So-net無料ブログ作成

母べえ [か行]

野上照代氏の原作を映画化した作品です。
太平洋戦争の東京で必死に生きた一人の女性の姿が描かれていました。

昭和15年。ドイツ文学者で本の執筆をしている父べえ(坂東三津五郎)は今日もがっかりしていた。
出版しようとした著書が検閲により発禁になってしまったのだ。
父べえはかなり言葉を押さえたと思っていたのだが、検閲はそれをも許さなかった。
しばらくして、突然、夜中に警察がやって来て父べえを逮捕していってしまう。
罪状は治安維持法違反。父べえの思想が違反と判断されてしまったのだ。
母べえ(吉永小百合)は必死に長女・初子(志田未来)と次女・照美(佐藤未来)を抱きしめ
父べえは決して悪いことをした訳ではないと慰める。
しかし、最悪の場合は死刑にもなってしまうほどの重罪のため、父べえの帰ってくる見込みは無かった…

チラシにあるビジュアルは温かさいっぱいの雰囲気でしたけど、
実はそんな仲睦ましく温かい家庭を築いていた一家に戦争の波が押し寄せてくる哀しい物語でした。

愛する者を戦争に奪われつつも、優しさと愛する心を決して忘れなかった母べえ。
牢の中から家族を思いつつ手紙を必死に書いていた父べえ。
母べえを健気に支えようとする初子と、まだ事情が分からずに無邪気なままの照美。
そしてそんな一家を優しく見守る美しい義妹と、誠実に家族を支える夫の教え子。
戦争は重たく圧し掛かってきますけど、野上家に集まる人たちの心はみんな温かかったです。

でも一方で外の世界は冷たく不気味でした。
言論の自由は無く、おしゃれは贅沢だと罵られ、戦争が聖戦とされていた世界。
そんな中で普通に生きることの大変さが大げさではなく静かに淡々と描かれていて
切実な痛みが伝わって来ました。

人生を生き抜いた母べえの言葉と、父べえが手紙で送った妻への言葉に
二人の愛の深さを感じた1本です。

監督・脚本:山田洋次 出演:吉永小百合 浅野忠信 檀れい 坂東三津五郎 志田未来 佐藤未来
2007年製作
(071219)


nice!(3)  コメント(7)  トラックバック(6) 
共通テーマ:映画

nice! 3

コメント 7

たいちさん

今日、試写会で観ます。大変参考になりました。
by たいちさん (2008-01-15 12:29) 

non_0101

たいちさんへ
こんばんは。nice&コメントをありがとうございました!
今日、試写会ですか?感想を楽しみにしています!
私はなんて書いていいか、ちょっと悩みながら書きました(^^ゞ
参考になりましたでしょうか… (ちょっとm(__)mな気持ちです)
by non_0101 (2008-01-15 23:59) 

non_0101

xml_xslさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2008-01-15 23:59) 

coco030705

こんばんは。
年末に「武士の一分」を見て、よかったので山田太一の作品を
また見たくなりました。先日「徹子の部屋」に原作者の人が
出ていました。この方は黒澤監督のスクリプターをしていた人らしいです。
浅野忠信がいいらしいですね。どこかで見たいと思います。
by coco030705 (2008-01-19 23:00) 

non_0101

cocoさんへ
こんばんは。nice&コメントをありがとうございました!
『武士の一分』は目が見えなくなるという設定を知っていたので
覚悟しながら観れたのですけど、
『母べえ』はほとんど内容を知らなかったので、ちょっと辛かったです~
浅野忠信さんは良かったです!
とぼけたような雰囲気が本当に似合う役者さんですね(^^)
by non_0101 (2008-01-20 00:31) 

coco030705

こんばんは。
「母べえ」見てきました。TBさせていただきますね。
by coco030705 (2008-02-20 23:12) 

non_0101

cocoさんへ
こんにちは。TBをありがとうございました!
後で遊びに行きます☆
by non_0101 (2008-02-22 07:02) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 6