So-net無料ブログ作成

ウルフマン [う]

ベニチオ・デル・トロとアンソニー・ホプキンスの競演で描く“狼男”の物語です。
この二人が競演なのですか~と予告編を観た時から気になっていました。
ベニチオ・デル・トロの下から睨みつける瞳と、それ見てにやりと笑うアンソニー・ホプキンスが
めちゃくちゃ怖く感じました(^_^;)

アメリカを本拠地に活躍する人気役者ローレンス・タルボット(ベニチオ・デル・トロ)の元に
兄が行方不明になったという知らせが届いた。
ロンドン公演を終えてニューヨークへ帰ろうとしていたローレンスは予定を変更して故郷へと向かった。
子供の頃に遠ざかったままだったタルボット城は、昔の面影はなく寂れ果てていた。
父のタルボット卿(アンソニー・ホプキンス)はローレンスの顔を見ると穏やかに彼を迎え入れた。
だが、次に出てきたのは、兄の遺体が見つかったという言葉だった…

19世紀のイギリスを舞台に、古城の中に潜む悲劇と父子の愛憎が森の暗闇と共に描かれていました。

子供の頃に母の死を見てショックを受け、精神病院行きになった過去を持つローレンス。
彼は病院を退院してからもアメリカの親戚の元で育ち、イギリスの実家からは遠ざかっていました。
たまたまロンドンでの公演をしている時に、兄の婚約者グエン(エミリー・ブラント)から
兄が行方不明になったという知らせを受けます。
しかし、彼が帰郷すると既に兄は遺体で発見された後でした。

彼の遺体には、尋常ではない爪痕が残されており、犯人は不明のままです。
悲しみに暮れるグエンに兄の詩の原因を見つけると誓ったローレンスは、
事情を探るために、満月の夜に旅芸人たちへの聞き込みを始めます。
そんな最中、人々が恐れている通りの化け物が現れ、ローレンスは大怪我をしてしまいます。
何日も寝込むほどの重症を負ったローレンスでしたけど、医者も驚くほどの回復力をみせます。
でも、彼は次第に自分の身体に変化が起きていることを感じ始めます。
それは新たなる悲劇の始まりでした(T_T)

それにしても、やっぱり特殊メイクは見ていて面白いですね~
もともと製作にも入っているベニチオ・デル・トロが子供の頃から憧れていた
古典的ホラー「狼男」をリメイクしたくて創った作品らしいですね。
特に今作では第一人者リック・ベイカーが手がけているだけはあってメイクは見応え十分です。
そんな彼の担当した変身シーンは骨までゴキゴキと変化していって、観ているだけで痛そうでした。
また、ちょっとレトロな雰囲気の“狼男”が動き始めると、やっぱり怖かったです。

あと、やっぱり主演の二人の存在感には圧倒されました~
ベニチオ・デル・トロとアンソニー・ホプキンスが一緒の画面にいるだけで怪しさも怖さも倍増しますね~
途中はこの二人の睨み合いを観ているだけでお腹いっぱいな気になりました(^^ゞ

腕も首も飛ぶし、内臓ぐちゃぐちゃだし、正直ホラーが苦手な私にはきついシーンも多かったですけど
こういう作品が好きな人にはたまらないだろうなあとちょっと感じた1本です。

hitsuji_WOLFMAN.jpg

監督:ジョー・ジョンストン 出演:ベニチオ・デル・トロ アンソニー・ホプキンス エミリー・ブラント ヒューゴ・ウィーヴィング
2010年 アメリカ 原題:THE WOLFMAN
(20100412)

公式サイトはこちら

追伸
この映画は試写会で観ました。公開は4月23日以降の予定です。

nice!(13)  コメント(23)  トラックバック(16) 

nice! 13

コメント 23

KLY

あ、これ一応ホラーのくくり?ですかね…やっぱし。(笑)
私はこの鬱々とした映像表現や、アクションシーンはとても気に入った
のですが、いかんせんストーリーが古典的というか伝統的というか…。
もう一ひねり欲しかったなぁと思いました。
ところでデルトロさん、なんだか恰幅よくなってましたね。^^;
by KLY (2010-04-12 23:53) 

non_0101

KLYさんへ
こんばんは。一応ホラーですよね、きっと(^^ゞ
首が飛んだ時は思わず目を伏せてしまいました~
ストーリーはオーソドックスでしたね。
主演の二人の演技と特殊メイクを堪能するならこれでもOKなのかなと
ちょっと思いながら観ていました。
> ところでデルトロさん、なんだか恰幅よくなってましたね
何だか大きくなっていましたね(^^ゞ
by non_0101 (2010-04-13 00:20) 

coco030705

こんばんは。
ベニチオ・デル・トロとアンソニー・ホプキンスの組み合わせというだけで、
こわいですね~!
私は、エミリー・ブラントが気になっていたのですが、いかがでしたか?

サイドに、「いくらでも眠れます」とありますが、これは若い証拠ですよ。
お体をおだいじに。
by coco030705 (2010-04-13 01:38) 

non_0101

cocoさんへ
こんにちは。nice&コメントをありがとうございました!
本当にこの主演の二人がいるだけでこわさを感じました~
今回のエミリー・ブラントはある意味聖母みたいな優しい女性の役で
儚げだけど頑張って主人公を救おうとする姿が印象的でした。

やっぱり春だからですかね~ 眠さ100倍です(^^ゞ
お気遣いありがとうございますm(__)m
cocoさんもお気をつけてくださいね☆
by non_0101 (2010-04-13 12:58) 

aya_rui

私もホラー系は苦手で、心霊番組とか見ただけでも、
その日の夜とか、ビビリ入ってしまう程なので
CMで見た分でも、直視できないーッ!!
と思える内容だなぁ…と思いましたが
本編はもっと凄い事になっているんですねぇ(XoX;)
でも特殊メイクを細かく見るなんて
そういう見方もありなんですねぇ~♪(^ω^)ゞ
by aya_rui (2010-04-13 20:54) 

non_0101

takemoviesさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-04-14 07:11) 

non_0101

ロボライターさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-04-14 07:11) 

non_0101

@ミックさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-04-14 07:12) 

non_0101

月夜さんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-04-14 07:13) 

non_0101

yuki999さんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-04-14 07:13) 

non_0101

aya_ruiさんへ
こんにちは。nice&コメントをありがとうございました!
私も怖いのは苦手なのに…ついチャレンジしてしまいました(^_^;)
多分、こういう作品が好きな人ならポップコーンを片手にニコニコしながら楽しめる気がします。
特殊メイクは面白かったです~
ベニチオ・デル・トロが古典的な「狼男」みたいになりたいと言ったらしく
特殊メイクもレトロな狼男っぽくなっていました☆
by non_0101 (2010-04-14 07:18) 

non_0101

なぎ猫さんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-04-14 07:19) 

non_0101

おさむさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-04-14 07:19) 

たいちさん

私もホラーは苦手です。アンソニー・ホプキンスは72歳になったのですね。他の映画なら観たいですね。
by たいちさん (2010-04-14 12:50) 

non_0101

たいちさんへ
こんばんは。nice&コメントをありがとうございました!
怖いし首も飛ぶのですけど、その割には観やすい感じがしました(^^ゞ
ちょっとレトロな雰囲気を残した特殊メイクのおかげかもしれません。
今回のアンソニー・ホプキンスはニヤリと笑うだけで、何故か怖かったです(笑)
やっぱり大スターですね☆
by non_0101 (2010-04-15 00:44) 

バラサ☆バラサ

はい、ホラー好きです。でも、この作品は駄目でした。
ホプキンスの爺さんの行動原理が、まったく不明で、話に一本筋がないです。
と言って、ホラーに徹している訳でなく、基本は音で驚かすスタイルです。

デルトロが狼男演じたくてしかたなかったのですか。
母親がラテン系という設定らしいですが、ホプキンス爺さんの子供にどうしても見えない、イギリスに暮らしているように見えないのが困りました・・・
by バラサ☆バラサ (2010-05-02 22:40) 

non_0101

バラサ☆バラサさんへ
こんばんは。nice&コメントをありがとうございました!
デルトロさんが狼男になりたかったようです。メイクはぴったりでしたね(^^ゞ
あのお父さんは理解不能でしたね…
それでも、強くなりたかったのかな、強さってそんなにいいものなのかなと
ちょっと悩みながら観ていました☆
by non_0101 (2010-05-03 01:43) 

てくてく

変身シーンは凄かったですね^^
ほんとゴキゴキ言ってて、
関節が伸びてます~、って感じでした^^
怖いシーンもあったけど、結構面白かったです!
by てくてく (2010-05-03 09:58) 

non_0101

てくてくさんへ
こんにちは。nice&コメントをありがとうございました!
結構、面白かったですね~
あの変身シーンはこの映画へのスタッフの愛情が詰まっているような…
でも、凄すぎてちょっと怖かったです(^_^;)
by non_0101 (2010-05-03 18:58) 

きさ

見ました。なかなか面白かったです。
前半はスピーディな演出で見せます。
ただ、クラシック・ホラーのムードとスピーディでスプラッタな現代ホラーの要素がちょっと溶け合ってない感じもありました。
ダークなトーンの映像はいいですね。
実は、ジョンストン監督は好きです。
やはり「遠い空の向こうに」っと「オーシャン・オブ・ファイヤー」が良かったですね。
この映画はクランクイン直前に監督が交代したとかで、準備期間がなかったんだそうです。
さすがに職人監督でそれでも見せます。

by きさ (2010-05-08 08:42) 

ひきばっち

こんにちは♪
G.W.に郷里の映画館で観ました。
レビューにも書いたのですが、「狼男」の顔にリアリティを感じることが
出来なくて、そのおかげかストーリーもよく理解できずに敗退いたしま
した(苦笑)・・。
あ、でも「狼化妄想」扱いされて医者がそれを得意げに説明中、ウルフマンとなって暴れまくるシーンはスカッとしたなー。
「狼なんか怖くない♪」って歌があるけどやっぱ怖いっすよね~(笑)。
by ひきばっち (2010-05-08 16:49) 

non_0101

きささんへ
こんにちは。nice&コメントをありがとうございました!
“クラシック・ホラー”の部分は怖いもの観たさでドキドキしながらも楽しんだのですけど
“スピーディでスプラッタな現代ホラー”の部分はかなり怖かったです(^_^;)
この監督さんは特殊効果が得意な人でしたね。
直前の交代など感じさせなかったです。さすがですね~☆
by non_0101 (2010-05-09 10:32) 

non_0101

ひきばっちさんへ
こんにちは。コメント&TBをありがとうございました!
敗退してしまいましたか~ 残念でしたね(T_T)
狼男の時って完全に理性とか意識が飛んでしまいますよね。
そこが妙に怖かったです。あと、父親も(^_^;)
変身シーンは凄かったですね~!
あのシーンだけでもうお腹いっぱいでした☆
by non_0101 (2010-05-09 10:38) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 16