン・ジョヴァンニ 天才劇作家とモーツァルトの出会い [た行]

劇作家ロレンツォ・ダ・ポンテを主人公に、オペラ「ドン・ジョヴァンニ」の誕生までを描いた作品です。
オペラシーンの歌が素晴らしいと聞いたので、ちょっと気になっていました。
セットで作り上げた18世紀の世界と素晴らしいオペラのシーンにすっかり魅せられました。

幼い頃、カトリックに改宗して司教に新しい名を貰ったロレンツォ・ダ・ポンテ(ロレンツォ・バルドゥッチ)は
司教の庇護により神学校へ進学し、のちに神父となった。
だが、反社会的な思想や賭博、そして女性との恋に溺れる日々を送っていた彼は
異端審問にかけられ、ヴェネチアからの追放の刑を受けてしまう。
師と仰ぐカサノヴァ(トビアス・モレッティ)から紹介状を貰ったロレンツォは、
詩人の腕を生かして劇作家となるべくオペラの中心地ウィーンへと旅立った。
早速、紹介状を持ってサリエリ(エンニオ・ファンタスティキーニ)を訪ねようと
支度をしていたロレンツォは美しい音色に瞳を輝かす。
美しい音楽の元へとたどり着いた彼はその奏者でイタリア語が堪能な青年と出合った。
その人物こそ天才作曲家モーツァルト(リノ・グアンチャーレ)だった…

華やかな音楽にすっかり魅せられました(^^)

もと神父で詩人だったロレンツォと不世出の天才作曲家モーツァルトとが創り上げた名作オペラ
「ドン・ジョヴァンニ」の誕生を描いた作品です。
18世紀の華やかで大らかな時代の中で、二人がどのような想いを込めてこのオペラを紡いでいったのかを
二人を巡る恋や愛を描きながら映し出していました。

面白かったのは、二人が意気投合したこと。
ロレンツォは主演女優に振り回されながらも、愛しい女性には振り向いてもらうために
自分への自戒を込めてオペラを創っていきます。
当時から数多く創られていたという「ドン・ジョヴァンニ」という題材を何故取り上げたのか。
特にラストンシーンに彼が何を込めていたのかを理解した時、
一つの恋で人は変わるものだなあとしみじみ思ってしまいました。

一方のモーツァルトは貧困の中で病に侵されつつも、何とか曲を仕上げようと頑張ります。
その姿はまるで命を削って曲に込めているようにも見えます。
彼自身、曲には自分の経験を織り込んでいると断言しています。
そして、彼の全てを込めた「ドン・ジョヴァンニ」はモーツァルトらしく複雑で華やかでした(^^ゞ

それにしても、オペラシーンに登場する声楽者たちの歌声は素晴らしかったです\(^^)/
オペラ「ドン・ジョヴァンニ」がどんな話かは実は知らずに観たのですけど、全然大丈夫でした。
もう、このシーンを観られただけでも大満足です。

観終った時、映画というよりもオペラを見終わった気分になりました。
やっぱり劇場で観て良かった~と感じた1本です(^^)

hitsuji_DON-GIOVANNI.jpg

監督:カルロス・サウラ 出演:ロレンツォ・バルドゥッチ リノ・グアンチャーレ エミリア・ヴェルジネッリ トビアス・モレッティ エンニオ・ファンタスティキーニ
2009年 イタリア/スペイン 原題:IO, DON GIOVANNI/I, DON GIOVANNI
(20100512)

公式サイトはこちらへ

nice!(12)  コメント(19)  トラックバック(2) 
共通テーマ:映画

nice! 12

コメント 19

KLY

いやはや、眠かった。(笑)
ま、クラッシック音楽ですから心地良いのは名曲の証明ってことで。(笑)
話そのものは現実→オペラの練習の繰り返しでしたし、その現実をオペラに活かして行くってパターン化されてたんで、あんまりテンションが上がると感じはしませんでしたが、解りやすい楽曲とかも使ってくれてたんで、その辺は親切だったなと思います。^^
by KLY (2010-05-13 01:36) 

non_0101

KLYさんへ
こんにちは。コメント&TBをありがとうございました!
全編クラシックですからね(^^ゞ
今回は歌の素晴らしさと主人公たちの華麗さにすっかり魅せられてしまいました~
> 解りやすい楽曲とかも使ってくれてたんで
クラシックの無知な私でも知っている曲が出てきたので嬉しかったです(^^)
by non_0101 (2010-05-13 12:46) 

non_0101

まっきーさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-05-13 12:47) 

non_0101

shinさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-05-13 12:47) 

non_0101

utu_mamoruさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-05-13 12:47) 

non_0101

@ミックさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-05-13 12:47) 

non_0101

おさむさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-05-13 12:47) 

おさむ

ドン・ジョヴァンニ見たいです♪
アマデウスは見たけど (〃∇〃) ゞ
by おさむ (2010-05-13 13:04) 

あかしや

こういう、名曲も一緒に楽しめる映画というのも良いものですね♪
by あかしや (2010-05-13 15:53) 

non_0101

おさむさんへ
こんばんは。コメントもありがとうございます☆
劇作家ロレンツォ・ダ・ポンテが一番輝いた頃を描いていたので
とても華やかで楽しい作品でした。
歴史に疎い私にはいい勉強になりました(^^ゞ
by non_0101 (2010-05-14 01:37) 

non_0101

釣られクマさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-05-14 01:37) 

non_0101

あかしやさんへ
こんばんは。nice&コメントをありがとうございました!
何度も登場する劇のシーンの歌声が本当に素晴らしくて
とても贅沢な気分になる作品でした~
普段はオペラなど全く見ないのですけど、この作品ではとても楽しめました☆
by non_0101 (2010-05-14 01:40) 

non_0101

aya_ruiさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-05-14 01:40) 

たいちさん

このブログ記事を読んで観たいなあと思いました。調べてみると、大阪では1館のみ、1日1回上映です。不親切ですよね。機会あれば観たいと思っています。
by たいちさん (2010-05-14 13:40) 

non_0101

たいちさんへ
こんばんは。nice&コメントをありがとうございました!
公開から時間がたってしまったので1日1回になってしまったのでしょうか(T_T)
オペラが堪能できる作品でしたので、機会がありましたら楽しんでみてくださいね☆
by non_0101 (2010-05-15 00:06) 

なぎ猫

モーツァルトものは昔”アマデウス”を見ました。天才作曲家の最期がとても衝撃的でした。ドン・ジョバンニは、オペラの方も映画の方も知らないですが、こちらに来たら見てみたいと思いました。
by なぎ猫 (2010-05-15 13:12) 

non_0101

なぎ猫さんへ
こんにちは。nice&コメントをありがとうございました!
「アマデウス」はとても怖い作品だった印象があります。
怖いというか哀しいというか…
今回の「ドン・ジョバンニ」のモーツァルトもかなり辛いところにいるのですけど
二人が素晴らしいオペラを創り上げたという達成感があって良かったです(^^)
もし、機会がありましたら、楽しんでみてくださいね☆
by non_0101 (2010-05-16 12:25) 

non_0101

タッチおじさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-05-17 00:02) 

non_0101

artfuldodgerさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-05-30 15:57) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2