So-net無料ブログ作成
検索選択

あの頃、君を追いかけた [あ行]

台湾で人気の作家ギデンズ(九把刀)が自叙伝的な小説を監督して創り上げた作品です。
学生時代を描いていて台北映画祭の観客賞受賞作なので、きっと素敵な話だろうなと期待していました。
予想以上に可笑しくて生き生きとした高校生たちの姿がスクリーンに映し出されていました。

1994年。高校生のコートン(コー・チェントン)たち悪ガキ5人組は中学の頃からずっと
優等生のシェン・チアイー(ミシェル・チェン)に憧れている。
男子たちの明け透けでストレートな好意を、いつもチアイーは親友と笑顔で受け止めていた。
彼ら7人はとても仲の良い仲間だった。
ある日、コートンはヒステリックな教師の授業に教科書を忘れたチアイーの身代わりになって罰を受けた。
後日、コートンにお礼を言ったチアイーは、手作りのテスト問題と参考書を渡す。
それから毎日のように、チアイーは前の席に座るコートンの背中を青いペンで突き、
机で眠ろうとする彼の意識を勉強へ向かわせようとした。
そして、二人の距離は少しずつ近付いていった…

悪ガキ5人組のおバカっぷりが最高に楽しかったです~

主人公コートンとチアイーの淡い恋の始まりから終わりまでを描きながら、
かけがえの無い青春のひと時を映し出した物語です。
出だしからよくあるような展開ですけど、とても楽しくて新鮮に感じました。
主人公たちの底抜けの明るさがキラキラしていて眩しかったです。
そして、その天然とも言える笑いの数々には、思いっきり笑わされました。

中でもコートンの家庭の様子が面白かったです。
両親はとても大らかな人たちです。お母さんはいつも笑顔。お父さんはいつも裸。
そしてコートンも家ではいつも裸です。
あまりにも開けっぴろげなので、もう可笑しくて笑うしかありません。
そんなのんびりしていて勉強嫌いの彼が、チアイーへの想いのために勉強に向かい始めます。
特に二人がある賭けをした後、チアイーの髪型の変化を見たコートンが
本気で勉強に取り組み始めるところは、その純粋さにちょっとジーンとしてしまいました。

それにしても無邪気で可愛い青春ですね。
今の日本の高校生たちは、ここまで無邪気に日々を過ごしていない気がします。
というか、小学生でさえこんなに明るい笑顔を見せているかどうかと考えてしまいます。
それくらい無邪気で純粋なのです。
そんな彼らの幸せそうな姿に、心がほっこりと温かくなりました。

あまりにも楽しそうだったので、こんなに素敵な青春を送れた監督さんが羨ましかったです。
観終わった時、たくさんの元気をもらった気持ちになった1本です(^^)

hitsuji_You-Are-the-Apple-o.jpg

監督:ギデンズ 出演:コー・チェントン ミシェル・チェン
2011年 台湾 原題:You Are the Apple of My Eye
(20111022)

公式サイトはこちらへ http://www.u-picc.com/anokoro/

追伸 
この映画は第24回東京国際映画祭で観ました。公開は2013年9月14日以降の予定です。


nice!(22)  コメント(29)  トラックバック(3) 
共通テーマ:映画

nice! 22

コメント 29

non_0101

まぁくんさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2011-10-22 23:03) 

k_iga

台湾の青春映画というと「藍色夏恋」 (2002/台湾=仏)が
良かったです。
by k_iga (2011-10-23 08:41) 

そら

映画館を出る時、爽やかな気持ちになれそうですね。
一生懸命で無邪気。そんな学生生活は今は厳しいのかもしれないです。
みんな疲れてしまって。
by そら (2011-10-23 17:32) 

non_0101

k_igaさんへ
こんばんは。nice&コメントをありがとうございました!
「藍色夏恋」は観た…のですが、もう詳細はあまり覚えていません~
これはもう一度、見直してみないと^_^;
今作は時代がより現代に近くて妙に可笑しかったです☆
by non_0101 (2011-10-23 22:22) 

non_0101

そらさんへ
こんばんは。nice&コメントをありがとうございました!
まさしく“疲れを知らない子供たち”というノリで、みんな無邪気でした~
こんなふうにのびのびと成長できたら、人生観も変わるかも(^^ゞ

by non_0101 (2011-10-23 22:25) 

non_0101

kawasemiさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2011-10-23 22:27) 

non_0101

つむじかぜさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2011-10-23 22:27) 

non_0101

コトキャンさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2011-10-23 22:27) 

non_0101

nikiさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2011-10-23 22:28) 

non_0101

ポルンさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2011-10-23 22:29) 

non_0101

Ritaさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2011-10-23 22:29) 

non_0101

alba0101さんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2011-10-23 22:30) 

non_0101

マチャさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2011-10-23 22:30) 

yonta*

青春映画って、高校生くらいの子たちが主人公のものが
一番元気をもらえる気がしますね(^^)
by yonta* (2011-10-24 00:51) 

たいちさん

ミシェル・チェンのドラマや映画を観た事ありませんが、若く見える女優ですね。
by たいちさん (2011-10-24 10:55) 

non_0101

yonta* さんへ
こんにちは。nice&コメントをありがとうございました!
一番元気を貰えますよね~ 笑顔がまた良かったです。
真っ直ぐで純粋なところが、観ている方もワクワクさせてくれます☆
by non_0101 (2011-10-25 08:40) 

non_0101

たいちさんへ
こんにちは。nice&コメントをありがとうございました!
私もこの作品で初めて知った女優さんです。
主人公の男の子は初めての演技だったらしいですけど、
彼女は役と同じでとてもしっかりしていました。
これからどんどん活躍していって欲しい女優さんです☆
by non_0101 (2011-10-25 08:41) 

non_0101

KEIさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2011-10-25 08:41) 

non_0101

想也さんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2011-10-25 08:42) 

non_0101

タッチおじさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2011-10-25 08:42) 

non_0101

beamuseさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2011-10-25 08:42) 

non_0101

milkwoodさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2011-10-25 08:43) 

なぎ猫

基本的に、青春映画とか、若い子達が輝いてる映画が好きなので、こちらでの公開があれば観たいです。最近、台湾映画面白いですね。
by なぎ猫 (2011-10-26 19:55) 

non_0101

あいか5drrさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2011-10-27 08:53) 

non_0101

なぎ猫さんへ
こんにちは。nice&コメントをありがとうございました!
この作品、かなり楽しかったです~
台湾映画は何故かとても心が素直になれる作品が多いです。
この作品も心から笑ったりドキドキしたりした気がします。
ぜひ、公開して欲しいですね☆
by non_0101 (2011-10-27 08:55) 

non_0101

kiyoさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2011-10-27 08:55) 

non_0101

munesueさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2011-11-04 22:23) 

ふじき78

こんちは。
デブキャラが「どんな物語にもデブキャラはいるものだ」なんてセリフで出てきたのに、思った以上に重要な役で驚きました。それでも、デブキャラはデブというだけで幸せにはなれない。切ないなあ。

by ふじき78 (2014-02-17 18:13) 

non_0101

ふじき78さんへ
こんにちは。コメント&TBをありがとうございました!
郷愁を感じるような可愛い青春物語でした。
太っちょくん、かなりいいキャラクターでしたね~
監督さんの青春時代をそのまま映画化されたのですよね。
この作品を観て、ちょっと羨ましかったです☆

by non_0101 (2014-02-18 00:05) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 3

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。