So-net無料ブログ作成

おじいちゃんの里帰り [お]

トルコからドイツへ移民した一家をお祖父さんと孫の視点から見つめたロードムービーです。
お正月休みに観に行ったら満席で、再チャレンジでようやく観て来ました。
トルコとドイツの歴史の中で二つの国の文化を担った三世代の家族の姿に色々考えさせられるような物語でした。

一家の大黒柱だったお祖父さんのカッコ良さと、無邪気な視線で見つめる孫の可愛さに引き込まれました~

イルマズ家の家長フセイン(ヴェダット・エリンチン)は1960年代にトルコからドイツへ移住して来ました。
今では孫も誕生し、妻の希望でドイツへの帰化を申請しているところです。
ドイツへ来てから45年になりますけど、心はトルコ人のままで、家族を大切にするお祖父さんでした。

一方、6歳になる孫のチェンク(ラファエル・コスーリス)は、ドイツ生まれのドイツ育ちで言葉もドイツ語だけ。
でも、外見がトルコ人なので、サッカーで遊ぼうとしてもトルコ人組に入れられてしまいます。
そして、最近の授業の中で祖先の故郷を問われた時、素直に答えた故郷の町が
教材になっているヨーロッパ地図からは外れたところにあって、不満顔になってしまいました。

そんなある日のこと。三世代の家族が集まった場で、フセインがトルコの故郷へ旅行へ行こうと提案します。
実は密かに家を購入したというのです。
ただし、家はボロ屋なので、みんなに修繕を手伝って欲しいというお願いをします。
誰もが不満顔でしたけど、フセインのたっての願いということでしぶしぶ承知します。
そして、家族総出のマイクロバスでの旅が始まりました。

それにしても、何だか面白い物語でした。
トルコからドイツへ肉体労働者として出稼ぎや移住をした人が多かったことや、
それは不足の労働力を補うために、ドイツの政策だったことは何となくは知っていましたけど
この一家の姿を通してみると、そのことが抱える問題が実感として伝わってきます。
言葉も分からずに暮らし始めた頃の苦労ははかり知れません。
そして、ほぼ半世紀が過ぎても、その文化のすれ違いは残っています。
国が違うということはこういうことなのかと感じながら物語を見つめていました。

そして、何と言ってもヴェダット・エリンチンの存在感とラファエル・コスーリスくんの可愛さには癒されました。
他の家族の役者さんたちは、名前は分からなかったのですけど、みんな上手かったです。
そんな一家がそれぞれの立場を体現しながら旅をして行く様子は、まるで本当の家族のようでした。

観終わった時、フセインさんのような人々がその時代の担い手だったのだなと改めて感じた1本です。

hitsuji_ALMANYA-WILLKOMME.jpg

監督:ヤセミン・サムデレリ 出演:ヴェダット・エリンチン ラファエル・コスーリス 
2011年 ドイツ 原題:ALMANYA - WILLKOMMEN IN DEUTSCHLAND
(20140112)

公式サイトはこちらへ http://ojii-chan.com/

nice!(22)  コメント(24)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画

nice! 22

コメント 24

たいちさん

ドイツとトルコの間には、多くの国を通らねばなりませんね。
この間のロードムービーに興味ありますね。
by たいちさん (2014-01-17 19:08) 

non_0101

カメラde防犯さんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2014-01-18 09:06) 

non_0101

Sosianrayさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2014-01-18 09:07) 

non_0101

teftefさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2014-01-18 09:07) 

non_0101

sugoimonoさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2014-01-18 09:08) 

non_0101

さらまわしさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2014-01-18 09:08) 

non_0101

KINYAN0829さんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2014-01-18 09:10) 

non_0101

ブラザー★ボブさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2014-01-18 09:11) 

non_0101

たいちさんへ
こんにちは。nice&コメントをありがとうございました!
現在の家族全員でのマイクロバスの旅から始まるのですけど、
トルコへ向かう現在とドイツへ向かう過去の旅が交互に映し出されていました。
一家の歴史そのものが旅のような感じで面白かったです☆
by non_0101 (2014-01-18 09:19) 

non_0101

夢の狩人さんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2014-01-18 09:20) 

non_0101

やってみよう♪さんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2014-01-18 09:20) 

non_0101

ぽんさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2014-01-18 09:21) 

non_0101

song4uさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2014-01-18 09:24) 

non_0101

makimakiさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2014-01-18 09:24) 

non_0101

つむじかぜさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2014-01-18 09:25) 

non_0101

いっぷくさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2014-01-18 09:25) 

non_0101

怪しい探麺隊さんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2014-01-18 09:25) 

non_0101

yamさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2014-01-18 22:12) 

non_0101

ネオ・アッキーさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2014-01-19 20:23) 

non_0101

beamuseさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2014-01-26 12:56) 

non_0101

さつきさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2014-01-26 12:57) 

non_0101

prin4795さんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2014-01-26 12:57) 

キキ

ラファエル・コスーリスくん、可愛いですよね~。
ドイツでもかなり人気が出たそうです。
ドイツからトルコまで車で行けるなんて道はつながっているんですね。
大陸だあって思いました。
笑って泣けるいい映画でした。


by キキ (2014-01-28 21:00) 

non_0101

キキさんへ
こんにちは。nice&コメントをありがとうございました!
ようやくギリギリで観て来ました。
観る事ができて良かったです~
ラファエル・コスーリスくん、可愛いですね~
彼の純粋な視点と共に歴史を知ることが出来るのが楽しかったです☆
by non_0101 (2014-01-30 00:38) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1