So-net無料ブログ作成

グラン・トリノ [か行]

クリント・イーストウッド監督・主演の最新作です。
偏屈で孤独な老人と隣に住むアジア系民族出身の若者たちとの心の交流が
イーストウッドらしいストーリーで描かれていました。

ウォルト・コワルスキー(クリント・イーストウッド)は偏屈でいつも不愉快そうな顔をしている。
最愛の妻のお葬式でも不似合いな服装の孫たちを睨みつけ、息子二人に厭な顔をされていた。
お葬式後、家に集まった客たちを眺めてうんざりしていたところ、隣家の少年が物を借りに来た。
元フォードの工場で働いていた彼なら絶対に持っているような道具だったが、
彼は若者に口悪く差別的な言葉を投げた挙句、我が家は葬式中だと追い返す。
そして間も無く客も息子と家族たちも帰宅し、家には一人ウォルトだけが残された…

イーストウッドの圧巻の演技とストーリーに魅入られながら、最後までじっと画面を見つめていました。

いつも口汚い言葉で相手を罵っているウォルト。
彼は人種差別の言葉は当たり前のように言うし、他人にかまわれるのも大嫌いです。
妻が自分の死後を心配して願いを託した神父にさえ、青二才相手に何が話せるかと突っぱねます。
愛しているのは亡くなった妻と犬のデイジー、そしてガレージにあるフォード社の車グラン・トリノだけ。
でも、曲がったことは大嫌いです。
そして、自分の信条を貫き、妻の死後は一人で生きていました。

ある時、彼は成り行きから隣家の少年タオと深く関わり合うようになります。
タオの一家はアジア系民族で、近所には彼と同じ民族が多く住んでいます。
初めは嫌々ながら付き合っていたウォルトでしたが、タオの姉で明るく口達者なスーと話すうちに
段々と心が通い合うようになってきます。

そんな彼が隣家の問題に関わったことで、問題はどんどん大きくなっていきます。
彼はもちろん良かれと思って行なったことなのですけれど、彼が敵を刺激したために
とうとう酷い事件へと発展してしまいます。
暴力には暴力の応酬で返されてしまったのです。
そして、考えた挙句に彼がとった選択は、彼の全てを懸けたひとつの行いでした。

ウォルトがここまで偏屈になったのは、戦争の体験が心に大きな影を落としているためです。
彼は自分の殺した人間たちのことをいつまでも忘れず、
その罪の意識を心に秘めながら生きてきました。
戦争から戻って家庭を持っても、その意識は途切れることなく、
息子たちにも愛想をつかれるほど心が通い合わないような人間になってしまいます。
そんな不器用でとても偏屈だけど真っ直ぐな心を持つ男が一番似合うのは、
やっぱりクリント・イーストウッドでした。

見終わった時、映画の余韻に浸りながら、もしタバコとお酒がOKな人だったら、
ビールを片手に一服したくなるだろうなあとしみじみと感じた1本です。

hitsuji_GRAN-TORINO.jpg

監督:クリント・イーストウッド 出演:クリント・イーストウッド ビー・ヴァン アーニー・ハー クリストファー・カーリー
2008年 アメリカ 原題:GRAN TORINO
(20090416)

追伸
この映画は試写会で観ました。公開は4月25日以降の予定です。

nice!(14)  コメント(34)  トラックバック(29) 
共通テーマ:映画

nice! 14

コメント 34

たいちさん

嬉しいですね。今夜、この映画の試写会へ行きますので、よい予習が出来ました。
by たいちさん (2009-04-17 15:04) 

hatch

こんばんは!私も観て来ました。
そうそう、見終った後、心に染み入るというか、
しみじみとする映画でした。
私も年を重ねたら、あんな風に真実を、人生を語れるだろうかと、
イーストウッドの存在感に圧倒されました。
by hatch (2009-04-17 22:36) 

コッスン

これ、楽しみです。25日過ぎたら見に行ってきます。

by コッスン (2009-04-18 00:52) 

non_0101

たいちさんへ
こんにちは。nice&コメントをありがとうございました!
ご覧になったのですね~!いつもの詳細なレビューを
楽しみにしています(^^)
by non_0101 (2009-04-18 07:05) 

non_0101

hatchさんへ
こんにちは。頑張ってご覧になったのですね☆
そうそう、“心に染み入る”感じでしたね~
さすがはイーストウッドです。
もう、彼の演技の一挙一動から目が話せませんでした。
by non_0101 (2009-04-18 07:12) 

non_0101

takemoviesさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!

xml_xslさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!

ハリーさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2009-04-18 07:14) 

non_0101

コッスンさんへ
こんにちは。nice&コメントをありがとうございました!
とても見応えのある作品でした~
ぜひ、イーストウッドの凄さを堪能してくださいね☆
by non_0101 (2009-04-18 07:17) 

non_0101

shinさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2009-04-19 10:47) 

キキ

こんにちは。
先週私も試写会で観てきました。
当たらなくても観に行ったと思いますが一足先っていうのは
いいですよね。
クリント・イーストウッド作品はいつも帰りは満足して帰れます。
もっと撮って欲しいですね。
by キキ (2009-04-23 17:28) 

non_0101

キキさんへ
こんばんは。nice&コメントをありがとうございました!
本当にいつも心にくる作品を作り上げてくれますね。
今回も見応え充分でした~ ぜひ、これからも摂り続けて欲しいですね。
公開したらもう一度見に行ってしまうかも(^^ゞ
by non_0101 (2009-04-24 00:14) 

くまんちゅう

まいどどうもです
行動や言動が過激だけど実は真っ直ぐで苦しんでいる老人
クリントじゃないと演じきれないですね
自分の家族じゃなくてアジア系の子供達には
素直になれたって所が上手いです
懺悔のシーンも良かったですね
by くまんちゅう (2009-04-24 22:11) 

non_0101

くまんちゅうさんへ
こんにちは。コメント&TBをありがとうございました!
あれだけ憎まれ口をたたきながら、でも愛されてしまう人なんて
クリント・イーストウッド以上に似合う人はいないですよね。
アジア系の子供たちを持ってきたところは本当に上手いです!
懺悔のシーンも奥が深かったです~
by non_0101 (2009-04-25 12:35) 

coco030705

こんばんは。
「レッドクリフⅡ」の次は、この「グラン・トリノ」を見に行こうと
思っています。
nonさんのレビューを読んで、いい予習ができました。
楽しみです!
by coco030705 (2009-04-25 23:24) 

non_0101

cocoさんへ
こんにちは。nice&コメントをありがとうございました!
「レッドクリフⅡ」の次に「グラン・トリノ」とはcocoさんらしいです~
「グラン・トリノ」はイーストウッドらしい見応えのある作品でした。
ぜひ、楽しんでみてくださいね☆
by non_0101 (2009-04-26 10:35) 

てくてく

こんにちは~^^
観てきました~。
余韻が残る映画でしたね。
監督の作品はいつも終わった後、感慨深い。
イーストウッド監督、また演技して欲しいですね^^
by てくてく (2009-04-28 15:46) 

バラサ☆バラサ

劇中登場するBlue Ribbonという名のビールには、少し思い出がありまして、懐かしい思いがしました。

先生の演技が最後というのは残念です。
現在のハリー・キャラハンでも演じてくれないかな。

by バラサ☆バラサ (2009-04-28 19:00) 

non_0101

てくてくさんへ
こんばんは。nice&コメント&TBをありがとうございました!
イーストウッドは監督業も素晴らしいですけど、演技も本当にいいですね~
今回の役がこんなに愛されるのは、やはりイーストウッドだからこそだと思います。
また演じて欲しいです☆
by non_0101 (2009-04-29 01:02) 

non_0101

バラサ☆バラサさんへ
こんばんは。nice&コメント&TBをありがとうございました!
アルコールに疎いので、ビールの名前まで気付きませんでした。
いい映画の中に思い入れのある物が登場すると嬉しいですよね~
あの一挙一動も見逃したくないと思わせるような演技力とオーラが
もう観れなくなってしまうのは残念です。
またいい役にめぐり合って出演して欲しいです☆
by non_0101 (2009-04-29 01:09) 

コッスン

こんにちはー
見てきました。
泣いちゃいました。
by コッスン (2009-04-30 15:21) 

non_0101

コッスンさんへ
こんばんは。本当に泣けますよね(T_T)
しばらくは席を立ちたくなかったです~
今のところ今年のマイベスト1です☆
by non_0101 (2009-04-30 21:14) 

non_0101

アートフル ドジャーさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2009-05-02 12:59) 

hash

こんばんは。
C・イーストウッド以外には、考えられないキャラクターでしたね。
それだけに、ラストは感慨深いものがありました。
by hash (2009-05-03 01:37) 

non_0101

hashさんへ
こんにちは。nice&コメント&TBをありがとうございました!
もうイーストウッドだからこその作品でしたね。
あの犬がムッとしているような表情に笑わされながらも
一挙一動に惹き付けられました。
ラストの歌も泣かせました~
by non_0101 (2009-05-03 08:32) 

江戸うっどスキー

こんなお爺さんに憧れます。
by 江戸うっどスキー (2009-05-08 01:05) 

non_0101

江戸うっどスキーさんへ
こんばんは。nice&コメントをありがとうございました!
私はこんなお爺さんとお友達になれるユーモアが欲しいです(^^ゞ
by non_0101 (2009-05-09 00:46) 

由香

こんばんは~♪
少しご無沙汰しておりました。お元気ですか?

これはいい映画でしたね~
鑑賞後も暫く余韻に浸っていました。
イーストウッドの円熟した演技で、偏屈なウォルトじいさんが堪らなく愛おしかったですし、最後の決断には想像がついても涙が止まりませんでした・・・
時間が経ってから観直しても、きっとまた同じ感動を味わえる作品だろうなぁ~って思います。
by 由香 (2009-05-11 00:05) 

non_0101

由香さんへ
こんばんは☆こちらこそご無沙汰でした!
何気にさくっとお邪魔してしまいました(^^ゞ

いい映画でしたね~
DVDでずっと手元に持っていて
1年に1度とか観直してみたくなる作品です。
> きっとまた同じ感動を味わえる作品だろうなぁ~
きっと何度観ても泣けてきますね~☆
by non_0101 (2009-05-11 21:27) 

みつかこねか

Nonさん、こんばんは!
78歳にして、名優クリント・イーストウッドを
再認識させたこの映画は、前評判通り見事なものでした。
頑固者ウォルトが、モン族の人々と徐々に心を開いてゆく様は
やさしさ満ち溢れユーモラスでした。
でも、すべての覚悟を決めて臨んだ人生の総決算は、
あまりにももの悲しい最後でしたね。

by みつかこねか (2009-05-23 19:42) 

non_0101

みつかこねかさんへ
こんばんは。主人公の決心と勇気は、若い姉弟に届くと信じていたからこそ
生まれたものでしょうね。
孤独な男が最後に見つけた信頼関係。
それががあってこその行動というところが泣かせます。
そんな男を演じたイーストウッドはさすがの演技力でした☆
by non_0101 (2009-05-24 23:14) 

coco030705

こんばんは!
いい映画でしたね。
自分の価値観を貫き通すというのが、本当に男を感じさせますね。
ダーティ・ハリーとはちがった決着の付けかたが、すばらしかったと
思います。
nonさんがおっしゃるように、お酒をのみながら余韻に浸りたいような
映画ですね。

by coco030705 (2009-06-02 23:35) 

non_0101

cocoさんへ
こんばんは。nice&コメントをありがとうございました!
いい映画でしたね~!
> ダーティ・ハリーとはちがった決着の付けかた
こんな男気が出せるなんてさすがはイーストウッドでした。
これが最後とは言わずに、もっと演技も観ていたいです(^^)
by non_0101 (2009-06-03 01:36) 

non_0101

csさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2009-06-29 23:02) 

cs

すいません、コメントがちゃんと送信できていなくて、確認が遅れて今更になってしまいました。
イーストウッド演じるウォルトがなぜこういう偏屈なキャラクターになっていったか、その一端がわかるエピソードの提示も、偏見が優先していた歓迎したくもなかった隣人への理解も、すごく律儀に丁寧に描かれていて、だからこそあのラストが彼にとっての自然な決着の付け方に思えました。
あの海沿いの道に爽やかな風が吹いていると思えるのは、魂の落ち着く先が彼の望んでいた場所だったと教えてくれているようです。
新米の神父さんとのやりとりも、心があったかくなりました。
by cs (2009-07-04 13:29) 

non_0101

csさんへ
こんばんは。コメントをありがとうございました☆
> すごく律儀に丁寧に描かれていて
段々とイーストウッドの演じたウォルトが理解できてくると
しかめっ面も可愛く見えてきて面白かったです(^^)
新米の神父さんとのやりとりもいい感じでしたね~
ウォルトも人生の最後にこういう素敵な人たちに出会えて
きっと嬉しかったろうなあと思いました☆
by non_0101 (2009-07-04 23:10) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 29