So-net無料ブログ作成

サヨナライツカ [さ行]

辻仁成著の原作小説を韓国のイ・ジェハン監督が中山美穂さん主演で描いたラブストーリーです。
原作は未読のままチャレンジしてみました。
25年の年月を経て真実の愛を見つけた男女の姿をじっくりと描いていました。

1975年。バンコクの空港開発に向けて世界が動いている最中、
日本の航空会社からも本社からタイの営業所へ優秀な社員が送り込まれてきた。
その一人・豊(西島秀俊)は仕事が出来て好青年という噂の高い男で、日本には美しい婚約者もいた。
ある日、豊が会社の仲間たち楽しく飲んでいると、そこに美しい日本人女性・沓子(中山美穂)が現れた。
彼女は豊の親友の恋人だったが、沓子も豊も互いに惹かれるものを感じていた。
そして後日、野球の試合で豊がサヨナラホームランを打つ活躍をして帰宅すると
突然、沓子が彼の部屋へ現れた。
そして二人は強い愛に押し流されるように結ばれていった…

出演者はみんな日本人でしたけど、やっぱり韓流でした~

愛されることを求めて彷徨う沓子。
そんな沓子との強烈な愛に溺れていく豊。
沓子はただひたすら愛されようとするのですけど、
やがて豊との愛が自分の人生で唯一の愛だと気付いてしまいます。
でも、豊は沓子との愛よりも、社会的に認められる婚約者との結婚を選びます。
そして25年の時間が過ぎていきました。

物語のかなりの部分は二人の愛の日々です。
結ばれた時からの愛の時間は、そんな愛を裏切れるのですか~と思うほど笑顔に溢れていて
これはもう、寂しい心を抱えた沓子が愛への考え方を変えてしまうのも分かるなあと感じました。
特に豊に出会ってからどんどん綺麗になっていく沓子を演じた中山美穂さんの美しさと
韓流らしく強さも弱さも見せる豊を演じた西島秀俊さんの演技の上手さには魅せられました。

それにしても25年後の展開には、う~んと思ってしまいました。
あまりにも急に25年後に飛んだことにも驚きましたけど、
その後の愛の行方にも何となく釈然としない気がしてしまいました。
でも、そういう答えもあるかなあとちょっと思ってしまいました(^^ゞ

映画の中で出た“死ぬ時に愛されたことを思い出すか、愛したことを思い出すか”の質問に
私だったら… といろいろ考えてしまった1本です。

hitsuji_sayonara-itsuka.jpg

監督:イ・ジェハン 出演:中山美穂 西島秀俊 石田ゆり子
2009年 韓国
(20091210)

追伸
この映画は試写会で観ました。公開は1月23日以降の予定です。

nice!(9)  コメント(14)  トラックバック(18) 
共通テーマ:映画

nice! 9

コメント 14

KLY

前半部分は良かったんですけどねぇ。中山美穂さんは凄く
“いい女”になって帰って来たし、石田ゆり子さんの熱演は素晴らし
かったです。真剣に男を愛する女の怖さみたいなものを感じつつ同
時にそれは弱さでもある…みたいな。
ところが25年後がきつかった。とにかくあの老けメイク変ですって…。
少しだけならいいけどこれがまた結構長いんだもの…。
by KLY (2009-12-14 01:47) 

non_0101

KLYさんへ
こんにちは。コメント&TBをありがとうございました!
25年後はちょっときつかったですね~
あそこまで老けなくても…とか思ってしまいました(^^ゞ
全体的にもやっぱり韓流だなあと感じました☆
by non_0101 (2009-12-14 12:59) 

non_0101

yabonnjinさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2009-12-14 12:59) 

夏海

こんにちは^^
うわぁ~試写会で観られたんですね!
私も早く観たい映画の1つなんですよ^^
西島秀俊さんは、ドラマ「大奥」の時からのファンですし
中山美穂さんも久々だし楽しみです♪
原作を読んでから映画を観るかいつも迷います^^;
by 夏海 (2009-12-14 14:15) 

aya_rui

死ぬ時に思い出すなら、
愛されたことを思い出したいなぁ…
と思ってしまいましたが、
大好きな人の事を考えるならと思うと
愛した事になるんでしょうかね。
真実の愛を見つけられた人は
どちらに当て嵌まるのでしょうね♪
by aya_rui (2009-12-14 19:53) 

non_0101

トメサンさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2009-12-14 22:15) 

non_0101

夏海さんへ
こんばんは。nice&コメントをありがとうございました!
運良く試写会で観ることが出来ました~
予想よりも物語の展開が韓流でした(^^ゞ
中山美穂さんは相変わらず綺麗です。
そして、西島秀俊さんはとてもかっこ良かったです。
ぜひ二人の演技を楽しんでくださいね☆
ちなみに私は本よりも映画を先に観てしまいます(^^ゞ
by non_0101 (2009-12-14 22:19) 

non_0101

成瀬さんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2009-12-14 22:20) 

non_0101

aya_ruiさんへ
こんばんは。nice&コメントをありがとうございました!
愛したことと、愛されたこと。どちらを思い出すのでしょうね~
どちらの想いが強かったかという意味も込められている問いなのでしょうか。
どちらになるにしろ、その時にニッコリ出来るといいなあ(^^ゞ
by non_0101 (2009-12-14 22:48) 

non_0101

@ミックさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2009-12-15 12:35) 

non_0101

shinさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2009-12-15 12:35) 

cs

こんにちは。
この作品、やっぱり韓国作品っていう仕上がりなんですね。
その指摘に納得です。
原作を自分も読んでいませんのでわからないんですが、一気に25年過ぎるっていう展開は驚きです。こういう描写は小説ではなく映画では難しい部分でもありますね。
それにしても、中山美穂さんも石田ゆり子さんも全く違う個性で素敵だったんですが、他の作品ではあんまりこれまで見たことがない西島秀俊さんのある種の迫力(?)には驚きました。
by cs (2010-01-30 13:11) 

non_0101

csさんへ
こんにちは。nice&コメントをありがとうございました!
出演者たちを見て邦画かと思って観ると、ちょっとびっくりする作品かも知れませんね。
展開だけではなく、なかなか強烈なキャラクターとか豊かな感情表現とか
やっぱり韓流なのだなあと思いながら観ていました(^^ゞ
西島秀俊さんは、いつもの役とは随分違っていましたね~
何かまたひとつ魅力を増した感じだなあと思いました☆
by non_0101 (2010-01-30 16:28) 

non_0101

かものはしさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2011-12-17 20:36) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 18