So-net無料ブログ作成

あなたへ [あ]

妻を亡くした夫が車で旅をする高倉健さん主演のロードムービーです。
公開前からずっと気になっていたのですけど、少し前にテレビで観たドキュメンタリーで
高倉さんが大滝秀治さんの演技に感動していたのを思い出し、やっぱり観なくちゃとチャレンジして来ました。
さらりとした印象なのに心の中に温かさが残るような、優しい気持ちを感じる作品でした。

旅の中で出会った人は、みんな人の弱さと痛みを知る心優しい人たちでした。

亡き妻の願いを叶えるために、遺骨を持って富山から長崎までの旅に出た男の物語です。
倉島(高倉健)は富山の刑務所で指導技官として、妻と共にひたすら誠実に生きて来ました。
数日前に病気で妻(田中裕子)を亡くして喪失感を抱えていたある日のこと、
とあるNPO団体の人が妻の遺言状を携えて倉島を訪ねて来ました。
そして、遺言状は2通あり、1通はその場で彼に渡されますが、
もう1通は長崎へ局留め郵便で送られると教えられました。

その場で2通とも貰えないことを不思議に思いながらも、それが妻の遺志と聞いて倉島は頷きます。
局留め郵便物の保管期限は10日間。それまでに倉島は平戸へ着かなくてはなりません。
すぐに1通目の遺言状を開けると、そこには遺骨を彼女のふるさとである平戸の海で
散骨して欲しいという願いが、彼女の描いた可愛い絵と共に書かれていました。

病床の妻に、治ったら一緒に旅をしようと約束していた倉島は、
彼女を乗せるはずだった車で平戸を目指すことにします。
旅の前に、職場の上司・塚本(長塚京三)の机に退職届を置いていくと、彼は届けを受理せず、
この旅行の間は休暇扱いにするから必ず帰って来いと強く言いました。
夫婦共に付き合いがあって仲の良かった倉島のことをとても心配していたのです。
倉島は彼に丁寧に挨拶をすると、富山から平戸までの1000km以上もの旅に出発しました。

それにしても、色々な人生に出会う旅でした。
キャンピングカーで一人旅をしている元教師という男(ビートたけし)。
イベント会場での店頭販売をするために、いつも全国へ出張している北海道の弁当屋(草なぎ剛)と
上司よりかなり年上で物静かな雰囲気のある彼の部下(佐藤浩市)。
漁師だった夫を海で亡くした後、平戸の港で娘と共に食堂屋を営んでいる女性(余貴美子)。
彼らが連れ合いに対して想う気持ちを聞いていく中で、倉島の心も少しずつ変化していきます。
そして、妻の手紙の真意を悟った時、倉島のこれからの人生が見えてきました。

テレビ番組で観た大滝秀治さんのシーンもあっさりとした一言だったのですけど、
それだけに、やっぱり演技の上手さを感じるワンシーンだなあと思いました。
観終った時、人を思い遣ることの強さと愛の深さをじんわりと感じた1本です。

hitsuji_anatae.jpg

監督:降旗康男 出演:高倉健 田中裕子 佐藤浩市 草なぎ剛 余貴美子 綾瀬はるか 三浦貴大 大滝秀治 長塚京三 ビートたけし
2012年 日本
(20121013)

公式サイトはこちらへ http://www.anatae.jp/


nice!(21)  コメント(22)  トラックバック(5) 
共通テーマ:映画

nice! 21

コメント 22

non_0101

まぁくんさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2012-10-13 22:45) 

song4u

ご案内いただき、ありがとうございます!
時間を作って、必ず観に行きたいと思います!!
by song4u (2012-10-13 23:14) 

non_0101

song4uさんへ
こんばんは。nice&コメントをありがとうございました!
こういう邦画に出会うと日本人で良かったと思えるような作品でした~
公開してから1ヶ月半も過ぎてしまっているので、
劇場へはなるべく早めにチャレンジしてみてくださいね☆
by non_0101 (2012-10-14 00:16) 

いっぷく

健さん、どこかのインタビューで
集大成ということばがでてたような気がしますが
引退作品のつもりなんですかね
by いっぷく (2012-10-14 01:59) 

エコピーマン

高倉健さんの 言葉のない表情の機微
これは日本人の相手の表情で感じる 特有の能力ですね
しかし この日本人らしさも衰退してきました

大滝秀治さんは 私も大好きな存在感のある俳優さんでした
残念です
by エコピーマン (2012-10-14 14:29) 

たいちさん

私もテレビで、この映画紹介や宣伝を沢山見ました。ちょうど大滝秀治さんの逝去も重なったためもあるでしょう。秋の夜長に、じっくり観たい作品ですね。また多くの共演者も素敵ですね。
by たいちさん (2012-10-14 17:43) 

non_0101

月夜のうずのしゅげさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2012-10-15 00:13) 

non_0101

いっぷくさんへ
こんばんは。nice&コメントをありがとうございました!
この作品でも健さんの存在感はさすがでした。
年齢的にも体力的にも大変だと思いますけど、
ぜひ、これからもいい作品に出演していって欲しいです~☆
by non_0101 (2012-10-15 00:16) 

non_0101

(。・_・。)2kさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2012-10-15 00:17) 

non_0101

k_igaさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2012-10-15 00:17) 

non_0101

世界のアイドルさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2012-10-15 00:17) 

non_0101

きささんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2012-10-15 00:18) 

non_0101

nikiさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2012-10-15 00:18) 

non_0101

artfuldodger3さんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2012-10-15 00:18) 

non_0101

エコピーマンさんへ
こんばんは。nice&コメントをありがとうございました!
独特の演技と存在感ですよね。
寡黙さで惹きつける役者さんはそうそういないですよね(^^ゞ
大滝秀治さんの登場するシーンはそれほど多くないのですけど、
番組で演技が終わった後に二人が握手しているのを観て、
何だか胸が熱くなったのを思い出しました。
本当にいい役者さんでしたね(T_T)
by non_0101 (2012-10-15 00:22) 

non_0101

ハマコウさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2012-10-15 00:22) 

non_0101

たいちさんへ
こんばんは。nice&コメントをありがとうございました!
出演者がみなさん素敵でした~
公開は8月からだったのですけど、物語は10月の話だったので
今、観るのにぴったりでした☆
by non_0101 (2012-10-15 00:24) 

non_0101

sugoimonoさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2012-10-15 00:24) 

きさ

ロードショーでは見損ないったのですが、今日、三軒茶屋シネマで見てきました。ラスト1本700円。
良い映画でしたね。
大滝秀治さんの登場するシーンの素晴らしさ、私には十分には理解できなかったという気はするのです。
とても自然な演技ではあるのですが。
そうそうたる俳優さんが出ていますが、それを受け止める高倉健さんの存在がやはりすごいですね。
大スターだと改めて思いました。

by きさ (2012-12-26 23:59) 

non_0101

きささんへ
こんばんは。コメントもありがとうございました!
700円だったら、ぜひ劇場で観たい作品ですよね(^^ゞ
高倉健さんの存在感はさすがですよね。
誰もが一緒に仕事をしたいと思うのは分かるなあと感じました。
まだまだスクリーンで観たい人ですね☆
by non_0101 (2012-12-27 00:35) 

sweetsunday1101

最近アップルTVで観たのですが、心にしみる一本でした。
出てくる人たちは、とっても温かいのに、とってもさびしい思いを背負って生きてる。どの人も私達もみんなそうなんだなと思いがら観ました。
健さんの口にしなくても思いの伝わる存在感ってやっぱりすごいですよね。
by sweetsunday1101 (2013-06-23 18:00) 

non_0101

sweetsunday1101さんへ
こんばんは。nice&コメントをありがとうございました!
みんな本当に寂しい思いを背負っていましたね(T_T)
それだけに、彼らの温かさが心に沁みる気がしました~
健さんはやはり唯一無二の役者さんですね。
これからもぜひ活躍する姿を観たいです☆
by non_0101 (2013-06-24 00:04) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 5