So-net無料ブログ作成

Dr.パルナサスの鏡 [た行]

テリー・ギリアムが描いた不思議で幻想的なファンタジーです。
ヒース・レジャーの最後の演技を観なくては!と公開前から待っていました。
幻想の世界と人間の心の罪深さが散りばめられていて、
監督の目指したものはそれだったのかなと、いつの間にかワクワクしながら観ていました(^^ゞ

突然に移動してきては舞台を披露するパルナサス博士(クリストファー・プラマー)の幻想館。
瞑想しているパルナサス博士のパワーで
鏡に入った人間の欲望を形にした世界へと誘う不思議な出し物だ。
博士には秘密があった。実際の年齢は1000歳。
もともと彼は高僧だったが、悪魔と取引をして永遠の命を手に入れたのだ。
だが、運命の女性に出会った時、彼は永遠の命だけではなく若さも手に入れたいと願った。
若さとその女性を手に入れた彼は幸せの絶頂だったが、その代償は生まれてくる娘の命だった。
そして、大切な愛娘ヴァレンティナ(リリー・コール)は
その期限である16歳の誕生日を3日後に控えていた…

人々の妄想の世界は意外にポップで楽しそうでした~

人間の欲望が巡って展開していくファンタジーです。
悪魔と取引してしまった博士の願いは永遠の命と愛をゲットできる若さ。
そのために自由を失った娘ヴァレンティナの願いは自由と幸せな家庭です。
彼女を愛し、ひたすら彼女を助けようとするアントン(アンドリュー・ガーフィールド)の願いは彼女の愛。
そして、死ぬ運命だったところをヴァレンティナに助けられたトニー(ヒース・レジャー)は
人当たりの良いハンサムな外見の裏に、自分の強欲な顔を隠し持っていました。

人は幸せになりたいと願います。
欲望を超えたところに何が待ち受けているのか、博士の幻想と選択は問いかけてきます。
もともと博士に永遠の命を与えたのは、悪魔がこのゲームを楽しむための道具にしたかったからです。
欲望に落ちずに博士の示す道を行った場合は博士の勝ち、
悪魔の示した甘い欲望に落ちた場合は悪魔の勝ち。
もちろん、悪魔の選択の先に幸せは待っていません。
そして、博士自身も欲望の誘惑にとても弱い性格をしていました。

博士のゲームの商品にされてしまった美しい娘ヴァレンティナは普通の幸せを求める女の子です。
放浪生活の中で父に育てら彼女は、両親と子供が一つ屋根の下に暮らす暖かい家庭を夢見ています。
そんな彼女は突然に現れた頼りがいのあるトニーに恋をします。
自分をこの現実から連れ出してくれる男だと信じたのです。
トニーも彼女の夢に答えるように、甘い言葉で彼女を誘います。
でも、幻想の世界で次第に追い詰められたトニーは、次第にその正体を現しました。

それにしても、俳優たちは素晴らしかったです~
主人公のトニーは優しい笑顔で人を惑わし
機転の良さで自分の望む方向へと相手を導いてしまうパワーを持っています。
ヒース・レジャーの出演作では『ブロークバック・マウンテン』や『ダークナイト』の方が有名ですけど
個人的には『ROCK YOU!』や『カサノバ』の明るいキャラクターの印象が強いです。
今回もこのトニーの笑顔の裏に何かを隠しているような、怪しげなキャラクターがぴったりでした。

また、友情出演した3人も素敵でした。
1日半という時間で強行撮影したジョニー・デップは、出演時間は短いですけど
女性を惑わすシチュエーションには最適です。
自分の欲望の具現化を喜ぶシーンを演じたジュード・ロウの目を見開いた笑顔も
ちょっと怖くて面白かったです。
そして、3人の中では一番長い時間を出演してトリをとったコリン・ファレルは
彼がいたからこそこの作品が完成できたのだろうなあと感じるような演技を見せてくれました。

欲望と幸せの道は違っているのかも知れない。
そしてどんなに小さくても平凡でも、幸せの姿は周りの人にも幸せを与えてくれるかも知れない。
ごちゃごちゃしたポップな幻想を超えたところで待っているのは
本当はそんなささやかな幸せなのだろうなあと
観終わって1日過ぎた頃に頭に浮かんだ1本です(^^ゞ

hitsuji_IMAGINARIUM-OF-DOCT.jpg

監督:テリー・ギリアム 出演:ヒース・レジャー クリストファー・プラマー リリー・コール アンドリュー・ガーフィールド トム・ウェイツ ヴァーン・トロイヤー ジョニー・デップ ジュード・ロウ コリン・ファレル
2009年 イギリス/カナダ 原題:THE IMAGINARIUM OF DOCTOR PARNASSUS
(20100127)

nice!(15)  コメント(25)  トラックバック(16) 
共通テーマ:映画

nice! 15

コメント 25

たいちさん

若くして急死してから1年経ったのですね。アカデミー賞で両親や姉が受賞したのを覚えています。遺作ですので観たいですね。
by たいちさん (2010-01-30 17:11) 

non_0101

はっこうさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-01-30 17:19) 

non_0101

まっきーさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-01-30 17:20) 

non_0101

たいちさんへ
こんにちは。nice&コメントをありがとうございました!
あまりにも突然の死は本当にショックでした(T_T)
もっともっといろいろな役を演じて欲しい俳優さんでしたね。
今回は楽しそうな演技を見せてくれて嬉しかったです。
機会がありましたら、ぜひ、チャレンジしてみてくださいね☆
by non_0101 (2010-01-30 17:24) 

non_0101

shinさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-01-30 17:24) 

aya_rui

遺作としいう形ではありますが、
自分の作品が、こうして沢山の人々の心に
残るというのは幸せな事でもあるでしょうね。
人間の幸せというのは、
案外、そういう日常の中に
沢山散りばめられているもの
…なのかも知れないですね。
by aya_rui (2010-01-30 20:03) 

KLY

シュールな映像表現でしたよねぇ。
こういうの大好きです。舌べろグルングルンとか一体なんなんだこれ
って感じ。(笑)
ちょっとトニーが出てくるまでに時間がかかったのが意外でした。そこ
で少し退屈しちゃったかな。主人公は当然タイトルどおりパルナサス博士
なんだけど、もはや今となってはヒースと3人が目当てな人が殆どだろう
し、私もやっぱりそうでした。(笑)
by KLY (2010-01-31 00:10) 

non_0101

aya_ruiさんへ
こんばんは。nice&コメントをありがとうございました!
思いっきりテリー・ギリアム色のファンタジーなのですけど
今作はヒースの件もあって、幸せとかいろいろ考えさせられました。
何と言っても登場するキャラクターがみんな欲深いのです。
でも、一番の幸せを見つけたのは普通の幸せを追い求めた人だったというのは
ちょっと納得でした(^^ゞ
by non_0101 (2010-01-31 01:00) 

non_0101

トメサンさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-01-31 01:01) 

non_0101

マロンさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-01-31 01:04) 

non_0101

rikaさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-01-31 01:05) 

non_0101

KLYさんへ
こんばんは。コメント&TBをありがとうございました!
微妙にお茶目でシュールでしたね~
意外にポップな感じがして観ていて楽しかったです。
やっぱり初めはあの博士と鏡の説明になってしまいましたね。
ちゃんとしないと結構分かり難いかもしれないので仕方ない気もしますけど…
最初にぼーっと観ていた私は、途中まで博士の瞑想と鏡のパワーが
リンクしているのに気付きませんでした(^^ゞ
でも、とりあえず、ヒースと友人3人が登場したら、
もうそれだけで胸がいっぱいという気持ちになってしまいました☆
by non_0101 (2010-01-31 01:12) 

non_0101

@ミックさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-01-31 08:40) 

non_0101

genpatiさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-01-31 08:41) 

ジジョ

意外にヒースの場面が多かったですね〜☆
ヒースを観るたびに、ちょっと切ない気分にもなりましたが^^;
あの欲望の世界は素敵で、楽しかったです〜♪
by ジジョ (2010-02-01 04:26) 

non_0101

ほりけんさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2010-02-01 07:07) 

non_0101

ジジョさんへ
こんにちは。nice&コメントをありがとうございました!
ヒースの場面、なかなか多かったですよね。
ちょっと嬉しかったですけど、やっぱり切なかったです。
せめて笑顔が多い役で良かったなあと感じました。
あの鏡の世界、自分だったら何だろう?とちょっと思ってしまいました(^^ゞ
by non_0101 (2010-02-01 07:10) 

由香

こんにちは~♪
面白かったですよね~
ちょっと構えて観たのですが(笑)、とても見やすくてスグに惹きこまれました~
私も「ROCK YOU!」や「カサノバ」のヒースが好きなので、トニー役も似合っていたなぁ~と思いました。
ジョニー、ジュード、コリンも良かったですよね~
ヒースの演技に似せていたので、なんだかジーンとしました・・・
by 由香 (2010-02-01 07:50) 

non_0101

由香さんへ
こんにちは。コメント&TBをありがとうございました!
私もテリー・ギリアム監督なので、ついて行けるかなあと思っていたのですけど
いつの間にか楽しんでました(^^ゞ
3人とも良かったですよね~
特にコリンはヒースっぽい感じで上手く演じているなあと感じました。
本当にこの作品を観ることができて良かったです☆
by non_0101 (2010-02-01 12:40) 

coco030705

こんにちは。
ヒース・レジャーがアカデミー賞を受賞してから、一年が経ったんですね。
意欲的に色々な役をこなしていた俳優さんだったなと、今更ながら思わずにいられません。この映画の中では、現実のトニーで、裏表のある人間をうまく演じていましたね。
またコリン・ファレルも良かったと思います。

今年のアカデミー賞各賞は誰の手に?ドラマ以上にドラマティックな催しですもの、楽しみですね。
by coco030705 (2010-02-12 14:08) 

きさ

昨日見ました。
ギリアム監督はモンティパイソンの頃から好きで、「バンデットQ」や「バロン」はロードショーで見ました。
「未来世紀ブラジル」も好きだし「バトル・オブ・ブラジル」も読みました。
最近低迷していたギリアム監督ですが、この作品ではかなり復活してました。
全盛期と比べるとアレですが、、
ヒース・レンジャーが亡くなったにも関わらず良くまとめましたね。
by きさ (2010-02-13 10:03) 

non_0101

cocoさんへ
こんにちは。nice&コメントをありがとうございました!
本当に一年が経つのは早いですね~
ヒース・レジャーはきっと演じることが好きな俳優さんですよね。
シリアスなドラマも上手いですけど
今回の作品を観て、やっぱり笑顔がいいなあと思いました。

アカデミー賞楽しみですね~
昨年は司会のヒュー・ジャックマンが最高でしたね。
今年はどんな演出を見せてくれるのか期待しています☆
by non_0101 (2010-02-13 10:18) 

non_0101

きささんへ
こんにちは。ギリアム監督はあまりなじみが無いので、ちょっと不安だったのですけど
作品的にはとても楽しめました~
本当に上手くまとめていましたね。
上映が出来て本当に良かったです☆
by non_0101 (2010-02-16 12:59) 

non_0101

movieloverさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2011-12-17 20:51) 

non_0101

inunekoさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2011-12-17 20:51) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 16