So-net無料ブログ作成

わたし出すわ [や・ら・わ行]

森田芳光監督がオリジナル脚本で描いた人間ドラマです。
「わたし出すわ」と小雪さんが言っている予告編を観て、何だか不思議だなあと気になっていました。
最後の最後まで、ちょっと不思議な余韻を残していく物語でした(^^ゞ

東京から故郷の函館へと帰省してきた山吹摩耶(小雪)。
二人の引っ越し屋に荷物を運び入れてもらうと、彼女は彼らに心付けを渡した。
中身を見た一人が慌てて部屋へ取って返し、こんなに貰えないと彼女へ返そうとした。
袋の中には10万円が入っていたのだ。
だが、そんな若者に摩耶はそのお金で良い思い出を作ってくださいと言って微笑んだ。
次に外へ出て路面電車へ乗った摩耶は、終点で運転手の道上保(井坂俊哉)に挨拶した。
道上は摩耶の高校時代の同窓生で、路面電車と運転手という仕事を大切に思っている男だった。
道上の仕事が終わるのを待っていた摩耶は、二人でゆっくりと食事をしながら近況を語り合う。
摩耶が道上の高校の頃に話していた夢「世界の路面電車巡り」について尋ねると、
道上は「今は無理。お金も無いし…」と苦笑いしながらうつむいた。
そんな道上を見つめながら摩耶は「わたしが出してあげる」と言い始めた…

お金って何だろうなあと改めて考えさせられる物語でした。

摩耶と5人の同窓生の物語です。
世界の路面電車巡りを夢みている運転手・道上。
将来を嘱望されながらも足を故障して走れなくなっているマラソンランナー・孝(山中崇)。
自分を武器に玉の輿に乗ったとはしゃいで派手な生活を送っているサキ(黒谷友香)。
箱庭に夢中な夫と猫を愛し、慎ましく暮らしているさくら(小池栄子)
海の魚の分布を大きく変えてしまうような研究の成功を目指す、女癖の悪い満(小澤征悦)。
そんな彼らに摩耶は金を差し出していきます。
そして金は彼らを幸せにも不幸にもしていきました。

最後まで観ていても答えが明確に登場するような物語ではありません。
何故、彼女は友人たちに金を出そうとするのか。そこは何となく感じられる程度です。
でも、彼女が何かに悩んでいることは確かです。
その大きな悩みの1つがお金の使い道だったのかも知れません。
人には必要なお金がある反面、必要ではないお金もあるのです。
彼女が友人たちにお金を渡す姿を観ながら、お金って本当に使いようだなあと感じました。

それにしても、不思議な話でした~
ちょっとお伽噺っぽいところもあるのですけど、友人たちに起こる出来事はみんなリアルです。
お金は結局、使っている人の夢や行動を具現化するための手段でしかありません。
使い方を知らない人、自分の夢を持っていない人はお金の持つ力に負けて落とし穴に落ちていきます。
そして、幸せも不幸も結局は夢へ向かおうとする心の強さなのだなあと考えてしまいました(^^ゞ

観終わった時、お金って何だろうねと友達と話したい気持ちになった1本です。

hitsuji_watasi-dasuwa.jpg

監督:森田芳光 出演:小雪 黒谷友香 井坂俊哉 小澤征悦 小池栄子 山中崇 仲村トオル 小山田サユリ 藤田弓子
2009年 日本
(20091015)

追伸
この映画は試写会で観ました。公開は10月31日以降の予定です。

nice!(6)  コメント(10)  トラックバック(6) 
共通テーマ:映画

nice! 6

コメント 10

non_0101

xml_xslさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2009-10-16 12:48) 

aya_rui

お金は人を、幸せにも、不幸にも
するものであるのは確かなのでしょうね。

それが使い方次第、自分の心次第。
なのだとしたら、お金を持つという事は
凄く大変な事でもあるのかもしれないですね。

普段そんな風に思って、お金に接しては居ないけれど…
それがいいのか、悪いのか?(^w^)ヾ
by aya_rui (2009-10-16 21:17) 

たいちさん

小雪のイメージにぴったりな作品と思いますね。ほんとうに「お金」はいろいろな表情を持っていますね。
by たいちさん (2009-10-16 22:21) 

non_0101

shinさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2009-10-17 16:37) 

non_0101

トメサンさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2009-10-17 16:38) 

non_0101

nobapapaさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2009-10-17 16:39) 

non_0101

aya_ruiさんへ
こんにちは。nice&コメントをありがとうございました!
> 普段そんな風に思って、お金に接しては居ないけれど…
私も普段はあまり考えていないことかも知れないですね(^^ゞ
突然、大金を手に入れたら、本当にかなえたい夢を目指すのか、
それとも人生を狂わせるのか…
本当にお金の使い方はその人の心を映すなあと感じるような作品でした☆
by non_0101 (2009-10-17 16:45) 

non_0101

たいちさんへ
こんにちは。nice&コメントをありがとうございました!
ちょっと不思議な主人公は小雪さんにぴったりでした。
何気なく無造作に大金を差し出していく主人公と
それを受け取る友人たちの温度差が興味深かったです(^^ゞ
by non_0101 (2009-10-17 16:50) 

KLY

色々考えさせられました。
だれもが考えたことがあるであろう「大金を手にしたらどうする?」
という単純なテーマで、様々な人間模様を見せてくれましたよね。
幸せになるものと、不幸になるもののボーダーラインはなんなのか。
私は「人のためにお金を使えるか」だと思ったのですが、他にも解釈
はあるのかもしれません。
ところで、摩耶ってどっからあんな情報しいれてんでしょうね?(笑)
by KLY (2009-11-05 23:26) 

non_0101

KLYさんへ
こんばんは。コメント&TBをありがとうございました!
お金に溺れる人。お金を夢のためにきちんと使える人。
そして自分にはそんな大金は無い方が良いと考えられる人。
ちょっとした考え方の違いで人生が変わってくるのが面白かったです。
お金で自分の生活を変えるのではなく、自分の生活の合わせて
お金を考えられるところがラインなのかなと感じました。
摩耶って不思議だけど本当に記憶力が凄そうですね。
もしかして情報源は各種新聞を読んでいるだけだったりして(^^ゞ
by non_0101 (2009-11-06 01:18) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 6