So-net無料ブログ作成

時をかける少女(2010年版) [た行]

筒井康隆著の名作SFを原作にした青春映画です。
今度の作品は主人公を演じるのは仲里依紗さん。
アニメ版と同じような元気いっぱいという印象があったので、どんな展開になるのか楽しみにしていました。
予想よりも切なさがいっぱいでしたけど、いつまでも余韻を感じていたくなるような美しい物語でした(^^)

今日は大学の合格発表の日。高校3年生の芳山あかり(仲里依紗)は受験した大学へと全速力で走っていた。
受験票の番号を確認したあかりは自分の番号が掲示板にあるのを発見する。
喜びはしゃいで丸のサインを出すあかりに、大学の建物の窓から手を振る母の姿があった。
あかりの母・芳山和子(安田成美)は大学の研究室で働く助手で
今日も自主研究として朝から新薬の実験に励んでいたのだ。

そんな最中、和子の前に近所に住む幼馴染・浅倉吾朗(勝村政信)が預かり物だと言って
高校時代の彼女と見知らぬ同級生の男子が写っている古い写真を差し出した。
その写真に奇妙な反応を見せた彼女は、大学からの帰宅途中に交通事故に遭ってしまった。
慌てて病院へと駆けつけたあかりは、頭を打って意識が戻っていないとという説明にショックを受ける。

病室で母を見つめていたあかりは、母が娘あかりの声を聞きつけたようにふと目を覚ましたのに気づいた。
母はあかりに1970年代にタイム・リープして写真の彼に伝言をして欲しいと頼むと
再び意識不明に陥ってしまう。
あかりは母の希望を叶えるため、過去へタイム・リープする決心をした…

観終わった時、いい映画だったね~と友達とにっこりしていました(^^)

私は1作目の原田知世さん版と最近のアニメ版を見ています。
元気いっぱいで楽しいアニメ版も好きですけど、やっぱり“時かけ”と聞いてイメージするのは
ノスタルジックでセピア色が似合う1作目です。
今回は明るい笑顔が似合う仲里依紗さんがヒロインなので、
アニメ版のような物語なのかなあと予想していました。
観てみると、主人公のキャラクターはアニメ版のように元気いっぱいで、
でも、1作目のような淡い恋と運命に切なくなるようなストーリー展開になっていました~

これまでの作品は未来からタイム・スリープしてきた男子が原因で
主人公が知らぬ間に能力を身につけてしまったのですけど、
今回の主人公あかりは自分で薬を飲んで、自分の意思で過去へと向かいます。
目的は母の代わりに写真の少年“深町一夫”を探すこと。
でも、あかりはついうっかり年月をまちがえ、母の指示よりも2年も後に来てしまいました。

そこで映画監督を目指す大学生・溝呂木涼太(中尾明慶)と出会ったあかりは、そのまま彼に助けを求めます。
未来から来たというとんでもない少女を前に戸惑いを隠せない涼太でしたけど、彼女を見捨てることが出来ず、
一緒に写真の少年探しを始めます。
持ち前の明るい性格で1970年代の生活を楽しむあかりと、
彼女がいつか未来へ戻ってしまうと分かっていながらも彼女に惹かれていく涼太。
その二人の心の交流は何とももどかしくて切なくて、観ていて胸がいっぱいになりました(^^ゞ

それにしても、これだけ映像化されながら毎回素敵な物語に変身する“時かけ”ってすごいですね~
今作も仲里依紗さんが彼女にぴったりのキャラクターを最高の演技で演じています。
彼女と出会ってしまった涼太役の中尾明慶さんもさすがの爽やかさでした。
二人の心が1974年という時代の中で少しずつ近づいていく姿は、ちょっとほほえましかったです。
そして、今作はそんな~というストーリー展開に、涙なしには観れませんでした(T_T)

エンドロールが終わっても切ない余韻がずっと胸に残っていました。
観終ったとき、この切なさこそ“時かけ”だなあとちょっと感じた1本です。

hitsuji_TOKIKAKE2010.jpg

監督:谷口正晃 出演:仲里依紗 中尾明慶 安田成美 青木崇高 勝村政信 石橋杏奈
2010年 日本
(20100224)

追伸
この映画は試写会で観ました。公開は3月13日以降の予定です。

nice!(21)  コメント(38)  トラックバック(24) 
共通テーマ:映画

nice! 21

コメント 38

non_0101

@ミックさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-02-25 07:18) 

non_0101

はっこうさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-02-25 12:49) 

non_0101

トメサンさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-02-25 12:49) 

non_0101

なぎ猫さんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-02-25 12:50) 

きさ

いい映画でしたね。実は私も昨日試写で見ました。
もしかして同じ会場にいらしたのでしょうか。
1983年の大林監督作品(原田知世主演)はかなり好きでした。
ロードショーで見たしヨコハマ映画祭でも見ましたし。
1983年版の続編でありつつ、現在の少女を主役にしたもう一つの「時をかける少女」の物語。
いや、良かったです。

by きさ (2010-02-25 22:13) 

たいちさん

私は、このシリーズは観た事ありませんが、有名なんですね。仲里依紗さんは知らない女優ですので、これから注意しますね。
by たいちさん (2010-02-25 23:10) 

non_0101

釣られクマさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-02-26 12:36) 

non_0101

sungenさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-02-26 12:36) 

non_0101

AngeLさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-02-26 12:37) 

non_0101

kayさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-02-26 12:37) 

non_0101

きささんへ
こんにちは。nice&コメントをありがとうございました!
思っていたよりもいい映画で嬉しかったです。
私はよみうりホールで観ました。同じ試写会でしたか?
大林監督版はいいですよね~
今回はどうなるのだろうなあとちょっと不安だったのですけど、
本当に切ないストーリーにやられました(^^ゞ
観てよかったです☆
by non_0101 (2010-02-26 12:44) 

non_0101

たいちさんへ
こんにちは。nice&コメントをありがとうございました!
ご覧になったことはありませんでしたか~
原田知世さん主演の第1作めは懐かしの角川映画です(^^ゞ
今回は第1作で高校生だった主人公の少女が成長して
高校生の娘を持つお母さんという設定でした。
仲里依紗さんもとっても可愛かったです。
もし、何かの機会がありましたらチャレンジしてみてくださいね☆
by non_0101 (2010-02-26 12:49) 

non_0101

まっきーさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-02-26 12:50) 

non_0101

noelさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-02-26 12:50) 

おぉ!次郎

 昔、尾道にロケ地めぐりに行きました。そんなことを思い出しました。観たいなぁ~。


by おぉ!次郎 (2010-02-26 17:11) 

きさ

私もよみうりホールでした。よみうりホールは好きなので。
接近遭遇していたんですね。
オフィシャルサイトには大林監督が文章を寄せています。
大林監督版は実はかなり思い入れがありす。
実はヨコハマ映画祭で監督や原田知世さんをステージで見ました。
当時は横浜に住んでいたので、ヨコハマ映画祭にはよく行きました。
伊丹監督や北野武監督や色々な俳優さんの姿を見る事ができて楽しかったです。

by きさ (2010-02-26 21:24) 

non_0101

ほりけんさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-02-27 07:07) 

non_0101

おぉ!次郎さんへ
こんにちは。nice&コメントをありがとうございました!
今回の舞台は尾道ではないですけど、素敵な物語になっていました。
元気な主人公が可愛かったです。
機会がありましたら、ぜひ、楽しんでみてくださいね☆
by non_0101 (2010-02-27 07:17) 

non_0101

きささんへ
こんにちは。やっぱり同じ会場でしたね(^^)
ヨコハマ映画祭ですか。楽しそうですね。
映画祭はゲストも多いので会えるのが楽しいですよね。
いつか、行ってみたいです☆
by non_0101 (2010-02-27 07:28) 

non_0101

aya_ruiさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-03-01 01:18) 

non_0101

りらっくままさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-03-01 01:19) 

non_0101

PENGUINGさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-03-01 01:19) 

きさ

実は私も昔々8ミリ(ビデオじゃないです)で自主映画作っていたりしたもので、、感情移入してしまいました。
なので中尾明慶の演じる役柄にはかなり強い感情移入をしていましまた。
そういう事であまり冷静に作品を評価できないのです。
by きさ (2010-03-05 21:51) 

non_0101

きささんへ
すごいです。自主映画をつくられていたのですか!
それはもう感情移入してしまいますね~
しかもこの涼太くんのキャラクターは本当にいい人ですもの。
だからこそラストが本当に切ないですね(T_T)
by non_0101 (2010-03-06 11:08) 

きさ

すみません、自主映画ってのは言い過ぎでした。
出演は弟とか父親とか家族のみ、見たのは友人のみなので、、
趣味の家庭映画の延長みたいなものでした。
でもスプライサーで編集したりとか巻き戻してオーバラップしたりとか、それなりに凝りました。
なので亮太が他人に思えないというか。

仲里依紗も良かったので「ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲」も見ようかな。
前作は見ていないのですが。
by きさ (2010-03-06 12:56) 

non_0101

きささんへ
いえいえ、やっぱり編集までしてしまうのはすごいです(^^)
フィルムに触ったことがあると映画というものに愛着が沸くと思います。
今はデジタルになってきてますから、そういう手触り感も薄くなっているかも知れませんね。
仲里依紗さん良かったですね~
私は見逃してしまったのですけど、友達が「パンドラの匣」の彼女も
とても良かったと言っていました。
これからの活躍が楽しみです☆
by non_0101 (2010-03-06 14:07) 

きさ

ありがとうございます。
>フィルムに触ったことがあると映画というものに愛着が沸く
確かにこれはありますね。
作家の椎名誠さんもこういう自主映画を仲間とやっていたそうでエッセイに書いていました。
仲里依紗さん最近コマーシャルにも出ています。
確かにこれからが楽しみ。
by きさ (2010-03-06 17:12) 

KLY

セピア色っぽい世界観と、仲里依紗ちゃんのアニメっぽいキャラクターが
上手くマッチングしてたなぁって思いました。
驚いたのは中尾君が思いっきり昭和してたこと。(笑)なんかパッと見が
そのまま仮面ライダーに変身しそうだなぁとか思ったり。^^;
タイムリープ自体はきっかけにしか使われなかったけど、時代を超えた
恋愛模様は実は現代の恋愛模様と何も変わらないんですよね^^
by KLY (2010-03-11 22:59) 

non_0101

KLYさんへ
こんにちは。コメント&TBをありがとうございました!
仲里依紗ちゃん、ぴったりでしたね。
現代の女性高生のまま、元気に70年代にいる姿が可愛かったです。
> そのまま仮面ライダーに変身しそうだなぁとか思ったり
仮面ライダー!!本当に変身しそうですね(^^ゞ
これほど切ない展開とは思わなかったのですけど、
二人の恋愛模様は見ていて胸がいっぱいになりました☆
by non_0101 (2010-03-12 12:44) 

コザック

いやぁ~よかった。
その後を描いた続編としては、邦画としては大成功といっていいのではないでしょうか。
>ノスタルジックでセピア色が似合う1作目です。
全くそのとおりですね。せつなさが伝わってくる作品でした。
by コザック (2010-03-25 00:17) 

non_0101

k_igaさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-03-25 22:49) 

non_0101

コザックさんへ
こんばんは。nice&コメントをありがとうございました!
予想以上にいいなあと思える作品でした~
大成功ですよね(^^)
今年の邦画の中ではベスト10に入りそうです☆
by non_0101 (2010-03-25 22:52) 

cs

仲里依紗さんと、1974年の芳山和子役である石橋杏奈さんが並んでみたときのあの雰囲気があるだけで、外見以上に現代と70年代の違いがすごくわかって、そういう配役の絶妙さが印象的でした。
実写ではやっぱり、大林監督の創造した世界観につながるイメージがどうしても必要ですね。安田成美さんも石丸幹二さんも、そういう意味でぴったりだったと思いました。
後半の展開がこういう切ないものになっているのは、個人的にはアニメ版から引き受けたものに思えてます。
それにしてもラストの桜並木はいいですねぇ。
by cs (2010-04-04 14:49) 

non_0101

csさんへ
こんばんは。nice&コメントをありがとうございました!
70年代は近くて遠い過去ですよね。
その後に大きな変化があるのは分かっているで、なおさら懐かしさを感じました。
そんな70年代を感じさせてくれる配役は本当に上手かったですね。
そして、ラストの桜並木はいいですよね~
とても切なくて心に残るシーンでした☆
by non_0101 (2010-04-05 00:35) 

バラサ☆バラサ

無条件で高評価です!
仲里依紗好きなんで5割増かもしれません。それじゃ無条件でないですけど。
8mmの編集機も懐かしく、ノスタルジックな名作です。
by バラサ☆バラサ (2010-04-06 01:47) 

non_0101

バラサ☆バラサさんへ
nice&コメントをありがとうございました!
最近、リメイクなどでがっかりすることも多いのですけど、
この作品は本当に良かったです~☆
主人公と共にすっかり70年代に心が飛んでいきました。
仲里依紗さん最高でしたね(^^)
by non_0101 (2010-04-06 12:57) 

ひきばっち

本当に、いい映画でしたね(涙)・・。
夜行バス出発のシーンはあまりにも切なすぎました・・。
この映画は私としては、今まで観た邦画のBEST5に入る作品となりました。上映中にもう一度観たいと思っています。
by ひきばっち (2010-04-12 13:23) 

non_0101

ひきばっちさんへ
こんばんは。コメント&TBをありがとうございました!
いい映画でしたね~☆
劇場で観て良かった~としみじみ思える作品でした。
バスのシーンは切な過ぎますよね。
ラストシーンの切なさにも涙でした(T_T)
by non_0101 (2010-04-12 23:29) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 24