So-net無料ブログ作成
検索選択

あしたのジョー [あ行]

大人気コミック「あしたのジョー」を映画化した作品です。
山下智久さん、伊勢谷友介さん、香川照之さんの演技が凄いと評判だったので気になっていました。
ボクシングのシーンの圧倒的な迫力に飲み込まれました~

幼い頃から犯罪を繰り返しながら生きてきた孤児のジョー(山下智久)。
ある日、川原で出会った子供たちとドヤ街の食堂で食事をしていると、酔っ払いが絡んできた。
それを無視しながらジョーが一心に食事をしていると、今度はその酔っ払いにヤクザが絡んできた。
酔っ払いはヤクザの組に借金があるらしく、取立てにやってきたのだ。
店の中で殴り合いを始めた彼らは、店が壊れるのにも構わず暴れ始める。
その様子も無視して食事を続けていたジョーだったが、
ヤクザが紙飛行機を踏みつけたのを知ると、そのヤクザを殴り飛ばした。
紙飛行機を拾い上げて子供たちに渡すが、ヤクザにとっては紙飛行機など関係ない。
ジョーを敵と見たヤクザたちは、彼にも殴りかかり始めた。
大乱闘の中とうとう警察が到着し、ジョーは警察に逮捕されてしまった…

何のために戦うのだろうとずっと考えながら観ていました。

天性の才能を持つ少年・ジョーがプロボクサーとして成長していく姿を描いた物語です。
孤児で喧嘩しか能の無かった彼は、偶然に居合わせた元トレーナーの丹下段平(香川照之)に才能を見出されます。
彼は暴力事件により少年院へ入りますけど、その間にも丹下から届く葉書の指導により練習を積んでいきます。
彼にとっては強くなること、そして自分へと向かってくる男を倒すことしか生きる道がないのです。
そんな中、彼は宿命のライバルとなる力石徹(伊勢谷友介)と出会います。
そして、いつかリングで彼を倒すことが人生の目的になっていきました。

その後は練習と戦いの連続です。
過酷な練習とボコボコに殴られる試合シーンは、凄いなあと思うと同時に
なぜ、彼らはここまで戦うことに情熱を燃やすのだろうかと考えさせられました。
それはプライドとか意地とかではなくて、本能に近いものなのかなと思いつつも、
きっと登山家の山への情熱のように、私には理解できないものかなあと思いながら観ていました。

それにしても、ボクサーとしての身体作りは本当に頑張りましたね~
あの身体つきと試合のシーンだけでも拍手を贈りたくなりました。
主演の二人がどれだけこの映画に情熱をかけているかが感じられました。
そして、試合のリアルさを捕らえたカメラワークも見応えがあって良かったです。

正直、ボクシングも格闘技も全く観ない私でしたけど、最後まで引き込まれました。
宇多田ひかるの主題歌を聞きながら、ボクシングの世界の厳しさをしみじみ思った1本です。

hitsuji_Joe.jpg

監督:曽利文彦 出演:山下智久 伊勢谷友介 香川照之 香里奈 勝矢
2010年 日本
(20110213)

→公式サイトはこちらへ http://www.ashitano-joe.com/index.html


nice!(10)  コメント(20)  トラックバック(10) 
共通テーマ:映画

nice! 10

コメント 20

たいちさん

先日、香川照之がテレビ「ぴったしカンカン」に出演し、この映画の宣伝していました。香川は俳優にならなければ、ボクサーになっていたという位詳しかったですね。コミックが原作と少し馬鹿にしていましたが、いい作品のようですね。
by たいちさん (2011-02-14 21:40) 

キキ

こんにちは。
ボクシングやコミック、映画に興味が無い職場の同僚や友人も
山ピーを観たいから絶対映画館に行くわって話を最近よく聞きます。
山ピーの人気は凄いですね~。
体型がボクサー体型になってて役作りが大変だったんじゃないかと
思われます。
でも香川照之さんが丹下段平役なのにはびっくりでした。
何でも演じれる俳優さんですよね。
by キキ (2011-02-14 22:04) 

KLY

正直そーんなに思い入れがあるわけじゃないんで、ストーリー的には
ちと退屈な部分もあったです。うつらうつらしちゃって、自分でも驚き。^^;
それにしてもあの体は凄いですねぇ。やっぱあのぐらいストイックに
減量するかな、私も…
by KLY (2011-02-14 23:06) 

コザック

香川:段平、、伊勢谷:力石 が絶妙によかった。
ともに、ファンの多い原作の世界観やらキャラ設定やら苦労が見えましたね~
山下くん主演なのに、、ちょっと存在感が・・・・
もっと思いっきり演じたかったんでしょうがね(^^)
by コザック (2011-02-15 00:31) 

non_0101

月夜空さんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2011-02-15 08:50) 

non_0101

たいちさんへ
こんにちは。nice&コメントをありがとうございました!
試合のシーンの迫力は凄かったです~
香川さんは本当にボクシングの人みたいですね。
段平役がぴったりでした☆
by non_0101 (2011-02-15 08:53) 

non_0101

キキさんへ
そういえば、劇場もわりと女性が多かった気が…
やっぱり山ピー人気ですよね。
ファンはきっとボクシングシーンを観ただけで大満足でしょう(^^ゞ
香川さんの熱意は最初から最後までビシビシと伝わって来ました☆
by non_0101 (2011-02-15 08:55) 

non_0101

KLYさんへ
そういえば、私の観た劇場では、思いっきり寝てた人がいました^_^;
私も原作を知らないので、ボクシングに掛ける想いとかは
いまいち理解できなかったかも。
あの体型にはさすがに感動でした☆
by non_0101 (2011-02-15 08:59) 

non_0101

コザックさんへ
力石の迫力にはびっくりでした~
やっぱり敵が強いからこそ物語が動いていきますよね。
段平はオリジナルを知らないので、あの顔にはちょっと笑ってしまいました(^^ゞ
by non_0101 (2011-02-15 12:04) 

non_0101

k_igaさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2011-02-15 12:27) 

non_0101

タッチおじさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2011-02-15 12:28) 

non_0101

yu-papaさんへ
こんばんは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2011-02-16 22:55) 

non_0101

erucatさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2011-02-18 08:49) 

non_0101

ともちんさんへ
こんにちは。niceをありがとうございました!
by non_0101 (2011-02-18 08:49) 

アッシー映画男

いかに芸達者な香川照之さんでも丹下段平はないだろ!と思っていたら、意外にもツボにはまっていましたね~。
個人的に、段平役には國村隼さんが一押しだったのですが・・・。
オリジナル・アニメを知らない若い世代の観客には、どんな風に観えるのかなあ、なんて気になりながらも楽しめましたね~。
by アッシー映画男 (2011-02-19 10:36) 

non_0101

アッシー映画男さんへ
こんばんは。nice&コメントをありがとうございました!
香川さん、思いっきり化けていましたね~
やっぱりこの役は絶対に演じたい役だったでしょうね。
熱意がバシバシ響いていました。
若くは無いけどオリジナルを知らなかったので、
ちょっとあの歯には笑ってしまいました(^^ゞ
by non_0101 (2011-02-19 20:09) 

なぎ猫

おそらく私より年上の方々(40代以上)には違和感のある映画ではないか?と思うのですが(昭和40年代の空気が出てないので)、若い子は素直に感動するみたいです。山Pのカラダは一見の価値あり、と思いました。
by なぎ猫 (2011-02-19 20:25) 

non_0101

なぎ猫さんへ
こんばんは☆ ドヤ街の雰囲気を知らないので、
こういうものかなと思いながら観ていました。
町よりも子供たちの雰囲気が40年代だった気がしました(^^ゞ
あの身体は本当にボクサーでしたね~ 凄かったです☆
by non_0101 (2011-02-19 21:41) 

鍼原神無〔はりはら・かんな〕

non_0101 さん、こんにちは。はじめまして。
Drupal.cre.jpと、TBのやりとりありがとうございました。

映画のジョーは、小道具の紙飛行機がいいですね♪
ちょうど「あしたはどっちだ??」ってジョーに被さる感じで。
手を離れちゃったら、行ってこいで、みてるしかない感じ。
「何のために戦うのか」は、きっと彼らも、言葉にはなんない、んじゃぁないかしら。
by 鍼原神無〔はりはら・かんな〕 (2011-02-21 08:49) 

non_0101

鍼原神無さんへ
こんにちは。はじめまして!
こちらこそ、コメント&TBをありがとうございました!
“小道具の紙飛行機”いいですよね~
あれがきっかけで子供たちやドヤ街の人と近付いていくところが好きです。
遠くへ飛んで行ってくれるような雰囲気も(^^ゞ
まさに“手を離れちゃったら、行ってこいで、みてるしかない感じ”ですね!
「何のために戦うのか」は答えがあるものではないのかも知れませんね。
やっぱり闘う人の宿命なのかな☆
by non_0101 (2011-02-21 12:36) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 10

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。