So-net無料ブログ作成
検索選択

夢売るふたり [や・ら・わ行]

西川美和監督が松たか子と阿部サダヲの二人を主演に迎えて描くドラマです。
いつも人間のダークな部分を丹念に映し出す作品を作り上げている監督さんなので
今回はこの二人でどんな物語になるのだろうかと楽しみにしていました。
やっぱりダークな展開と背筋がぞわっとするようなラストに引き込まれました。

松たか子さんの目力が印象的でした~

小料理屋の開店を目指す夫婦の物語です。
とは言っても、彼らの資金源は結婚詐欺で得たお金です。
もともと二人は店を開いていたのですけど、火事で全てを失ってしまいました。
10年間をかけて築き上げたものが、一瞬で無くなってしまったのです。
その絶望から未来を目指す手段にしたのが結婚詐欺でした。

結婚詐欺を思いついたのは、夫・貫也(阿部サダヲ)の浮気からです。
火事で職を失った後、妻・里子(松たか子)は近所のラーメン屋で働き始めます。
一方の貫也は料理人としてのプライドと経験がたたって職に就けません。
その屈折した心から、つい、前の店の常連客だった女性と一晩過ごしてしまうのです。
もちろん、互いに大人なのでそれだけで終わる話だったのですけど、
里子は妻の鋭い感で、夫の嘘をすぐに見抜いてしまいます。
そして、その女性が店の資金にしてくれと大金を渡してくれたことから、
里子は結婚詐欺という手段を考え付きました。

それにしても、里子も貫也もそれほど悪くないと思える人だけに、
何の罪悪感も無い顔で詐欺を重ねていく二人の明るさが怖く感じました。
特に貫也はまるで女性たちに癒しをほどこすボランティアのように、彼女らに受け入れられていきます。
彼の明るさと優しさがそのまま女性たちの心にストンとはまっていくのですけど、
彼の笑顔が本当にいい人そうだけに、これは騙されるなあと思いました。

また、女心のウィークポイントを巧みに見つけてしまう里子の鋭さや、
対象の女性と会っている貫也を見つめる里子の視線は、
彼女の暗い心を見せ付けられたようで怖かったです^_^;
そして、二人の心が少しずつすれ違っていった先の結末を観た時、
何とも言えない気持ちになりました。

ラストの里子の表情がとても強烈でした。
人の心は読めないものだなと改めて感じた1本です。

hitsuji_yumeuru.jpg

監督:西川美和 出演:松たか子 阿部サダヲ 田中麗奈 鈴木砂羽 江原由夏 木村多江 笑福亭鶴瓶
2012年 日本
(20120830)

公式サイトはこちらへ http://yumeuru.asmik-ace.co.jp/


nice!(26)  コメント(31)  トラックバック(11) 
共通テーマ:映画

nice! 26

コメント 31

non_0101

まぁくんさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2012-09-08 23:12) 

non_0101

HIROMIさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2012-09-08 23:13) 

non_0101

song4uさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2012-09-08 23:13) 

non_0101

nikiさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2012-09-08 23:14) 

coco030705

こんばんは。
この頃さかんに二人がTVに出て宣伝してますね。
西川美和監督の映画好きなので、行ってもいいかなと思っています。
ちょっと怖そうな感じですね。
by coco030705 (2012-09-08 23:40) 

non_0101

KEIさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2012-09-09 10:11) 

non_0101

cocoさんへ
こんにちは。nice&コメントをありがとうございました!
西川美和監督の作品は、ぞくっとさせられるものばかりですね。
今作も見ごたえがありました。
主演の二人もさすがの演技で魅せられました。
機会がありましたら、チャレンジしてみてくださいね☆
by non_0101 (2012-09-09 10:13) 

non_0101

nyonyoさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2012-09-09 10:14) 

non_0101

怪しい探麺隊さんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2012-09-09 10:14) 

non_0101

あいか5drrさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2012-09-09 10:14) 

non_0101

世界のアイドルさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2012-09-09 10:15) 

non_0101

月夜のうずのしゅげさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2012-09-09 10:15) 

エコピーマン

人は皆 表裏一体の怖さを持っているような気がします
何か ちょとした出来事で人生の岐路を選択しないといけないことが
いつやってくるか 今からの世の中わかりませんよね
愛も 表裏一体 難しいですね 人は・・・
by エコピーマン (2012-09-09 13:10) 

たいちさん

西川監督は、鶴瓶さんが好きなんですね。
by たいちさん (2012-09-09 16:02) 

non_0101

エコピーマンさんへ
こんにちは。nice&コメントをありがとうございました!
もし、店が火事にならなければ、もっと違った人生を送っていただろうと思うと
何とも言えない気持ちになりました。
本当に難しいですね~☆
by non_0101 (2012-09-09 19:20) 

non_0101

たいちさんへ
こんにちは。nice&コメントをありがとうございました!
今作の鶴瓶さんは出番は少ないけど、とてもインパクトがありました。
監督さんにとって、きっと役を与えたくなる人なのでしょうね☆
by non_0101 (2012-09-09 19:31) 

non_0101

tanupoさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2012-09-09 20:41) 

non_0101

sugoimonoさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2012-09-12 08:52) 

non_0101

cafelamamaさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2012-09-12 08:52) 

non_0101

yonta*さんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2012-09-12 08:53) 

non_0101

いっぷくさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2012-09-12 08:53) 

non_0101

つむじかぜさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2012-09-12 08:53) 

non_0101

Extar15さんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2012-09-12 08:54) 

non_0101

yukkoさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2012-09-12 08:54) 

non_0101

Ritaさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2012-09-12 08:54) 

non_0101

beamuseさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2012-09-12 08:54) 

きさ

西川監督らしく色々キツイ映画ですね。
とはいえ「ゆれる」あたりと比べるとかなりユーモアも。
松たか子と阿部サダヲは好演、他にも鈴木砂羽、木村多江など俳優陣はみないいです。
ウェイトリフティングの選手役の江原由夏は本当の選手としか思えませんでした。
最初の方の阿部サダヲのダメ男っぷりはうまいです。
松たか子の演技も色々と怖いです。
ラストは西川監督らしく観客の心に投げかける様な終り方ですが、実は最初の構想では全く違うエンディングだったのだそうです。
見ごたえのある映画ですが、137分はちょっと長かったかな。

「夢売るふたり」に関しては、ほぼ日刊イトイ新聞の糸井重里と西川美和監督の対談が面白いです。
http://www.1101.com/nishikawa2012/2012-09-04.html
by きさ (2012-09-14 05:25) 

non_0101

きささんへ
こんにちは。nice&コメントをありがとうございました!
本当に役者が揃って見応えのある作品でしたね~
江原由夏さんは選手そのものでした!凄いです(^^ゞ
対談、じっくり読んでみます。ご紹介ありがとうございました☆
by non_0101 (2012-09-15 09:41) 

non_0101

想也さんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2012-09-23 00:24) 

cs

こんにちは。
すっかりご無沙汰してしまいました。
また今年もよろしくお願いします。

やはり西川美和監督の描く作品世界は、彼女独特のもので
エンターテイメントそのものではないんだけど、
観たこちら側に体験として残るものですね。
確かに、松さんのふと見せる視線とか、
様々な女性をだましつつもなんとなくセラピーを施しているかのような阿部さん演じる貫也のうつろな表情とか、なんともいえない微妙な感じに惹きこまれました。このリアルさが西川監督の作品を味わうというか体感するっていう部分につながっている気がします。
by cs (2013-01-13 17:12) 

non_0101

csさんへ
こんばんは。nice&コメントをありがとうございました!
今年もよろしくお願いいたします。

悪と夢の狭間で進もうとしていく主人公たちの危うさが印象的でした。
それを体現している2人の演技も凄かったです。
ぞわっとする感覚が後々まで残る作品でした☆
by non_0101 (2013-01-13 19:55) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 11