So-net無料ブログ作成

パンズ・ラビリンス [は行]

話題の作品をようやく観てきました!本当に“ダーク”ファンタジーでした~

1944年スペイン。臨月を迎えたお母さんとオフェリア(イバナ・バケロ)は山道を行く車に乗っていた。
新しいお父さんのもとへ行って一緒に暮らすためだ。
彼はフランコ反乱軍の将軍で、山岳地帯に逃げ込んでいるゲリラ軍と闘っており、
もうすぐ生まれてくる赤ちゃんを自分の監視下で育てたいと思っていた。
山道の途中での休憩中に、オフェリアはカマキリのような形をした生き物に出会う。
彼女は妖精?と笑顔で話しかけ再び歩き出すと、今度はこぶし大の石につまずいた。
ふとその石の形状を気に留めた彼女が石を拾い上げて周りを見渡すと、不思議な石像が立っていた…

観た人によるのだと思うのですけど、私はものすごく怖かったです(T_T)
じわじわと来る孤独感、圧迫感そして絶望感が、まるで悪夢を見ているように迫ってきました。

主人公オフェリアにとっては、現実は悪夢のようです。
好きだった父は戦争で亡くなり、遠い山岳へと連れて来られます。
母は臨月を迎えて具合がかなり悪いし、新しい父はフランコ叛乱軍の将軍で残忍無慈悲な男。
心を許せる使用人も可愛がってくれるけど、父の住みかから彼女を連れ出すことは出来ません。
そんな中、彼女は牧神[パン]から自分のことを異界の王女の生まれ変わりだと告げられます。

その牧神の出した3つの試練は怖いものばかり。
なんと言っても、少女と対峙する生き物たちがめちゃくちゃ不気味です。
例えば第一の試練は、木に巣食っている蛙から鍵を取り出すというものですけど、
その死にかけている巨木の中はドロドロで虫もうじゃうじゃいて、しかも蛙はものすごく大きいのです。
その試練だけで私は逃げ出します~と思ってしまいました…

また、新しいお父さんである将軍は人の命など何も気にしない人物です。
身だしなみには気を使う反面、自分に逆らう者には容赦は無く、簡単に人を殺してしまいます。
例え誤解で人を殺したとしても全く気にはしません。まるで第二次世界大戦のドイツ軍の人のようです。
そんな彼にとっては自分の血を受け継いで生まれてくる赤ちゃんだけが大切であり
赤ちゃんを産むお母さんでさえ二の次なのです。
この作品は少女の冒険だけではなく、内戦中のスペインの実情も描いていますけど、
その内戦の酷さを端的に表しているのがこの将軍の人となりではないかと感じました。

それにしても、この次期から始まる独裁政治が1970年代まで続くのですよね。
先月『サルバドールの朝』を観ていたので、余計に哀しさを感じました。

この作品にそれほどの怖さを感じたのは何故だろうなあ…
何か深層心理に触れるシーンでもあっただろうかと思いつつも、
悪夢の中でも勇敢に前進したオフェリアの健気な姿がとても印象的だった1本です。

監督:ギレルモ・デル・トロ 出演:イバナ・バケロ セルジ・ロペス マリベル・ベルドゥ
2006年製作 メキシコ/スペイン/アメリカ 原題:EL LABERINTO DEL FAUNO/PAN'S LABYRINTH
(071121)


nice!(7)  コメント(14)  トラックバック(8) 
共通テーマ:映画

nice! 7

コメント 14

non_0101

xml_xslさんへ
niceをありがとうございました!
by non_0101 (2007-11-23 15:21) 

LICCA

nonさん、こんばんわ!ご覧になったのですね。
この作品がすごく悲しかったのは、結局オフェリアの幸福の世界は、死後にしかなかったのか、というところです。
異世界で玉座を目の前に微笑むオフェリアと、現実世界で死に掛けているオフェリアを比べてしまって、きゅーっとなってしまいました。
虫がうじゃうじゃは気持ち悪かったですね。あとは意外と平気でしたが(苦笑)
by LICCA (2007-11-23 21:15) 

non_0101

月夜さんへ
niceをありがとうございました!
by non_0101 (2007-11-24 02:02) 

non_0101

LICCAさんへ
こんばんは。nice&コメント&TBをありがとうございました!
ようやく見てきました!
怖そうだと覚悟はしていたのですけど、予想よりも怖かったです!
> 結局オフェリアの幸福の世界は、死後にしかなかったのか
この結末も、かなりダークな気分にさせられました。
でも、幸せな選択だったのでしょうね…
by non_0101 (2007-11-24 02:12) 

くまんちゅう

コメトラ有難うございました。

妖怪好きには堪らないダークな作りでした。
不気味で怖い物好きなので期待以上に楽しめました。
フランコ政権とナチスドイツは同じような物ですから
似ているのも当然ですね、あの当時は世界中に
ファシズムがはびこってましたので、
無垢なまま迎えたオフェーリアのラストは
ハッピーエンドだと思います。
by くまんちゅう (2007-11-24 16:10) 

non_0101

くまんちゅうさんへ
こんばんは。こちらこそコメント&TBありがとうございました!
> 妖怪好きには堪らないダークな作りでした。
そうでしょう、そうでしょう!
そう言えばこの作品を「面白くて綺麗だった」と勧めてくれた友達は
ゾンビものとかのダークな美もOKな子でした(^^ゞ
キャラクターの中ではお父さんがめちゃくちゃ怖かったです。
後から考えるとあのラストは
親に愛されない現実から親に愛される世界へという気もしますね。
やっぱりハッピーエンドですね☆
by non_0101 (2007-11-26 01:25) 

たいちさん

スペイン在住の私の日本人知人が、この映画の美術に参画しています。スタッフとして名前を見つけた時は、感動しましたね。
by たいちさん (2007-11-26 12:58) 

non_0101

たいちさんへ
こんばんは。nice&コメントをありがとうございました!
それは凄いですね!!
この作品は美術的にも、とても評価されていますものね~
スペインという地で活躍できるなんて、素敵ですね(^^)
by non_0101 (2007-11-27 00:50) 

流星☆彡

先月 観てたんですけど、なかなか記事がUPできず、で、ちょいと覗きに
おじゃましました。(^^ゞ
私は…あの残忍な父親の血を引いた弟を助けるために、自らの現世を
犠牲にした崇高な行為に、“無垢な者を救った”有意義と共に、その誠意は
報われるのか!?皆(周りの大人)で誠心誠意 育てても、あの坊やが
将来の平和の礎となるのか!?なんだか安心できない不安感を残された
ようで…。こんな感想をも持っております。
by 流星☆彡 (2007-12-04 23:11) 

non_0101

流星☆彡さんへ
こんばんは。nice&コメントをありがとうございました!
> あの坊やが将来の平和の礎となるのか!?
なるほどです~!
あの赤ちゃんが、あの父親に育てられなければどれくらいいい子になるか…
それはちょっと知りたかったです☆
by non_0101 (2007-12-05 00:56) 

coco030705

こんばんは。
まさに、まさに「ダーク」な世界でしたね。
ラビリンスに出てくる怪物たちもキモかったです。(^^)
だからこそ、オフェリアの純粋さやほんの少しの美しい映像が
非常にきわだっていて、うまいなと感心しました。
それと、ただのおとぎ話にならなかったところが、私は気に入っています。
by coco030705 (2008-02-10 01:52) 

non_0101

cocoさんへ
こんにちは。nice&コメントをありがとうございました!
昨日は寒かったですけど、こちらではあまり大雪にはならなかったです。
関西の方が凄かったみたいですね\(^o^)/
美術は本当に綺麗でしたね。
現実の世界もファンタジーの世界も辛い反面、時々出てくる美しい美術に
救われた気持ちになりました(^^)
by non_0101 (2008-02-10 08:47) 

ジジョ

こんばんは☆
普通のファンタジーとはひと味違う作品でしたよね!
確かに怖いけど、あんな怖いファンタジーの世界しか子供が想像できないような現実世界にしてはいけないよね〜。と思いました。
TBさせていただきますね♪
by ジジョ (2008-02-12 00:22) 

non_0101

ジジョさんへ
こんにちは。nice&コメント&TBをありがとうございました!
そうですよね!あんなに怖い世界の方が、現実よりも救われているなんて
現実が酷すぎます(T_T) 3つの試練も強烈だったし…
“手の目玉お化け”… 運動音痴の私なら絶対に捕まっている気がする~と思うと
めちゃくちゃ怖かったです(^_^.)
by non_0101 (2008-02-12 06:43) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 8