So-net無料ブログ作成

春との旅 [は行]

北海道から東北を舞台に、祖父と孫娘の居場所を探す旅を描いた作品です。
チラシの写真がとても印象的で、観てみたいなあと思っていました。
主人公の二人や彼らが訪ねる人々の人生がとても切なく感じる物語でした。

長年漁師として暮らしてきた忠男(仲代達矢)は早くに一人娘を亡くし、
足を悪くした今では孫娘・春(徳永えり)に頼りながら暮らしていた。
そんな忠男が突然、家を飛び出した。
心配で忠男の後をついてきた春が家へ戻るように説得するが、
怒りに駆られた忠男は縁が遠くなった兄弟を訪ねる旅を始めてしまう。
まずは兄弟の中で一番仲の悪かった兄・重男(大滝秀治)の家を訪ねた。
立派な佇まいの家に目を奪われた春だったが、忠男は渋い顔を崩さない。
それでも、忠男は春が一人立ちするために自分を重男の家へ居候させてくれないかと頼んだ。
だが、重男には忠男を置けない理由があった…

二人の旅の行く末がとても切なかったです(T_T)

老年を迎えた77歳の主人公・忠男が兄弟を訪ね歩く物語です。
目的は自分を居候させてもらうこと。
何とも甘えん坊な気がしますけど、足の不自由な忠男にはその選択しか思い浮かびません。

兄弟たちはみな年賀状くらいしかやり取りが無く、その住所を目当てに旅を続けます。
でも、彼らにもにもいろいろ事情はあります。
立派な家に住んでいるけど出る予定が決まっている兄。
一番中が良かったのに、今は逢うことが出来なくなっていた弟。
また、不動産業を営んでいた別の弟もいつの間にか転居しています。
そして、忠男を唯一叱ってくれる姉は、働かざる者食うべからずときっちりと断ります。
そこには様々な現代社会の問題が反映されていました。

それにしても、仲代達矢さんと徳永えりさんのコンビが良かったです。
怒りっぽくて我がままで自己中な忠男。ほとんど3歳児のノリで孫娘をこき使います(^^ゞ
そんな甘えん坊な祖父に怒りの感情をぶつけつつも、見捨てられない19歳の孫娘・春。
私は祖父がいなかったので、祖父の存在があまり分からないのですけど、
こんなに我がままでも一緒に生きていこうと思うものなのだなあとちょっと羨ましかったです。

観終った時、春と一緒に旅が出来た忠男は幸せものだなあとしみじみ思ってしまいました。
ちょっと実家に電話をしてみようかな、と思った1本です。

hitsuji_haru-to-no-tabi.jpg

監督:小林政広 出演:仲代達矢 徳永えり 大滝秀治 菅井きん 小林薫 田中裕子 淡島千景 柄本明 美保純 戸田菜穂 香川照之
2009年 日本
(20100511)

公式サイトはこちらへ

追伸
この映画は試写会で観ました。公開は5月22日以降の予定です。


nice!(21)  コメント(30)  トラックバック(12) 
共通テーマ:映画

nice! 21

コメント 30

エコピーマン

身につまされます 「働かざる者食うべからず」ですね

by エコピーマン (2010-05-17 16:11) 

たいちさん

予告編で観ましたが、仲代達矢を取り巻く多くのベテラン俳優が揃っているので、重厚な映像となっていましたね。人生の終焉を考えるには、役立つ映画のようですので、観たいなあと思っています。
by たいちさん (2010-05-17 16:41) 

おさむ

お陰様で1000nice! ありがとうございます \(*´▽`*)/
お礼の広告クリックに伺いました♪
これからも応援宜しくお願い致します m(_ _)m
by おさむ (2010-05-17 18:39) 

non_0101

釣られクマさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-05-17 22:01) 

non_0101

エコピーマンさんへ
こんばんは。nice&コメントをありがとうございました!
本当に身につまされる作品でした。
ただ、このお姉さんの言葉には愛が詰まっているのです~☆
by non_0101 (2010-05-17 22:05) 

non_0101

りぼんさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-05-17 22:07) 

non_0101

たいちさんへ
こんばんは。nice&コメントをありがとうございました!
揃ってますよね~!俳優さんたちの演技は本当に見応えがありました。
ひとつひとつの表情が印象的で、それぞれのエピソードに引き込まれました~
機会がありましたら、チャレンジしてみてくださいね☆
by non_0101 (2010-05-17 22:26) 

non_0101

みうさぎさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-05-17 22:27) 

non_0101

musemistyさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-05-17 22:28) 

non_0101

おさむさんへ
こんばんは。nice&コメントをありがとうございました!
1000nice!おめでとうございます\(^^)/
こちらこそいつもご訪問とniceをありがとうございます。
これからもよろしくお願いいたします☆
by non_0101 (2010-05-17 22:30) 

non_0101

はっちんさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-05-17 22:31) 

non_0101

PENGUINGさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-05-18 12:45) 

non_0101

まっきーさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-05-18 12:46) 

non_0101

えすさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-05-18 12:46) 

non_0101

@ミックさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-05-18 12:46) 

なぎ猫

一番近いはずの親兄弟が遠い存在になっている、現代なんて連絡手段も交通手段もいくらだってあるはずなのに、と思うとなんだか切ない話ですね。
by なぎ猫 (2010-05-20 18:49) 

non_0101

なぎ猫さんへ
こんばんは。nice&コメントをありがとうございました!
本当に切ない物語でした(T_T)
でも、遠い存在になっていても、やっぱり肉親は切れない存在なのだなあと
ちょっと心が温まるような作品でもありました。
観終わった後に、いろいろなことを考えさせられました☆
by non_0101 (2010-05-21 00:48) 

non_0101

成瀬さんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-05-21 00:49) 

non_0101

あかしやさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-05-21 00:49) 

non_0101

一歩さんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-05-21 00:49) 

non_0101

aya_ruiさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-05-21 00:50) 

non_0101

suzuranさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-05-21 00:50) 

non_0101

powerさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-05-21 00:50) 

KLY

やはり何といっても俳優陣。
日本を代表する素晴らしい皆さんですよね。仲代さんに到っては
もはや格が違います。監督も「乱」の仲代さんですからとおっしゃって
ました。
旅を通じて2人が人に愛されることの喜びを再確認していく、その心の
変化に感動を覚えました。
本は出てたんですがハードカバーだったんで文庫になるのを待とうかな^^;
by KLY (2010-05-22 03:18) 

non_0101

KLYさんへ
こんにちは。コメント&TBをありがとうございました!
仲代さんの存在感はさすがでしたね。
あんなパワーで幼児のように道路に座り込まれたら
孫も困るでしょう!なんて思ってしまいました(^^ゞ
二人の心の変化には私も感動でした~
家族というものをしみじみ考えさせられました☆
by non_0101 (2010-05-22 11:30) 

キキ

こんにちは。
仲代さんがすごい我儘なおじいちゃんでしたね。
ついていく孫も偉い!
そしてこんな肉親が傍にいてくれるなんて幸せだなって思いました。
by キキ (2010-06-08 08:18) 

non_0101

なぎ猫さんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-06-09 07:45) 

non_0101

キキさんへ
こんにちは。nice&コメントをありがとうございました!
あのおじいちゃんの我侭にはちょっと笑ってしまいました。
あんなに大きな身体で道に座り込むなんて(^^ゞ
孫は本当に偉いですよね~
こんな孫がいてくれたら、それだけで幸せですよね。
振り回されても一緒にいたいと思うのはやっぱり肉親だからですね☆
by non_0101 (2010-06-09 07:47) 

cs

この作品、単純に出演陣の錚々たる顔ぶれだけでも興味が尽きなかったんですが、シンプルだけど力強く、切ない情景と台詞が印象深かったです。
大滝秀治さんと仲代さんの会話の間、これはほんとに惹きこまれました。
それにしても、仲代さんと徳永えりさんのあのコンビはなんともぴったりでしたね。
これほど困惑することはないんじゃないかというある意味お茶目な?仲代さんに、全身でぶつかってる彼女の表情の健気さがよかったです。
by cs (2010-06-13 14:57) 

non_0101

csさんへ
こんばんは。nice&コメントをありがとうございました!
心にずっしりとくる作品でした~
仲代さんの存在感は凄かったです。
そして彼が絶賛していた徳永えりさんの演技も見応えがありました。
とてもラストは寂しかったですけど、きっとこの旅は
孫にこれから生きていくパワーを与えてくれたのだろうなと感じました☆
by non_0101 (2011-12-17 21:17) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 12