So-net無料ブログ作成

ミス・ポター [ま行]

ピーターラビットの作者ビアトリクス・ポターの人生を描いた物語です。
動物たちの絵の可愛さと見渡す景色の美しさ、そしてミス・ポターの選んだ人生に胸を打たれました。

1900年初頭の封建的で階級意識の強いイギリス。
上流階級の家で育ったビアトリクス・ポター(レニー・ゼルウィガー)は数ある縁談を断り、
三十路を過ぎた今でも両親の家で動物たちの絵を描いていた。
上流階級の娘は仕事をするなどもってのほかであったが、彼女は自分の絵本を出版しようと考える。
児童書の発行実績のある出版社に自分の企画を持ち込んだところ、思いもかけず絵本の出版を引き受けてくれた。
実力が認められたと有頂天になったポター。でも、実はその出版社の経営者である兄弟が末っ子の初仕事として
失敗しても許されるような本をあてがおうとしたのだった。
末っ子ノーマン・ウォーレン(ユアン・マクレガー)に説明されたポターは気を落とすが、
彼が真面目に本に取り組み、良い本を発行しようと努力している姿を見て笑顔を取り戻す。
そして彼の勧めで、上流階級の女性とは異例の“印刷所での色校チェック”へと向かった…

愛らしい本を生み出した一人の女性の人生が生き生きと描かれていました(^^)

芸術に理解のある父。女の幸せは身分と財力のある男と結婚することで決まると信じて疑わない母。
そんな二人の間に生まれたビアトリクスは、小さい頃からスケッチブックに動物の絵を描いているような
ちょっと変わった女の子。
彼女は大人になった今でも絵の生き物たちに語りかけ、会話をしています。
そんな彼女とアニメで甦っているキャラクターたちの様子は、とってもキュートで可愛かったです(^^)

今から100年前の出来事でも共感できることがいっぱいでした。
彼女は世界中から愛される絵本を作り出し、身分とは関係なく本当に信頼できる人と愛を育み、
やがては昔からの自然をありのままに残すという偉業を行なっています。
何も知らないお嬢様という立場だった彼女が、それだけのことが出来たのは
運命や出会いに左右されているのかも知れません。
でも一番は、自分の心を大切にして愛するものを守ろうとする気持ちだったのだろうなと感じました。

哀しい恋に切なく感じつつも、彼女の純粋な生き方にちょっと憧れてしまった1本です。

監督:クリス・ヌーナン 出演:レニー・ゼルウィガー ユアン・マクレガー エミリー・ワトソン
2006年製作 イギリス/アメリカ 原題:MISS POTTER
(070903)


nice!(5)  コメント(19)  トラックバック(15) 
共通テーマ:映画

nice! 5

コメント 19

snorita

私も見ました!英語だったのですべてキャッチアップできてないけど、なんか女性の心をすごくくすぐる映画でした。懐かしいような、こんな気持ちがあったなあ、みたいな。ブリジット・ジョーンズが素朴になってでてるって感じで笑えましたし。なんといっても映画全体がキレイでしたねえ・・・。
by snorita (2007-09-05 09:44) 

non_0101

snoritaさんへ
こんばんは!
> なんか女性の心をすごくくすぐる映画でした。
そうそう!あの時代では大変なことが多かったのに、
主人公が手探り状態でも自分の希望へと進んでいって
やがては“夢をかなえる”のがいいですよね~
心の豊かな人生を歩んでいる人だなと、ちょっと羨ましかったです。
美しい風景にもうっとりでした(^^)
by non_0101 (2007-09-05 23:54) 

non_0101

たいちさんへ
niceをありがとうございました!
by non_0101 (2007-09-11 00:38) 

アートフル ドジャー

ミス・ポター は凄く気になってる作品なので、映画館へ観に行こうっと思ってます。
by アートフル ドジャー (2007-09-11 18:33) 

non_0101

アートフル ドジャーさんへ
こんばんは。nice&コメントをありがとうございました!
哀しい出来事もあるけれど、観終わった時には
心がちょっと優しくなっているような、そんな作品でした。
ぜひ、映画館のスクリーンで楽しんでくださいね(^^)
by non_0101 (2007-09-11 23:06) 

noel

試写会があったので明日見てきます。
気になっていた映画なので楽しみ。
それにしてもレニーは「ブリジット・ジョーンズの日記」の時も今回も何故アメリカ人が抜擢されたのかと言われたらしいですけど、その答えが見つかるでしょうか。
by noel (2007-09-12 09:24) 

non_0101

noel さんへ
こんばんは。nice&コメントをありがとうございました!
主演はケイト・ブランシェットかレニー・ゼルウィガーだったらしいですね。
ケイト・ブランシェットはとっても上手い女優さんですけど、
もしかしたらピーター・ラビットの可愛さにはレニーがお似合いかもです(^^ゞ
素敵な作品なので、ぜひ楽しんでくださいね☆
by non_0101 (2007-09-12 23:34) 

LICCA

nonさん、こんばんわ!
初日に見に行く事ができました。
えー、不覚にも泣いてしまいました(苦笑)
彼女の純粋に自分の生み出した“友達”を愛する気持ち、そしてノーマンとの純愛、美しい景色・・・言葉にすると陳腐ですけど、すごく温かい気持ちになれました。
悲恋だったのが・・・切ないです。
レニー・ゼルウィガー似合ってましたよね。
by LICCA (2007-09-15 19:13) 

non_0101

LICCAさんへ
こんばんは。nice&コメントをありがとうございました!
本当に温かい気持ちになれる、いい作品でしたね☆
派手なところはひとつも無い分、心にじんわりと来る気がしました。
レニー・ゼルウィガーって、実はちょっと苦手な女優さんなのですけど
この作品の彼女は好きです(^^ゞ
by non_0101 (2007-09-15 22:08) 

由香

こんにちは!
静かで優しい映画でしたね。
美しい湖水地方の風景にも癒されました。
映画としての盛り上がりには少し欠けたように思いましたが、たまにはこういう映画もいいものですね。
レニーとユアンは『恋は邪魔者』でも共演していましたが、相性も良く雰囲気もとても良かったです♪
by 由香 (2007-09-16 09:28) 

non_0101

由香さんへ
こんにちは!本当に優しくて癒される作品でしたね☆
ピーターラビットたちも本当に可愛くて~
時間が合ったらもう一度見たいなあ…
by non_0101 (2007-09-16 10:08) 

流星☆彡

ピーターラビットの作者が こんな女性だったなんて 全然 知らず、とても
興味深く 観ました♪悲恋は悲しかったですが、この時代にも こんなに
自分を持った 自立の意識の高い女性が居たこと。現代の女性達にも
多くを訴える主人公像ではないでしょうか。
娘を持つ私としては…30路の女性に“ついて歩いてる「婆やさん」”の
描写←驚き呆れつつ、販売されている本を見て 嬉し泣きをしている姿に、
馬鹿げていても親心…ってな不思議な共感を感じてしまいました。(~_~;)ゞ
by 流星☆彡 (2007-09-29 19:20) 

non_0101

流星☆彡さんへ
こんばんは。nice&コメントをありがとうございました!
いつも無表情なばあやさん面白かったです~
無表情だからこそ、本に感激する姿が可愛く観えました(^^)
どちらかと言うと私はあのお母さんはなんぞや!?と思ってました。
う~ん、『プライドと偏見』のお母さんも強烈でしたけど、
上流階級のお母さんも不思議な人が多いですね(^^ゞ
by non_0101 (2007-09-30 00:13) 

流星☆彡

超 遅くなったんですけど、記事を書いてみました。(^^ゞ 素敵な作品なのに
申し訳ないよ~な気がして。TBさせていただきました。m(__)m
『プライドと偏見』←実は観てないんです。まだ…。これを機会に 観て
みたいと思います!
by 流星☆彡 (2007-09-30 15:18) 

miyukichi

 こんにちは♪
 TBどうもありがとうございました。

 私も彼女にものすごく共感し、感情移入しまくりで観てました。
 そのため、けっこう序盤からたくさん泣いていました^^;;

 あのまっすぐで素直な生き方、素敵でしたよね。
by miyukichi (2007-09-30 17:25) 

non_0101

流星☆彡さんへ
こんばんは。TBありがとうございました!
映画『プライドと偏見』はかなり好きです☆
1995年製作のイギリスのドラマ『高慢と偏見』はもっと好きです☆☆
(こちらは相手役がコリン・ファースです。)
ドラマの方が長い分お母さんも強烈です(^^ゞ
by non_0101 (2007-09-30 22:09) 

non_0101

miyukichiさんへ
こんばんは。こちらこそコメント&TBをありがとうございました!
この映画は私のストライクゾーンにぴったりでした。
本当に大きなスクリーンで観て良かったです!
> あのまっすぐで素直な生き方、素敵でしたよね。
素敵でしたね!自分の夢を失わない強さにはあこがれてしまいました☆
by non_0101 (2007-09-30 22:37) 

rikocchin

nonさん、こんばんわ☆
コメントありがとうございました~☆

私、ピーター・ラビットが大好きなので、ずっとこの映画を楽しみにしていました^^
時代の風潮に流されることなく自分自身を大切に生きてきた愛と別れと再生の物語が静かに心に響く感じですね。
いたずらっこっぽくピーターが動くシーンなどや、湖水地方の美しい風景に凄く癒される思いでしたね~♪
by rikocchin (2007-10-06 21:32) 

non_0101

rikocchinさんへ
こんばんは。こちらこそコメント&TBをありがとうございました☆
> ずっとこの映画を楽しみにしていました
期待に応えるような素敵な映画でしたね~!
本当にピーターたちが可愛くて癒されました。
もう一度観たいなあ…
by non_0101 (2007-10-06 23:04) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 15